3つの留学

最近、日本の大学が「グローバル人材」を育成するための活動を活発化しているように見えます。 一つの流れとして、学生に海外留学を義務づけるプログラムを持つ大学も増えてきました。私大では以前から導入している学校も多く、大抵は半年から1年という短期留学です。 一橋大学も、学生に数週間の留学を義務づけるそうです。(これはちょっと短いですが) たしかに、日本の大学生という安定した「基地」を基盤に、異文化にふれるのは、学生にとってリスクが低く、英語力や視野を広げられる効率的な仕組みです。 学生にとってのハードルは低いため、今後も多くの日本の大学が取り入れていくと思われます。 しかし、こういった「低リスク」の留学は、「グローバル人材育成」に、いったいどれくらいの意味があるのでしょうか。 これらはいわば、お仕着せの「交換留学」「エスカレーター留学」であり、ある程度の単位を取ればよいという、お楽しみ留学にすぎないこともまた、事実です。 留学とは、本来ぼんやりした言葉ですので、 分解して考えてみると、「留学」が見えてきます。 私は3種類の留学をしたことがあります。いずれも大学のプログラムではなく、自分で勝手にきめて、自分で準備した留学です。 1つは、1ヶ月の短期後学留学。大学2年のとき、イギリスのノリッジにある語学学校に留学しました。ストレスのない、楽しい語学留学です。 日本の大学がうりにする「プログラムに海外留学を組み込んでいます」というものも、実情はこの語学留学と大差はありません。 2つめは、1年の交換留学。大学の派遣留学選考試験を受け、奨学金を受けてウズベキスタンのタシケント国立東洋学大学に留学しました。一応、ロシア語で幾つか単位を取らなければなりませんでしたが、別に現地の大学を卒業しなければならない訳ではないため、ちょっと努力すれば単位はとれました。これも比較的楽しい留学でした。 3つ目は、MBA留学です。 学位を目的とする留学は、上記2つの留学とは全く異なる性質です。まず覚悟がちがいます。仕事をやめて、妻をつれて貯金を切り崩しながらの留学ですので、死にものぐるいで勉強しました。失敗したらと考えるだけで、空恐ろしいような留学です。 私はたくさん転職活動しましたが、当然といえば当然ですが、3つ目の留学を、企業の人事担当は「ガチ留学」として評価します。英語力だけではない、勇気や度胸、挑戦意欲が透けて見えるからです。 2つの中央アジアへの留学も、「こいつ相当かわっているな」と奇異な目でみられますが、これは話のネタ程度かもしれません。 「リスクをとって、ビジネスを起こす、海外で勝負する」人材の獲得が急務な日本企業にとって、学生の「留学経験」をじっくり見極めようとする流れは、今後も高まっていくはずです。 単に大学のプログラムに組み込まれた留学を経験するだけでは、就職活動にはそれほどプラスにはならない。まして、それで「グローバル人材」が育つわけでもありません。 大学の留学プログラムなど、誰かに敷かれたレールの上では、「海外留学しました!」といっても、本当の勝負をしたことにはならないのです。 仕事を前にすすめるには、最後はその人の「気迫」であり、「気力」が問われます。相手が日本人でも外人でも、場所が日本でも海外でも、かわりません。 もし留学をグローバル人材育成とむずびつけるのならば、気迫や気力が試されるような「覚悟ある留学」に、多くの日本人が挑戦することで、結局はグローバル人材が育っていくのではないでしょうか。

