資格試験はあくまで「手段」

日本で英語を学習する場合、資格取得を目標とすることが一般的です。例えば英検やTOEICは代表例です。 しかし、ただ試験に合格すればいい、という事ではありません。 あくまで、資格取得は英語力UPのための手段です。 往々にして、資格取得が目的化し、非常に偏った英語学習に陥ることがたたあります。 では、実用に耐えうる英語を身につけるための学習とはなんでしょうか。 大原則は、相手に通じる英語を目指す、ということです。そのためには、やはり「発音」への意識は大変重要です。 発音記号を覚え、単語を正しく発音できることを意識し続けることが、結局は使える英語の近道なのだろうと思います。 さて、勉強のためと、先日とある英語学校2つで体験授業を受け、発音について非常に印象的な経験をしました。 1つ目は、英検受験を中心とした、とある「カリスマ学長」が直接指導する英語塾です。 価格は週1回4ヶ月、17万円です。非常に高額な「商品」です。 授業の前半に模擬試験(語彙、読解、ライティング、リスニング)を解き、後半に学長が問題を解説する、という形態をとっています。 「英検1級合格に特化」している内容で、もちろん資格合格が最大の目的です。 英検は語彙が40%だから、急いで語彙を覚えましょう、という趣旨で、大量の語彙問題を解きます。 授業は非常なスピード感をもって進むため、この感覚が好きな方には合う授業のようでした。 英検合格が目的の方には、面白いかもしれません。 一方で、残念ながら、私は強い違和感を感じました。 講師の方は、語彙に造形がふかく、それこそ何万語の知識が頭のなかに入っているようでした。 しかし、「実用に耐えうる」という点から考えると、一つ問題がありました。 講師の方の発音が、完全にジャパニーズイングリッシュなのです。基本的な発信語彙も、英語の発音ではありませんでした。 これは、大変ショックでした。 英語の発音はまるで無視しているとしか思えず、語彙をスペルと意味だけで暗記しているようでした。残念ながら、これではいくら単語を覚えていても、実務では使えないのです。 おそらく、これが「資格合格を目的とする英語学習の欠点」ではないかと思ったのです。 資格試験を過度に意識した結果、音声無視で、ひたすらボキャビルをすることの弊害かもしれません。 2つめに訪れたのは、「茅ヶ崎英語」の教室でした。 こちらは授業料は月謝制で、週1回月1万円と、良心的な価格です。 授業はダイアログをリスニングしながら大意をメモし、日本語で訳をリプロデュースする形式がメインでした。 茅ヶ崎英語は、特に資格試験合格を標榜している英語学習法ではありません。 「聞けない英語は話せない」というコンセプトから、リスニングを中心として、良質なインプットを繰り返し、ゼネラルな英語力向上を目指します。 講師の方の発音を聞いて「はっ」と思ったのですが、基礎レベルの単語を正しく発音されているのです。 私は、「時間はかかるが、こちらの学習法のほうが、後々に使える英語が身に付く。実用に耐えうる英語力がみにつく」と感じました。 英語力UPには、「9割の良質なインプットと、1割のアウトプットがあればよい」ということが、最近の第2言語習得研究でいわれていますが、この点に関しては、茅ヶ崎方式での学習は良いインプットとなります。 こちらはおすすめできると思います。 英語の資格試験は英語学習のモチベーションとなりえますが、一方で、あくまで使える英語力を身につけるための「手段」に過ぎません。 いくら試験のため、そして受信語彙獲得のためといっても、音声無視、発音無視で単語を覚えては、「実用に耐えうる英語」とはならず、英語学習としては片手落ちと考えられます。 資格試験を勉強モチベーションのドライブとして活用しながらも、音声、発音に重きを置いた良質なインプットを繰り返すことで、英語力を高めていくアプローチが良いのではないでしょうか。

