Extensive Listening first

多読多聴を指導しはじめて1年が経過します。 当初、指導方法に苦労しました。 多読の大切さはこれまでの英語学習経験、とくに留学経験から、重要だと分かっていました。 同時に生徒を指導する際も、「易しい本を、大量によむこと」など、具体的に指導しやすかったのを覚えています。 しかし、多聴については、当初は重要性も、指導方法も分かりませんでした。 私自身がリスニングを苦手としているので、余計に多聴指導に苦労したのです。 自分自身も多読を開始し、9ヶ月間で1400冊の絵本や洋書、累計89万語を読んだ計算になります。 多聴については方法が分からず、ほとんど取り組みませんでした。 そんなとき、ある多読多聴塾経営者の本を読み、はっとさせられたのです。 それは、「朗読CD音源は、一定の速度で読まれている。この速度に合わせて文章を理解しようと努めることで、読書スピードを向上されることができる」という発想でした。 試しに手当たり次第、音声付きのgraded readerなどを借りて、リスニングしながら読書しました。 すると、確かに読書スピードが早まるのです。音声に遅れないよう、注意深く読書せざるをえません。 また、英語の音にも慣れ、多聴extensive listeningはスピーキングにも役立つ感覚です。 言語は、音声が先に生まれ、あとから文字が作られた。 子供も耳から言語を覚え、発話し、それから読み書きを身につけていく。 とすると、英語学習の中心を、リスニング、特にextensive listeningに比重を置く事は理にかなっている。 多読に比べて、多聴の効果を実証した研究は少ないようです。 いつか仮説を立てて、効果測定してみたいと思います。 さて最後に、効果的な多読多聴の方法について。 読書の際は、次のステップを心がけています。 1、挿絵や写真を大切に。まずイメージを膨らませよ。 2、音声を大切に。挿絵や写真を見ながら、音声を聞いて内容を想像しよう。 3、最後に、音をききながら文字を読もう。音と文字を一致させよう。 自ら実践し、そこでの知見を基に仮説を立て、4月からの授業で実践してみようと思います。

BBC Radio4 教養も身に付き、リスニング力を鍛えるのに最適です

渡英してから苦しんだのが、リスニングです。 リスニング力を鍛えるために決めたのが、毎日BBC Radio4を聞く事です。 始めは音声が雑音にしか聞こえなかったのですが、毎日数時間ラジオをかけ続けていると、数ヶ月後には耳が慣れてきて、意味が取れるようになりました。 BBC radio4は、日本でいうとNHK第一と第二を混ぜたような放送です。 教養ある層をターゲットとしており、ニュースなど時事分析、ビジネス、朗読、書評、ディスカッション、議会放送など多岐にわたります。 英国人向けの放送のため、話すスピードが非常に早いので、リスニングを鍛えたいと思っている方にはおすすめです。 http://www.bbc.co.uk/radio4 http://www.bbc.co.uk/radio4 BBC Radio4とは別に、BBC World Radioも内容が充実しています。 ノンネイティブのリスナーを想定していて、スピードは遅めですし、難しいネイティブ向けドラマ放送などはありません。こちらのおすすめです。 *BBC Radio4を聞いていたとき、流れていた歌手の歌声に圧倒されたのがこの曲です。 Avery*Sunshine “I Got Sunshine” on Good Day Xtra http://www.youtube.com/watch?v=Ew6HxO76Zo4&feature=related

