褒めも叱りもしない アイアンガーヨガ

今日は久々にアイアンガーヨガ教室に行ってきました。 仕事や勉強が忙しく、毎週参加できないため、毎回ドロップインとしてレッスン料4000円を払います。 もともと私の仕事がファイナンスなので、お金の投資効果、ROIにはうるさいのですが、このヨガに関して言えば、4000円は安いものです。 ちまたに溢れるヨガの99%は、怪しいものだと疑っても、決して損はないと私は思います。 これまでいろいろなヨガ教室をはしごしましたが、その中で感じたのは、 「好立地な場所でヨガ教室を運営しようとすれば、当然投資回収が必要となる。そうなると、ヨガにビジネス要素が持ち込まれる。 結局お客をつかむ為に、甘言を弄し、怪しげなヨガとなっていく」 というものです。 生徒の事はそっちのけ、とりあえず「ほめる」「楽しませる」「気持ちよくする」。そんなことに躍起になっているヨガ教室が、残念ではありますが世間の大半なのです。 一方で、そんな商業主義と一線を画しているのが、アイアンガーヨガです。 駅前でビラ配りするようなヨガではなく、あえて宣伝すらしません。 初心者でも怪我することなく体を強く柔軟にさせるための、確立された指導体系が世界中で評価されている、サイエンスに基づくヨガです。 私はこのヨガにイギリスで出会ってから、心を奪われています。 Bathの教室では、甘言を弄する先生はおらず、厳格な夫婦二人が、極めて誠実に体系的なヨガの指導をおこなっていました。 他の教室にいっても、同様の水準で指導が受けられます。 つまり、指導体系が確立されており、だれが指導してもクラスの品質がばらつかないのです。これはサービスとしては、驚くべきことでした。 現座私が日本で通っているアイアンガーヨガ教室の先生はこう言い放ちます。 「ここでは皆さんをほめません。アサナ(ポーズ)が正しければ正しい、まちがっていれば間違っている、と言うのみです。 先生がどう思うのかということに、皆さんがとらわれてほしくないからです。 自分の体と向き合ってほしい。正しいアサナであれば、呼吸がらくになり、体が変わることが感じられます」 わたしには、誠実な指導法とはこういうものだと感じます。 指導の体系が確立しているからこそ、安易に生徒をほめたりおだてたりする必要もないのです。 アイアンガーヨガは、日本ではまだまだマイナーな存在ですが、欧米では確固たる地位と尊敬を勝ち得ているヨガです。日本どこでも体験できるようになったら、どんなにすばらしいことでしょうか。 私も忙しいながら、地道に練習をつづけようと思います。

ストレスマネジメントのツールとしての、アイアンガーヨガ

現代は高度ストレス社会と言われています。 先が見えない時代、変化のスピードもますます早くなっています。 効率化を求める企業の姿勢は個人にも及び、仕事の負荷は増すばかり。 我々は、生活する中でストレスと無縁ではいられないため、それだけいっそう「ストレスマネジメント」を真剣に考える時代に生きています。 人それぞれ、無意識のうちに、ストレスマネジメントを行っているかもしれません。好きな趣味に興じたり、スポーツで体を動かしたり。 私のストレスマネジメントは、アイアンガーヨガを実践することです。 イギリス留学時代に出会ったアイアンガーヨガは、確実に、私の人生にポジティブな影響を与えています。 MBAコースは、非常にストレスフルな状況下に生徒を追い込みます。 短納期のアサインメント(課題)、大量のグループワークやプレゼン、筆記試験などをこなすためには、知力体力だけでなく、タイムマネジメントやストレスマネジメントも求められます。 疲れている私をみたイギリス人の同級生が、たまたまアイアンガーヨガのteacher training courseを取っていて、「君にあうと思うよ」と、教室を紹介されたのがきっかけです。 MBA中、私は2人の夫婦で運営しているアイアンガーヨガ教室と、大学の教員が趣味でやっていたサークルの2つに、毎週参加するようになりました。 勉強のストレスが解消され、体が心地よくなるのです。 アイアンガーヨガは、怪しい呪術的なイメージがつきまとっていたヨガに、サイエンスを取り入れたと言われています。 体が固い初心者が、怪我をせず体を柔軟に、そして強くするために、積極的に補助器具を使うのも、大きな特徴です。ブランケットや、ベルト、ブロックなどを、個人の柔軟性や習熟度に合わせ、先生が使用を指示します。これにより、初心者でも、怪我のリスクを最小限に抑えながら、高度な姿勢(アサナ)がおこなえます。 私はこれまで様々なヨガを試してみましたが、膝や腰を怪我することがたびたびありました。特にアシュタンガヨガに打ち込んでいた1年間は、楽しいながらも怪我が頻発し、結局やめてしまったのです。補助器具の使用を否定するアシュタンガヨガは、私のような体が極度に固い者には、怪我のリスクが高いと言えます。 さて、今日は久しぶりにアイアンガーヨガのクラスに参加し、仕事のストレスから感じていた、体の「なんとなく不快な感じ」が、解消されました。 段階的に、体を柔軟にし、のばして、強化する。 アイアンガーヨガをためしてみると、このすばらしさがよくわかります。 つまり、習熟するための、安全で確実な体系が確立されているのです。 これだけでなく、ストレスの発散解消にも、効果があるといわれています。 関心のある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

