進学校の英語授業を、進路多様校で実践する

授業が始まり、ようやくレッスンの1パートが終わりました。

今年は新しいvチャレンジ。
教科書の難易度は高くないが、オールイングリッシュで、進学校の英語授業展開を真似て実践したのです。

語研のオーラルインタラクション、
英問英答で単語導入と内容理解
ペアワークとグループワークで生徒の頭を使わせる
リテリングやサマリーライティングのアウトプット活動

授業で育てたい生徒像も毎回ぼうとうに示し、人間形成も目指す

生徒にとって、難しいが挑戦しがいのある英語授業にしたい。

これまでの授業を改善し、様々な英語授業の師匠から学んだおかげで、ネイティブレベルの外国籍生徒でも飽きない授業をデザインしました。

英国で受けた授業に近いものができつつある実感です。

進学校でも、そうでない進路多様校でも、同じフォーマットで、難易度調整すれば授業できるようなものを作りたいと思っています。