中学英文法レベルに立ち返り、口頭での瞬間英作文に取り組んでみました。

今月は、中学レベルの文法から学び直して、正確な文章を瞬時に口頭で立ち上げられるスピーキング力を鍛え直すことに取り組みました。 きっかけは、ある英語教員が、即興で英語を話している様子を見て、衝撃を受けたことでした。 易しい文法事項や表現であるが、流暢で聞き取り易い英語で、こともなげに話す。正確性と流暢性が確実に保たれたスピーキングでした。これは、私がこれまで目指してきた方向性ではなかったため、戸惑うとともに、こうしたスピーキングの力も付けたい、と強く思ったのです。 私は留学経験や英検1級やTOEIC900以上のスコアがありますが、文法的に正確な英語を話すことや、正確な文章を書くことに大きな課題を感じています。コミュニケーションに問題はないが、話すと英語がくずれてブロークンになってもきます。 加えて、大学院留学時代は、英語のインストラクターにライティングを見せるたび、「君は冠詞を勉強しなおしたほうがいい」「文法を学び直せ」と口を酸っぱく言われたのは苦い思い出でした。 中学レベルの文法事項を正確に使いこなせているか自信が無かったので、基礎からやり直すよいきっかけと思い、中1レベルから文法を学び直すことにしました。 トレーニングは、いわゆるパターンプラクティスです。 英文法知識を、分かっているだけでなく、アウトプットできるスキルとするのが目的で、日本語を見て瞬時に英語を発話する練習を行いました。 この口頭英作文は、結構労力がかかり疲れるので、敬遠されるかたも多いと思います。私も今まで避けて来たのですが、ある方の英語発話力に感化され、自分もおっくうがらず、辛くとも取り組もうというモチベーションを得られたと思います。 手順は、英語上達完全マップの瞬間英作文の項目を参考にさせて頂きました。 Stage1 『中学英語で言いたいことが24時間話せる パート1、パート2』 合計1600文程度 『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』計790文 <手順> 文法項目別に日本文が並んでいて、それを瞬時に英文で発話するトレーニングです。 『中学英語で言いたいことが24時間話せる パート1、パート2』は、タイトルこそ怪しげですが、非常に実践的な表現が多いなという印象でした。1冊ずつを1、2週間かけて取組み、現在はそれぞれ1時間で日本語文を英文で口頭訳出できる状態まで仕上げました。 『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』は、現在取り組み中です。こちらは、日本の学校文法的な表現が多く、面白みは有りません。『24時間話せる』でカバーされていない中学英文法を拾う意味で使っています。 <効果> 口頭での英文作成、つまり英文を統語する瞬発力が高まった感覚です。 私のような、CEFR-C1レベルの学習者にとっても、気づきや学びの多いトレーニングでした。 ここで体得した英文の作り方を、オンラインレッスンの場面でさっと試してみると、うまく話せたりと、英文法の習熟を実感できました。 <今後> 今後は、高校入試用長文問題の日本語訳を見て、英語に口頭訳出するトレーンングを行いたいと思います。 文法項目がシャッフルされていても、立て板に水のように、どのような中学文法項目さらさらと英語で発話できることが目標です。 ※参考 先日、英語上達マップや、瞬間英作文の著者の方のセミナーに行ってきました。 「音読パッケージ」のやり方についてです。 音声を漠然と聞くのではなく、音を聞いたあとに、文字情報と照らし合わせて、どれだけ正しく英文を捉えていたかを確認する、オーラル・ディクテーションが有効だと感じました。

