Another bombshell

The economistより。 北朝鮮の水爆実験宣言について。 中国が最も恐れるのは、北朝鮮が崩壊し、韓国か米国の管理下におかれること、そして数百万の難民が中国に押し寄せることである。 しかし体制維持のために補助金を拠出しても、北朝鮮エリートの私服を肥やし、核開発への資金へと転用される。 中国は難しい局面に立たされている。 http://www.economist.com/news/leaders/21685451-after-pyongyangs-fourth-nuclear-test-china-must-change-its-tune-towards-its-outrageous

Much as S+V. 譲歩の副詞節

形容詞(副詞) as S+V, (譲歩の副詞節)について。 The economist からの例文です。 Smartphones are more than a convenient route online, rather as cars are more than engines on wheels and clocks are not merely a means to count the hours. Much as the car and the clock did in their time, so today the smartphone is poised to enrich lives, reshape …

Continue reading ‘Much as S+V. 譲歩の副詞節’ »

英検1級レベルの単語を覚える方法(2)

英検1級レベルの語彙を覚えるのは、非常に苦労するとお感じのかたも多いのではないでしょうか。 語彙レベルが高すぎるため、日常生活で出会う機会がなく覚えられない、という方もおられます。 ここでは、英検パス単とThe Economistの併用で、語彙を増強する方法をご紹介します。 The Economistなどの高級紙を読む為には、10000から15000語レベルの語彙が必要となります。 私は留学中に大量の文章を多読されられた経験から、多少語彙がわからなくとも内容を推測するクセがつきました。 そのため、現状の語彙でもThe Economistは読めるのですが、語彙が増えればもっとすっきり読めるのに、という思いはつねに持っていました。 試しに英検1級の単語集を手に取ると、The Economistによく出てくる単語ばかりでしたので、集中的にボキャビルをすることとしました。 英検パス単1級は2400語を収録しています。 ただし、書籍で覚えるのはかなり単調でつらい作業。 おすすめは、専用アプリを使い、ゲーム感覚で単語を覚える方法です。 https://itunes.apple.com/jp/app/deru-shunpasu-dan-ying-jian1ji/id704234887?mt=8 このアプリは大変良く出来ていて、クイズ感覚で、難易度の高い単語の、音声と意味とスペルを一致させることが出来ます。 学習手順としては、次のようになります。 1)このアプリを使い、まず未知の単語をマークする。 2)マークした未知の単語だけを、クイズ機能をつかって集中的に覚えていく。短期記憶に保持される。 3)The economist(オーディオブック版がおすすめです)を1日5、6記事読む。このとき、パス単で覚えた単語との出会いを待ち望むように、ひたすら読んでいく。 4)覚えた単語とThe economistで出会うことで、単語に「文脈」がうまれ、記憶が定着しやすくなる。長期記憶へ移行。 つらい作業ですが、まずアプリをつかい、自分がしらない単語をマーキングして、繰り返し覚えることが必要です。 あとは、The Economistの多読を通じ、単語との出会いを楽しみに読書を続けるのみ。 この方法を続けると、英検1級の語彙がいかにThe economistに使われているか、ご理解いただけると思います。