資格試験はあくまで「手段」

日本で英語を学習する場合、資格取得を目標とすることが一般的です。例えば英検やTOEICは代表例です。 しかし、ただ試験に合格すればいい、という事ではありません。 あくまで、資格取得は英語力UPのための手段です。 往々にして、資格取得が目的化し、非常に偏った英語学習に陥ることがたたあります。 では、実用に耐えうる英語を身につけるための学習とはなんでしょうか。 大原則は、相手に通じる英語を目指す、ということです。そのためには、やはり「発音」への意識は大変重要です。 発音記号を覚え、単語を正しく発音できることを意識し続けることが、結局は使える英語の近道なのだろうと思います。 さて、勉強のためと、先日とある英語学校2つで体験授業を受け、発音について非常に印象的な経験をしました。 1つ目は、英検受験を中心とした、とある「カリスマ学長」が直接指導する英語塾です。 価格は週1回4ヶ月、17万円です。非常に高額な「商品」です。 授業の前半に模擬試験(語彙、読解、ライティング、リスニング)を解き、後半に学長が問題を解説する、という形態をとっています。 「英検1級合格に特化」している内容で、もちろん資格合格が最大の目的です。 英検は語彙が40%だから、急いで語彙を覚えましょう、という趣旨で、大量の語彙問題を解きます。 授業は非常なスピード感をもって進むため、この感覚が好きな方には合う授業のようでした。 英検合格が目的の方には、面白いかもしれません。 一方で、残念ながら、私は強い違和感を感じました。 講師の方は、語彙に造形がふかく、それこそ何万語の知識が頭のなかに入っているようでした。 しかし、「実用に耐えうる」という点から考えると、一つ問題がありました。 講師の方の発音が、完全にジャパニーズイングリッシュなのです。基本的な発信語彙も、英語の発音ではありませんでした。 これは、大変ショックでした。 英語の発音はまるで無視しているとしか思えず、語彙をスペルと意味だけで暗記しているようでした。残念ながら、これではいくら単語を覚えていても、実務では使えないのです。 おそらく、これが「資格合格を目的とする英語学習の欠点」ではないかと思ったのです。 資格試験を過度に意識した結果、音声無視で、ひたすらボキャビルをすることの弊害かもしれません。 2つめに訪れたのは、「茅ヶ崎英語」の教室でした。 こちらは授業料は月謝制で、週1回月1万円と、良心的な価格です。 授業はダイアログをリスニングしながら大意をメモし、日本語で訳をリプロデュースする形式がメインでした。 茅ヶ崎英語は、特に資格試験合格を標榜している英語学習法ではありません。 「聞けない英語は話せない」というコンセプトから、リスニングを中心として、良質なインプットを繰り返し、ゼネラルな英語力向上を目指します。 講師の方の発音を聞いて「はっ」と思ったのですが、基礎レベルの単語を正しく発音されているのです。 私は、「時間はかかるが、こちらの学習法のほうが、後々に使える英語が身に付く。実用に耐えうる英語力がみにつく」と感じました。 英語力UPには、「9割の良質なインプットと、1割のアウトプットがあればよい」ということが、最近の第2言語習得研究でいわれていますが、この点に関しては、茅ヶ崎方式での学習は良いインプットとなります。 こちらはおすすめできると思います。 英語の資格試験は英語学習のモチベーションとなりえますが、一方で、あくまで使える英語力を身につけるための「手段」に過ぎません。 いくら試験のため、そして受信語彙獲得のためといっても、音声無視、発音無視で単語を覚えては、「実用に耐えうる英語」とはならず、英語学習としては片手落ちと考えられます。 資格試験を勉強モチベーションのドライブとして活用しながらも、音声、発音に重きを置いた良質なインプットを繰り返すことで、英語力を高めていくアプローチが良いのではないでしょうか。

単語レベルでの発音上達のために

日大通信の英語音声学 スクーリングを受講しました。 今回は、3日間という短い時間でしたが、非常に濃密な体験でした。 これまで自己流の発音で英語を学習し、結局ジャパニーズイングリッシュのままでイギリスの大学院を卒業してしまったという「悔しさ」があったので、今回はなんとかして音声学の基礎を理解したいと思い、授業にのぞみました。 英語音声学の観点から、母音と子音の説明を受けたあとトレーニングし、実際に発音記号をみて正確な発音が出来ることが、今回のスクーリングのゴールでした。尚、音声変化やプロソディは次回のスクーリング範囲です。 初めて知ったのは、音声学って本当にサイエンスなのだ、ということです。 体系が出来上がっているので、日本人であってもトレーニングである程度まで改善するのです。 もちろんネイティブ並の発音になることはむずかしくとも、ノンネイティブとして十分通じるレベルになることは、トレーニング次第で十分可能だとわかりました。 発音を改善させるためには、まず自分の発音レベルを分析することが必要です。 1、そもそも英語の発音記号の区別を理解できているか(発音記号の知識理解) 母音:前舌母音4個、後舌母音5個、中舌母音4個、二重母音10個、短母音5個、 子音:閉鎖音6個、摩擦音11個、鼻音3個、流音2個、半母音2個 英語は日本語と距離がはなれている言語なので、結局は発音ルールを学ぶことが、上達への近道。 2、発音記号の違いを理解し、とりあえず正しい口の形、舌の位置で発音が出来るか。(発音記号の発声能力) 発音ルールを理解したあとは、地道なトレーニングを繰り返します。 3、単語のスペルを見て、とりあえず正しい発音が出来るか。(単語ごとの発音知識、単語スペルと音声の一致) 今回のスクーリングで、私は1も2も3も、基礎がぐらぐらであることが再認識できました。 つまり、英語の発音を上達させるには、まずは単語単位の発音を磨く必要があります。ステップを3段階とし、自分のレベルを自己診断して課題を明確にします。 1英語発音記号の理解 ⇒2発音記号の発声能力 ⇒3個々の単語をスペルだけでなく発音記号でも覚え、正しく発音できるようになる 面倒でも、単語を覚えるときは発音記号を確認し、実際に発音することが、本当に使える英語習得への近道です。 日本人は往々にして、単語のスペルは書けるが、発音はカタカナ読みで適当に覚える、という人が多いようです。 自戒を込めてですが、残念ながら、これでは片手落ち。海外では通じないのです。。。 さて、現在の教育指導要領では、日本の中学高校英語で、約3000語の英単語を習得することが目指されています。 この基礎単語を、カタカナ英語で覚えるか、発音記号ベースで習得するかは、非常に重要な問題ですね。 「使える英語」のためには、是非発音記号を習得し、すこしずつ発音記号ベースで英単語を覚えてほしいところです。

/ɜ/ 短母音6つの2番目

/ɜ/ 短母音 ①分類基準:前舌・中低・非円唇母音 1)舌のどの部分が持ち上がるか 2)どの高さまで上がるか 3)唇の形 1)前舌 2)中低 3)非円唇母音 ②米音/英音の違い 舌の位置 米音は基本母音/ɜ/ないしやや中央より 英音は/ɜ/よりやや高め 日本語のエに近い ③語例 bed/bɛd/ end/ɛnd/