通信制大学 一区切りです。

2年間、仕事をしながら通信制の大学で勉強を続け、先日ようやく教員免許に必要な単位を取り終えました。 先日、必要書類を持って窓口へ行き、免許状の個人申請を行いました。 通信制大学での学習も、一区切りとなりました。 社会人が教員免許を取得するのは、こんなにも時間と労力がかかるものなのか。。。恨めしくおもったものです。 仕事との両立が難しく、途中で挫折しそうになりましたが、周囲の理解と協力があってなんとか目標を達成できました。 社会人の私にとっては、苦労した分、思い入れもひとしおです。 とくに私は、特殊なキャリアを歩んできたことが影響しているように思います。 外資系企業で働いてMBA留学したのですが、そこで英語教育の大切さを知りました。 留学中に出会った人たちからも、大きな影響を得たことも忘れられません。 留学後は日系企業へ転職し、通信制大学で英語学や英語教育を学びながら、英語の教員免許取得を目指してきました。 自分が理想とする英語教育を実現するため、塾の設立を検討していますが、これはまだまだ先の話になりそうです。 まずは教壇に立ち、英語教育の経験知識を蓄えていきたい。一人でも多くの生徒に、目的をもった留学をしてほしい。 そのために、英語の教員免許はどうしても必要な資格でした。 英語教員として、目の前の生徒にとって望ましい授業を提供する。 そのために、自分の英語力・英語教授法を磨く。 これを継続していきたいと思います。 今後の5ヶ月で鍛えたい力は、 ・英語の資格取得・・・英検1級2次合格(大学院進学や仕事での英語力証明用)、ケンブリッジ英検 CAEの学習(4技能の向上目的) ・英語力強化・・・音声学・音韻学の再学習、文法書の再学習 ・英語教授法・・・授業のネタ、仕組みなどの研究 ・英語使用を仕組み化・・・レアジョブのDaily news articleを毎日 等々です。 これからも根気よく、楽しみながらlearning Englishを継続していきたいと思います。

今年を振り返って 通信制大学について

2014年もあと1週間となりました。 通信制大学の進捗について振り返ってみたいと思います。 昨年10月に入学し、手当たり次第授業を取りました。 理想の英語塾設立のため、英語教授法を研究する目的で入学しましたが、思った以上の楽しく、参考となりました。 英文法や音声学を勉強するなかで、あらためて、英語って面白いんだなと気づきます。 今月12月に科目履修試験があり、必要単位としては一応これが最後の科目となる予定です。 目標となる資格取得のため、一応の目標は達成し、次なる目標に向けて、スタートします。 今後は英語授業の研究会や、指導法講習の出席、さらには言語学やTESOL系の大学院で更に勉強することで、自身のレベルを高めていきたいと思います。 2025年ぐらいには(随分先の話ですが)、留学を目指す方向けの英語トレーニングの場、また日本国内でも十分英語力を鍛えられる英語塾を作りたいと思っています。 その為には、まず自分が英語教授法のプロにならなければいけません。

通信制大学 レポートを書き続けて

2日ほどかけ、英文法のレポート2本を書き上げました。 課題であった現在時制や進行相についての理解が深まりました。 英文法の体系的知識を整理したかったので、後期からの夜間スクーリングに参加する予定です。 参考書として挙げられていた『英文法詳説』は、分厚くて難易度が高いため、一人で読み進めるのは難しそうです。 スクーリングをペースメーカーにして1冊を深く読み込み、洋書文法書なども参考にしながら、自分なりの英文法指導法をまとめてみたいと思います。 英語学を学べば学ぶほど、「自分がどのように英語を勉強していれば、大学院留学時代に苦労しなかったのか」のヒントが見えてきます。 ここまでですが、昨年10月に通信制大学に編入し、ここまでで追加履修やスクーリングを含めて、気がつけば27科目を履修しました。初めは気の遠くなるような科目数でしたが、こつこつ積み上げると、必ず前進できるものです。 勉強自体が非常に楽しかったため、1年弱で必要なレポートを全て提出できました。あとは10月と12月の科目習得試験をうけて、目的はとりあえず達成となります。 値段が安い割に、学習効果が高いのが、通信制大学の面白いところです。 通信制大学に興味をお持ちのかたは、是非挑戦されることをおすすめしたいと思います。