MBAが考える、茅ヶ崎英語の使い方

さまざまな英語学習方法がありますね。オンライン英語や会話スクール、独学での学習などなど、それこそ星の数ほど学習法があり、まよってしまうのも無理ありません。 このサイトでは、英国MBA卒業後、低コストで日本人の英語力を引き上げるための英語学習方法を考えています。今回は茅ヶ崎英語についてかんがえてみました。 数ある英語学習法の中で、茅ヶ崎英語は面白いポジショニングを築いています。 とにかく、地味。しかし、骨太である。 ”聞き取れなければ話せない”という考えから、リスニング中心で基本語彙4000語の使用語彙化を目指す学習法です。 茅ヶ崎英語は、独学は想定されていません。 独学では継続学習は難しい、とする立場から、全国の協力校に週1回通学することが推奨されているのです。 特筆すべきは、茅ヶ崎英語の教室では、dictationに授業の大半の時間が費やされる点です。教室にもよりますが、九段下校での中級クラス(C2)では、1.5hの授業中、1時間は2つのニューススキットをdictationさせます。 授業の基礎となるテキストはbook1-4の4冊で構成され、そこから毎回の授業で20個ほどの単語テストが課されます。4冊終わると4000語が聞き取れ、話せ、書けるレベルに到達できます。取っ付きづらい内容の本ですが、英語学習の上るべき山が明確に示されています。 *茅ヶ崎英語のbenefit 1,茅ヶ崎英語に求めるべきものは、”outputを想定した、良質のinput”です。 たとえば、日本の大学受験生の単語学習法をおもいうかべてください。音声無視で、英語→日本語、日本語→英語と覚えている世界です。これは音声と文字が切り離されており、勉強のための勉強です。日本の英語テストは解けるが、実務では使えないものであることは、容易に想像できます。イギリスではこのような学習法はいっさい推奨されません。 逆に茅ヶ崎英語は、listeningからスタートします。大量のdictationを積み重ねることで、音声とスペリングが結びつけられます。これ自体が、speaking やwritingといったoutputを想定した学習となっています。 つまり、outputを想定した良質なinputが、茅ヶ崎英語で可能となるのです。 おすすめは、授業でdictationしたスキット2本を、毎週徹底的にinputツールとしてつかうことです。たとえば、shadowing(スキットをみながら、音声を聞いて同時に話す)や、overlapping(スキットを見ないで、音声にかぶせるように話す)を繰り返すことで、口がなじんできます。そして最後に暗唱までおこないます。これを毎週継続すれば、inputが蓄積していき、speakingやwriting時に絶大な効果を発揮します。 2, コストパフォーマンスに優れる 教室によりますが、九段下校の月謝は10000円+消費税です。日本で良質な英語のinputを続けることは、非常な困難が伴います。独学であればなおさらです。リーズナブルな月謝で、英語inputのメースメーカーが得られる点は、非常にありがたいといえます。 *茅ヶ崎英語のweak point 1、地味で面白みに欠ける nativeとの楽しいフリートークなどの英会話と違って、茅ヶ崎英語での単語学習やdictationは、ともすれば単調で地味な作業ともいえます。だから、自分の英語学習における位置づけが明確でないと、飽きてしまいます。 2、即効性が感じづらい 茅ヶ崎英語は良質のinputを目的としているので、これだけを継続していても、英語が口をついてはなせるようになったり、会話にこまらなくなったりといった効能はかんじられません。学習効果を感じる時というのは、speaking やwritingなどで積極的にoutputした結果、話せる!書ける!などの効果を実感できたときです。つまりそのoutputの結果を自分がポジティブに認知した時ですので、茅ヶ崎英語を学習していても、英語上達には片手落ちといえます。 *結論 茅ヶ崎英語はoutputを想定した良質なinput toolと割り切って使うべし。 dictationした教材は, shadowing, overlapping, 暗唱して、speakingやwritingに使えるよう血肉化するべし。 単調なトレーニングの効果を少しでも実感するために、日々の生活にspeakingやwritingの活動をまぜこむべし。