誠実なヨガ教室 ーアイアンガーヨガのすばらしさについて

留学を終えてさまざまな活動をしています。その一つがIyengar Yogaの練習を再開することです。 英国で知った、Iyengar Yogaの体系的なトレーニングの素晴らしさに感動し、日本で練習できるところを探していたのですが、ようやく一校見つけました。Iyengar Yoga centreという教室で、埼玉県の志木にあります。 先週体験クラスに出ましたが、非常に誠実にIyengar Yogaを教えておられます。東京で様々なヨガ教室に行きましたが、これまでで一番高い品質のレッスンを提供している場所だと感じました。 東京近辺でIyengar Yogaを体系的に学べる場所はここしかありませんので、入会を決めました。 教室の建物や宣伝は非常に地味で、一見すると他の一般的なヨガ教室と見分けがつきません。 グローバルスタンダードなヨガのトレーニングを提供しているのに、おそらく近隣の住民には知られていない。HPを見ても、至ってシンプルです。おそらく一般の方はIyengar yogaの良さを認知できないのでは・・・。私も英国でIyengar Yogaに出会わなければ、こちらの教室へアクセスはしませんでした。 Iyengar Yoga自体が、他のヨガとはきわめて異なる方法論で教えられおり、すでにメソッド自体は十分差別化は出来ているのですが、顧客側には正しく認知されていないのです。これは残念ながらマーケティングの問題です。もう少しマーケティングを改善したら良いのに・・・と、もったいない気がしました。 良い商品・良いサービスも、適切なマーケティング戦略をつくって適切なセグメントに伝えないと、その良さを理解してもらえません。もっと言えば、そもそも相手に認知されていないことは、存在していないのと同じでもある。これは幅広い一般消費者が潜在顧客となるBtoCビジネスには特に言えることです。 たしかに商売っ気に満ち溢れた怪しい学校が本来のヨガの良さを伝えられているか疑問ですが、一方で地味で職人気質な教室は控えめすぎるきらいがあり、マーケティング戦略に改善の余地があるとかんじます。 さて、私はMBAで一番役に立った授業が何かと問われれば、”マーケティングだった”と即答するのですが、私は修士論文のテーマを詰めるため、マーケティング担当の講師へコンタクトをとってアドバイスも仰いでいました。 彼の授業には大変苦しみました。非常に高度であり、マーケティングのバックグラウンドがない生徒にとっては理解しづらく、生徒が回答する”授業の満足度サーベイ”で大変低い点数となってしまい、残念ながら彼はMBA講師の職を交代させられました。 私にとっても大変難しい内容でしたが、それは彼が単純に「フレームワークを教え、それを当てはめて分析させる」といった”今流行りの”単純な教え方をせず、より顧客のエモーショナル(感情的)な視点にたってマーケティングを考えさせることに注力したためでした。 基礎的なフレームワークの理解の上に、初めてより高度なエモーショナルな視点からのマーケティングを正しく考えることが可能となるのだと、今になって気づきます。その点でMBA生には少々ハードルが高すぎました。実際、マーケティングの経験がある同級生が、「かなり高度な内容だ」と口ぐちに行っていて、その彼らも単位を落としていました。ちなみに彼の授業のおかげで、私はマーケティングの”深さ”と”有用性”に気づけて好きになりました。 蛇足ですが、生活で目にするビジネスすべてを、「いまはどうマーケティングしているのだろう、自分がマーケティング担当ならどうするだろう」。そんな視点で見ると、一見単調に見える日々も結構楽しめます。 彼らがどう顧客をセグメントし、どこをターゲットとしているか。どんなメッセージを、どのように伝えているのか。これを考えていると飽きないため、お金をかけないで楽しめる、正解のないパズルみたい。つまり、マーケティング思考はビジネスマンにとって”知的なおもちゃ”ともなりえるのではないでしょうか。