MBAで磨いたオペレーションの知識は、全ての業務構築や改善に活きる

MBAでの学びって、いったいどれぐらい実務で役立つの? そんな疑問をお持ちの方も多いと思います。 日本にも数多くのMBAを提供する学校が増え、質も様々であり、一概には言えませんが、私が留学したMBAでの学びは、実務で多いに役立ちました。特に私が研究対象とした「オペレーション」は、業種職種を問わずに使える、汎用性の高い学問です。 MBAでのDissertation(修士論文)で、私が選んだテーマは、「英語教育サービスの標準化」でした。 日本のある英語塾をリサーチし、どうしたら授業の質を均質化できるか、 そして多店舗展開するために必要な要素を研究しました。 具体的には、100人の生徒にアンケートを取り、授業の 質についての生徒の認知レベルを評価しました。問題点を探る為です。 また、授業の流れをプロセスマッピングに書き起こし、授業の標準化を妨げるボトルネックを特定しました。このほかにも、オペレーションの授業で学んだフレームワークを応用し、現象を分析したのです。 この時の結論としてはこうです。 教育カリキュラムに統一性がなく、また教師によって教える内容にばらつきが多かったため、生徒側が認知する授業の質も一定していない。カリキュラムや授業指導内容をより体系的にそして細かく作る事ができるかが鍵となる、ということでした。 これは、授業を教師個人の力量に頼らないということです。 カリキュラム体系を作り込む事で、そして授業内容を細かく工程管理することで、誰が教えても同じ水準の授業サービスを生徒に提供できるのです。 この論文作成の経験から、「ゆくゆくは、MBA、とくにオペレーションの知識を利用して、英語学習を体系化して細かい工程を作り、誰が教えても、生徒の英語力が確実に上達するシステムをつくりたい」という想いを抱くようになりました。 しかし、夫婦二人で留学し貯金を使い果たした悲惨な(笑)状況で、特に妻の預金残高が8000円となったとき、背に腹は変えられずと、英語教育への想いはいったん置き、私はとあるベンチャー企業の財務担当で働きはじめました。そこではゼロから予算管理体制構築、管理会計の仕組み作りに携わりました。 MBA後に入社したその会社で管理会計の仕組みをゼロから作った際も、このオペレーションの工程管理の発想を利用しました。誰がやっても業務が回る、標準化された再現性の高い仕組みが完成し、私が入社する前は混沌としていた管理会計の世界が、今ではだれでも処理を行える仕組みとなりました。 この経験から次のような確信をえました。 MBAで学んだオペレーションの知識を実際の実務で使う事で、オペレーションの標準化や体系化、業務プロセスの工程管理について、人に負けない強みを持つようになったと感じています。MBAで学んだオペレーションの知識は、全ての業務改善や仕組み構築に非常に役立つのです。 そしてここにきて、MBAで学び実務で鍛えたオペレーションの知識と経験を、今度はもともと強い思い入れがあった、英語教育の標準化、工程管理作成に応用してみようと決心しました。 今後新しい挑戦を始めようと考えています。 「MBAは糞の役にも立たない」という人も居るかもしれません。人によってはそうかもしれません。 しかし私にとっては、MBA留学で「何したって、どこだって生きていけるさ」と、変な開き直りと自信が得られました。生きる上で、これほど役に立つツールはないのでは、とも個人的に感じています。

会社を退職してMBA留学を決断したときに、決めたこと

人生のなかで大きな決断をする場面が、社会人にはいくつかあります。 会社に入って、定年まで一生勤めあげる「幸せな」方もいる一方で、最近はよりよいキャリアを求めて転職や留学に挑戦する人も増えています。 しかし、人生における大きな決断は、時にリスクを伴います。 怖じ気づき、尻込みすることは、極めて普通のことです。 私も、会社を退職してMBA留学、しかも妻をつれていくことを決めたときは、多いに迷いました。 怖い。自分はどうなってしまうのだろう。 そんな不安が頭をよぎりました。 とことんまで悩み、考え抜き、そして一つだけ決めたことがありました。 「たとえ大金は稼げなくとも、自分が本当に意義を感じられる好きな事を仕事とし、一生働き続ける」 これが貫ければ、自分の人生は幸福だと心から言い切れる。 そしてその為には、私には留学が必要だった。だから留学しました。 なぜこのように考えたのかと言えば、実は外資でとことんまで「金のため」「誰もが知っている会社という肩書き」などのために働き、内的な動機を無視した結果、うんざりしきってしまったのです。 外資系製薬会社で営業やファイナンスの仕事を経験し、営業では表彰され、ファイナンスではオフショアプロジェクトやシステム導入などのグローバルプロジェクトなど、華々しい経験をさせていただきました。 しかし、それは結局は「好きな事」「やりたい事」といった内発的な動機で選んだ仕事ではなく、外的な評価、つまり世間体や耳ざわりのいい職種であったり、収入の良い仕事という基準で選んだ結果、仕事への不満を抑えられなくなったのです。 これについては、仕事の満足感を2つの要因で分析することができます。 有名な衛生要因と、動機付け要因です。 前者は、権威ある肩書きや、金銭的報酬の高い仕事をもが代表です。それが満たされないと不満に感じる。しかしそれが満たされても、「満足」ではなく、単に「不満ではない」状態となるにすぎない。 後者は、自分の本当にやりたい事、他者による評価、責任、自己成長など、意義を感じ、それに携わることで深い満足を感じる仕事です。仕事の内面、また自分の内側から動機付けられ、満足を感じるものです。 イノベーションのジレンマで有名なクリステンセン教授は、この「動機付け要因は、衛生要因にくらべて職業や時間を経てもあまり変わらないため、これを絶対的な指針として、キャリアの舵取りをしていけばいい」と言っています。 私が留学前に決めた、 「たとえ大金は稼げなくとも、自分が本当に意義を感じられる好きな事を仕事とし、一生働き続ける」 という誓いは、つまりは「動機付け要因」で仕事を選ぶ、ということです。 人生に迷ったとき、これを絶対的な指針として、私は自分のキャリアの舵取りしています。