『英文解釈教室(改訂版)』を読了して

英語リーディングの時代の流れは、「比較的易しい大量の英文を、高速で処理し大意を把握する」、多読や速読の方向に進んでいます。中学英語教育でも、英語で全てを教える、「オールイングリッシュ」が導入されており、この流れはいっそう顕著です。 簡単な英文を読むのであれば、これはこれで良いのですが、しかし、ある程度のレベルの文章を実用レベルで読めるようになるには、どこかで地道な精読を繰り返しておかないと、多読や速読が単なる「誤読」の積み重ねになってしまい、英文を読み続けても、英語力の伸びがとまってしまいます。 やはり、英語の読解力を高めるためには、まずは精読比率を多くし、精読になれてきたら、徐々に多読比率を増やすほうが、結果として高度な英語読解力を養成できるのではと思います。 そんなこんなで、イギリスの大学院を卒業し、大量の文献、The EconomistやTimeを読んでいる(読んできた)ことで、英文の処理能力は高まった一方、英文を正確かつすっきり解釈する力を身につけられないだろうか・・・という課題も抱いていました。 そこで、もう一度「精読スキル」を鍛え直したいと、年末の時間を利用して、3週間かけて伊藤和夫著『英文解釈教室(改訂版)』に取組み、ようやく読了しました。結論から言うと、英語を文単位で文法的に正確に捉えられる力、まさに英文の解釈力が鍛えられる感覚です。 314ページと分厚く、また、どの文章も文脈と切り離されており、読み切るのに非常に骨が折れましたが、英文をどのように直読直解するのか、それを他者にどう説明するのかが、よく理解できました。「文レベル」で正確に英文を理解するために、非常に優れた本だと思います。 もしあなたが高校生なら・・・ 難関大学以外を志望するかたでこの参考書に取り組むことは、正直言っておすすめしません。この本の問題は、挫折しやすいところです。大学入試で求められる英文レベルを越えており、オーバースペックと言えます。しかし、基礎力に自信がある。将来英語を使ってThe economistレベルの雑誌などを読みたいと思っているのであれば、有効だと思います。 独学で『英文読解教室(改訂版)』に取り組もうとすると、10中8、9は挫折します。本の分厚さと、その難解さが原因です。英文も解説もかなり難解なので、基礎力がないと途中で挫折してしまいます。 これは仮定ですが、英語レベルがCEFRのB2からC1レベルであれば、更なる高度な読解力を鍛えるために有用ではないかと思います。英文の処理能力は高まっているが、今ひとつ正確の捉えられない、という課題を持った方には有用といえます。十分な英語運用能力が無いのに本書に取り組むのは、挫折を招きますし、また実用的な英語力増強にはあまり効果的ではないと思います。 もしあなたが英語読解力を鍛えたいと願う、大学生や社会人なら・・・ この参考書にチャレンジすることをおすすめします。英文の解釈力が、飛躍的に高まるからです。The economist, Timeなどの雑誌も、単語力があれば楽しく読めるようになります。 この本は、あくまで「英文読解」の参考書です。英文一文一文を文法構文的に正確に捉える力を養うことを意図して書かれています。つまり、海外の語学学校のリーディング授業で学ぶような、トピックセンテンスの探しかた、論理展開の見破り方、情報のスキャニング、スキミングなどで文章の本旨を捉える力を鍛える「リーディング」の本ではありません。このあたりを意識されて、今の自分にこの本が必要か考えてみるのも大切かもしれません。   読了するためには、読み方にコツがあります。 まずは自分の英語力に、できるだけ謙虚になり、中学と高校の英文法項目から復習しなおすこと。地道に、知識の抜け漏れをつぶすことです。中学、高校の英文法書を通読するなどが ◎。 この文法の基礎がためが出来ていれば、『英文解釈教室(改訂版)』が、わりかし楽しく読めると思います。 『英文解釈教室』を読了したら、次は『英文700選』を暗唱するのがおすすめです。 理由の一つは、『英文700選』は解説がすくなく、これだけで暗唱しようとしても、構文や文法事項の理解が浅くなり、挫折は必至です。その点、『英文700選』と『英文解釈教室』は内容がかなり重複していますので、解釈教室を読了したあとであれば、スムーズに暗唱が行なえます。 もう一つの理由は、『英文解釈教室』の内容を含む『英文700選』を暗唱することで、英文解釈教室の知識を、実際に使える技能に血肉化できるからです。 問題点もあります。『英文700選』は、あまりナチュラルな英文とは言えない、口語と文語がぐちゃぐちゃに混ざっていて、非常に硬質で古い文章も含まれています。つまり、覚えた表現を使う際、usageの観点で、ふさわしくない表現もある、ということです。 700選は自然な表現集でないため、あくまで文法理解、読解力強化、そして使用語彙の増強を目的として、暗唱に取り組むと良いと思います。 『700選』と『英文解釈教室』で英文単位をすっきり捉えられるようになったら、次はパラグラフリーディングや、要点をすくいとる「スキャニング」、情報を探しだす「スキミング」のスキルを磨いて行きます。 関連記事 「新・基本英文700選』 ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット 総論」 http://learningshelf.net/2015/03/18/『新・基本英文700選』を暗唱するベネフィッ/ ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット ライティングについて」 http://learningshelf.net/2015/06/24/『新・基本英文700選』のベネフィット〜ライ/ ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット リーディングについて」 http://learningshelf.net/2015/02/26/英文700選の暗唱(地味)と、リーディング力/ ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット スピーキングについて」 http://learningshelf.net/2015/03/06/新・基本英文700選などの構文暗唱でスピーキ/ ⇒「「英文読解教室」を読了して」 http://learningshelf.net/2014/12/28/英文読解教室を読了して/

SVOA型とSVOO型の関連性

日大通信の「英語学概説」のレポートを書いています。 統語論と情報構造についての課題で、SVOA型とSVOO型の関連性について述べよ、という内容です。 1)give O(人) + O と、2)give O + to O(人) がなぜ使い分けられるのかなど、言語学的に分析するのですが、これが面白い。 基本的に文は旧情報→新情報という順序で情報が提供される。 前者の場合、間接目的語(人)が直接目的語よりも古い情報である場合に使われる。 There was a poor girl I met yesterday. so,I gave the girl a hundred pounds. そして間接目的語は全体的影響を受け、モノを所有することを含意している。 一方後者は、そういった全体的影響は含意せず、単にモノが移動したことを意味している。 so, I gave a hundred pounds to the girl. だと、新情報→旧情報という情報構造となり、適切ではない。 私がかよっていたイギリスの大学院準備コースでも、文章は常に「旧情報→新情報で書きなさい」と繰り返し指導されました。 こういった知識は、英語を読み書きする上で、非常に大切です。

