オンライン教育の可能性を探る

ITインフラが不十分であることが、緊急事態宣言の発令により明らかになっている。特に教育の分野において、その不十分さは著しい。 日経新聞4/10に分子生物学者・本庄佑さんのインタビュー記事が掲載されていた。 「IT戦略の遅れ、いかに社会実装されていないかがあらわになった。(中略)教育だってオンラインの方が先生と生徒の一対一感が強まる。40人の教室で孤独感を味合わずにすむ。どんどんやったらいい」 同感である。昨年まで教えていた教室でのこと。所在なげに座っていた、大人数が苦手な生徒の顔を思い出した。「みなが進むから、自分も同じ学校を進む」ということはどういうことか。自分の意志とは別に、ベルトコンベヤーの上で運ばれる荷物と同じであろう。 もっと自由度があっていい。生徒の個性にあった教育機会を選択できるほうがよい。オンライン教育は、これからますます、その一つの選択肢になりうるであろう。 高校生の進路指導をしていたとき、大半の生徒は普通の日本の大学を選択していた。しかし数名は、あえて通信制の大学を選んだ。日本大学や慶応大学、法政大学などの通信制学部である。教師たちは、私もふくめ、眉をひそめたものだった。通信教育の大学を終了するには、自律心が必要だし、卒業の難易度も高い。普通の大学に進学したほうが、卒業しやすいだろうに。それにゼミやサークルなども盛ん。江らえる刺激の量が異なるはずたど。 しかしである。いまコロナ感染症のパンデミックにより、通学型の大学は機能不全に陥っている。オンライン授業の提供を行っている大学もあるが、そもそものシラバスは通学をイメージしている。試験はどうする。どう学びを深めるのか。課題は多い。時を浪費することすらあるだろう。 一方で通信制大学を選択した学生は、このコロナ混乱に影響を受けることなく、学習を続けることができる。教科書を読み、文献を調べ、エッセーを書く。郵送し、合格したら、科目履修試験を受ける。オンライン教育だけで単位を修得できる授業もある。つまり、劣っていると思われた通信制大学へ進学した生徒は、学ぶ機会を最大限に生かせている。場所と時間にとらわれず、学習することができる通信制大学の魅力が、ここにきてさらに際立った強みとなっている。 もし浪人している高校生がいれば、大学受験勉強よりも、通信制大学で学んだらどうかと問いたい。教育の場が正常に戻るには、2年かかると試算する専門家もいるぐらいである。 通信制大学で学び、学びを深めたい大学院へ進む。博士号を目指すのもよい。オンライン英会話をつづけながら英語力を磨き、海外のdistance learningで修士号を取ることも可能である。 オンライン教育を柔軟に取り入れながら、キャリアを自ら作っていく構想力と実行力が、いま求められている。

Distance learningの入学基準が変わる

https://www.birmingham.ac.uk/postgraduate/pgt/requirements-pgt/international/index.aspx University of Bierminghamのdistance learning course TESOLで、入学審査に使われている英語試験を、onlineテストで代用できることになるそうだ。 Password testという。 もしそうなれば、IELTSやTOEFLをテストセンたーで受験する必要はない。大学によると、感染症対策のためだそうだ。時代は変わる。

Distance learning projects(1)

東京都知事が週末の外出自粛を要請した今週、自宅で今後のキャリアを考える時間が増えている。 今週、8か月取り組んだ論文の入稿を終え、もう一つの論文受賞の掲載もひと段落した。新たな挑戦を考えるタイミングだ。 4月から3か月間は、新たな環境に慣れることを最優先とする。授業研究もあるし、未経験の仕事も待っている。 今後の感染症動向が読めない中、リモートワークの機会が増えることが予想される。4月から通常通りに学校は再開されるが、その後は分散登校、休校など、断続的に学校生活は中断されることが予想される。 教師の仕事も変容するだろう。学校が閉鎖されたら、授業ができない。だから生徒が自宅で学習を深められるよう、教師は十分な準備をしなければならない。学び方を教える、モチベーションを維持させるなど、これからの教師は、distance learningでも生徒を導く力がもとめられよう。 このブログを、自宅で学習している高校生向けの内容に転換することもあり得る、かもしれない。現職の教員が、余暇の時間を使い、通信教育で海外の大学・大学院や日本の大学で学びなおす姿を発信するのだ。新しい学び方の提案である。 その一つが、Distance learningである。選択肢を挙げてみる。 1)Birmingham university のdistance learning, Certificate for TESOLIELTS 受験 5月16日(土)5月30日(土)6月13日(土)→7.0取得目標→出願日々の授業準備をIELTS受験に絡め、ライティング力を伸ばすよう心掛ける。まずはCertificate プログラム入学を目指す。ここで準備するIELTSは、来年以降の国内大学院進学や大学院留学の際にも使える。受検して損はない。 Certificate programは、3科目で構成される。すべてオンライン上で受講、エッセー提出で単位取得が可能。一定の成績で終了すると、Master’s degreeに進むことが出来る。つまりスモールステップで海外大学院レベルの教育が、日本国内で受講できる。 価格は1科目1080ポンド。3科目で40万円程度かかる。大学院への進学テーマを考える上で、Certificateコースで論文を読み、幅広い知識を獲得することは有用だと考えた。 2)放送大学興味ある科目を取る。統計学や心理学は関心がある。 3)ほんやく検定 2020年8月1日翻訳技法の向上。検定を目標に、英語力を磨く。 外出自粛を求められる時代だからこそ、distance learingの価値が高まっていく。検討を進めたい。