NHK語学講座と茅ヶ崎英語で、受信語彙と発信語彙を鍛える英語学習方法

英語学習がなかなか続かない方向けに、NHK語学講座と茅ヶ崎マンスリーを使った低コスト学習法をご紹介します。 リスニング力とボキャブラリーを鍛えるため、この二つの教材は非常に効果的です。 鍛えるボキャブラリーは、受信語彙と発信語彙に分けて考えます。 英検1級レベルの単語が多い、NHKの実践ビジネス英語や、茅ヶ崎マンスリーは、基本的に受信語彙を鍛える教材とします。リスニングして内容が理解できるレベルを目指します。 旺文社の英検1級や準1級のパス単をざっくり目を通すと、そこの単語に実践ビジネス英語や茅ヶ崎マンスリーのリスニングで出会うことが多くなり、学習が楽しくなります。 次に、発信語彙を鍛えるためには、自分が認識している英語力よりも低めの教材を選択すると、うまくいく可能性が高まります。 私の場合は、基礎英語3です。 TOEIC900越え、MBA留学でも、このレベル。 逆に、自分の英語力の足りなさを嫌という程味わったからこそ、基礎を徹底的に鍛えたいのかもしれません。 「中学3年生の内容ではないか!」と、眉をひそめるかたもいるかもしれません。 しかし、最近の基礎英語は実践的な表現が驚くほど増えていて、スキットの日本語訳を即座に英語で話すことが、結構むずかしいのです。 基礎英語3レベルが完璧に操れれば、英語の土台は完成したと言えます。 仮定法過去完了などは高校文法の範疇のため、自分で復習する必要がありますが、基本的な文法事項は基礎英語3でカバーしているため、絶好の総復習にもなります。 テキストは月に数百円ですし、スマフォ用データは1600円で時間と場所を選ばす語学学習が可能です。 放送のレッスン進度にあわせることで、英語学習のちょうど良いペースメーカーとすることも可能です。

BBC The Reith Lecture を聞いて、教養とリスニング力をUPさせる

“BBC The Reith Lecture”は、1948年から毎年続いている、英国を代表する公開講座です。 BBC放送のCorporate Director-general であったJohn Reith氏の名を冠して始まったこの講座は、 ”broadcasting should be a public service which enriches the intellectual and cultural life of the nation”(放送とは国家の知的文化的生活を豊かにする、公共サービスであるべきだ) というReith氏の信念に基づき、毎年世界を代表する知識人がレクチャーを行います。 記念すべき1948年の第1回の講演者は、ノーベル文学賞受賞者でもあるBertrand Russel氏でした。 http://www.bbc.co.uk/programmes/b00729d9 このリンクでは、最近10年のThe Reith Lectureを視聴することができます。 ちなみに2009年はMaichel Sandel氏で、ハーバード大学で政治哲学を講義する人気教授としても有名です。 最近2011年度のプログラムが発表され、彫刻家のAntony Gormley 氏が務めるとのことです。http://www.antonygormley.com/#/biography/antony-gormley *英語学習のためのTipsこの講義の優れているのは、当代きってのの教養の持ち主が、4回にわたって世相をその専門領域から切ってくれている点です。 講義内容は決して易しくなく上級者向きですが、最高レベルの教養に、翻訳抜きでその息遣いに触れることができるのは、英語学習者の特権の一つでしょう。 またBBC The Reith Lectureは講義にスクリプト(講義原稿)が添付されており、視聴時に目で内容を追うことができます。 スクリプトは講義内容ですのでAcademic Englishで書かれており、そのフレーズはさまざまな場面で使うことのできる生きた参考材料とも言えます。

リスニング力を鍛えるために、BBCを流し続けることの絶大な効果

日本で働いているころ、スカパーでBBCニュース視聴を契約していました。 当時は全く内容がわからないにも関わらず、背伸びをして聞いていたのを思い出します。 英国に来て5か月、当初は状況がおなじでした。 BBC redioの内容が単なる雑音にしか聞こえない状況です。 しかし、最近は内容の大意がつかめるようになってきました。 ELTCの授業でBBCの生きた教材を題材にしているので、徐々に慣れてきているからかもしれません。 英国で英語を勉強して感じるのは、学習する素材のレベルの大切さです。 日本ですと英語の環境がないため、自分の英語力を客観的に把握することが難しくなります。 私などはこれまで「TOEIC900点!突破の本」など、実力とかけ離れた参考書に手をだしがちで、結局消火不良ととなっていました。 どんな英語力を身につけたいのか、その目標とモチベーションもあいまいな状態だったのも、英語力が伸びない原因だとおもいます。 一方イギリスの英語学校で英語を学ぶと、幸か不幸か、常に自分の英語アウトプット力を試されます。 そして思い通りに英語を発信できない「なさけなさ」を思う存分味わい、結果としてその「情けなさ」から少しでも脱出するため、自分の身の丈にあったレベルの表現や、文法などを勉強せざるを得ない、そんな状況に陥ります。 私は疑問文がさっと作れず、Elementary level(中学英語レベル)の教材に立ち返り、基礎からやり直しました。 遠回りだと、日本では着手しなかったアプローチですが、自分の現実を見つめたとき、せざるを得ない選択だったとおもいます。 そしてこれが積み重なると、少しずつですが着実に英語力がついていく、そう最近感じます。