Grammar in Use で、実際に使える文法力を高める方法

文法をどのように学ぶべきか。迷っている人は多いようです。 文法は、活用レベルまで習熟させることを目指すことが大切です。 具体例として、Grammar in Useで使える文法力を身につけた人の例を挙げたいと思います。 以前豪州へ行った時、学位取得をせずに現地で遊び歩いていた人と出会いました。 遊んでいたとは行っても、彼は流暢な英語を操っていて、IELTS6.5を取っていました。 留学したいと思いながら、なかなか英語力を高める方法が分からなかった私は、彼に英語をマスターする方法をきいてみました。 かれは次のように言いました。 「僕は大学院に行くため、豪州に来ました。 1年目は語学学校に行きましたが、ほとんど意味はなかったです。 サッカーが好きだったので、現地のチームに入って遊んでばかりいました。 そのうち英語を正しい文法で話せるようになりたいと思い、English Grammar in Use を繰り返し解きました。 図書館にかよって1年間で7回転ぐらい解いたでしょうか。 文法の基礎が固まった後にサッカーの仲間と話す練習が出来て、これで英語に不自由しなくなりました。」 結局彼は大学院に進まずに日本へ帰国し、英語力を生かして転職を重ねています。 彼の経験から英語上達に参考となる点は次の通りです。 1、ブロークンな英語ではなく、正しい英語を身につけるため文法書に取り組むこと 2、その文法書は、世界的に定評のある、運用を目的とした物を使用すること 3、文法書は1度解いて終わりではなく、繰り返し解く。教材を絞って文例まで徹底的に覚える。 4、繰り返し解いて、使える文章を暗記する。 5、暗記した文章を、実際に会話で使ってみる。 つまり、文法を勉強して終わり、ではなく、つねに実際に使うことを想定して、文法を学ぶことが大切なのです。もっと具体的にいうと、文法を学ぶというのは、「内容を理解し、暗記し、会話でパッと自在に使えるまで習熟させること」を意味します。ここまで取り組んで初めて、学んだ文法が活きてくるのです。そのために、Grammar in Useは、会話で使える文法能力を高めるための、一つのツールとなりえます。

自分の言いたいことが言えない、英語のセンテンスを作ることにストレスをお感じの、Beginner or Pre-intermidiate の方向け学習法

*自分の言いたいことが言えない、英語のセンテンスを作ることにストレスをお感じの、Beginner or Pre-intermidiate の方へ 文法はBeginner用から学習し直したほうが良い、という体験談です。 日本からシェフィールドの大学院準備コースに入ってからの1か月間、非常につらい思いをしました。 理由は他の生徒に比べて私の英語力、特にスピーキングが著しく劣っていたからです。 英語力が足りず言いたいことが言えないストレスは、留学生が多かれ少なかれ経験すると思います。 何とか英語力をてっとり早く飛躍的に伸ばし、クラスで爽やかに発言する方法はないものかと思案していた時です。 「英語は文法・語彙・発音の体系であり、厳然とした積み重ねの技術」 という、伊藤サムさんのコメントを拝見した際、まさにその通りだと思いました。 当時私は疑問文をさっと作れなかったの、「あうあう」と口ごもったり、支離滅裂の順序でセンテンスを作っては周囲を困惑させていました。 これを改善するには、まず文法の基礎に立ち戻り、英語の発想法を体系的に学びなおすしかないと覚悟しました。 使用したのは”Essential Grammar in Use” と”English Grammar in Use”です。前者はBeginner用、後者はIntermidiate用です。 日本では自分の実力以上の教材に手を出しては挫折し、参考書を買い続けるという、出版社にとって良いお客さんを演じていましたが、これは自分の英語力の現実を目の当たりに出来なかったのが原因でした。 英国に来て、自分の英語力の低さを嫌というほど味わい、Prideを捨ててBeginner用の文法教材に戻りました。 詳細は教材の項目に譲りますが、この教材を繰り返し解いて文法の基礎を叩き込み、徐々に自信をつけることが出来ました。 クラスメイトに言われた言葉が印象的です。「お前は英国に来たときは何にもしゃべれなかったのに、今じゃ随分上達したじゃないか」 まずは基礎文法を徹底的に叩き込み、実践を通じて自在に使えるレベルに達すること。英語をうまく使いこなせず苦しんでいる方は、まずは基礎文法に戻って頂ければと思います。 Essential Grammar in Use. English Edition with …/著者不明