留学決断に至る過程

「あの時は大変だった」と自分の苦難を客観的に語れる時、その人はそれを乗り越えたとき。 留学前、仕事と会計の勉強のし過ぎで 様々な無理がたたり、大きく体調を崩しました。 騙し騙し日々を過ごし、ヨガで養生を重ね、1年かけて漸く体調は回復してきました。 自分の不摂生が招いた災禍であり、うしなったものも多かったのですが、逆に得たこともありました。 自分の心の奥底の願望に気づいたことです。 外資の給料は日本企業よりよいので、余剰資金を留学資金としてコツコツため、 株式投資も勉強して、資金は1500万円ぐらいになっていました。 しかし、体調がおかしくなり、とても海外留学、しかも大学院留学などできるわけない。 留学したかったのに、健康を害したら元も子もない。 将来年を取って、「あのときイギリスに大学院留学したかったな」 と愚痴つづける自分の姿が目に浮かび、 「それだけは避けたい。目先の利益、つまり安定した職は捨てても、チャレンジしたい。それで失敗したら、後悔しない」。 そう思い、高給の禄をえていた外資を退職し、すべてを捨てて大学院留学しました。 健康を害して死を意識したとき、繰り返し頭に浮かんだのは、森信三先生の『修身教授録』の内容でした。 「教育者は、自身を一個の捨石として、教育のために身を投げ出す覚悟が必要である」 と、若い学生に覚悟を問うていた森先生の教授録が思い出されたのです。 これに関連して頭に浮かんだのは、中学校時代の野球部の先生でした。 土日なしで、部活に対して情熱を傾けてくれた先生です。 部員たちに対して本気で向き合ってくれた人だったからでしょうか。 その時ふと、「そういえば中学校のとき、地理の先生になりたかったな。先生に話したら、君はいい先生になるよと言われたな」と思い出しました。 このような経験の意味はなんなのでしょうか。 細川護煕氏の「私の履歴書」の中のでの、父親と西田幾太郎とのエピソードに出会い、自分なりの答えを出すことが出来ました。 ・・・父が漢文や和歌などの素読を子供たちに叩き込もうとしたのは、京都大学時代の恩師である哲学者、西田幾太郎先生の影響が大きかったようだ。 西田先生はある時父に「君は生死の関頭に立った時に何を思うか」と尋ねられた。 父は「まだそのような経験をしたことがないのでわかりませんが、先生は何を思われますか」 と逆に質問したところ、先生は 「子供のころに暗唱した古典だ。昔の人は4,5歳の時から『子のたまわく』と古典を暗唱したものだ。 その時に意味はわかりっこないが、しかい、それが生死の関頭に立った時にふっと頭に浮かぶのだ。そこで人間が開ける。子供には是非素読をさせろ。それが本当の教育というものだ」 と言われたそうだ。 大げさに思われるかもしれませんが、私も「死の関頭」に立った時、教育者の素晴らしさが頭に浮かんだのです。 そこにはビジネスでのお金も地位も、名声も、何も求めていなかった自分がいたのです。 社会人になって大半の時間を費やしたビジネス経験や、会計の勉強などについては一切頭に浮かばなかったのです。 そこで妻に(当時の彼女に)、「夢だったMBA留学か、教職大学院か、会計大学院か、いろいろと迷ってる」 と相談すると、彼女はこう言い放ちました。 「一番危険な道を進んだほうがいいよ」 彼女の意図はわかりませんでしたが、覚悟を問われてることだけはわかりました。 このことばに衝撃を受け、結局私は、一番見通しが立たなかった、MBA留学を決断しました。 そして身を捨てて、英国のMBAに進みました。 将来、英語に苦労している日本人を助けるために、英語塾を作りたい。そんなエッセーを書いて、合格をもらったのです。

中断していたアイアンガーヨガを再開します

今日は9ヶ月ぶりにヨガ教室に顔を出しました。 そもそもMBA中に知ったIyenger yogaに感動して、日本でも続けようと決意。 留学終了後は創業準備しながら5ヶ月ほど通っていたのです。 このブログも、当時よく通っていたスタバから書いています。 なつかしい。 しかし、当時は創業のめどが立たず、転職活動へと面舵をきり、とある企業のCFO見習いとして勤務することに方針転換しました。 新たな環境で自分のポジションを築くのは想像以上に大変で、この9ヶ月は忙しい日々を送ってきました。 (数十億円の売り上げ規模の会社の、すべての経理財務周りを整えていく作業は、責任重大ながらも非常におもしろいです。この内容は別の記事で書きたいとおもいます) そんなわけで、最近はようやく自分で仕事も時間もコントロール可能になったので、続けたかったIyenger yoga教室に戻ることとあいなりました。 東京近辺で良質なIyenger Yogaが学べる教室はほとんどありませんので、私は1時間かけて埼玉にあるアイアンガーヨガセンターに通っています。 ここは英国で体験した水準に近いので、これからアイアンガーヨガをはじめたい方にはおすすめです。 料金はチケットだと、1回5250円(税抜)。6回21000円。 定期的に参加できる人は、月謝12600円で通い放題です。 仕事では毎日パソコンの前に座っているので、体全体がこりかたまっているようです。今日の入門クラスでは、肩関節と胸を丁寧にのばし広げ、大変呼吸がしやすくなりました。 これからは月2回ペースで通いたいと思います。