中学英文法レベルに立ち返り、口頭での瞬間英作文に取り組んでみました。

今月は、中学レベルの文法から学び直して、正確な文章を瞬時に口頭で立ち上げられるスピーキング力を鍛え直すことに取り組みました。 きっかけは、ある英語教員が、即興で英語を話している様子を見て、衝撃を受けたことでした。 易しい文法事項や表現であるが、流暢で聞き取り易い英語で、こともなげに話す。正確性と流暢性が確実に保たれたスピーキングでした。これは、私がこれまで目指してきた方向性ではなかったため、戸惑うとともに、こうしたスピーキングの力も付けたい、と強く思ったのです。 私は留学経験や英検1級やTOEIC900以上のスコアがありますが、文法的に正確な英語を話すことや、正確な文章を書くことに大きな課題を感じています。コミュニケーションに問題はないが、話すと英語がくずれてブロークンになってもきます。 加えて、大学院留学時代は、英語のインストラクターにライティングを見せるたび、「君は冠詞を勉強しなおしたほうがいい」「文法を学び直せ」と口を酸っぱく言われたのは苦い思い出でした。 中学レベルの文法事項を正確に使いこなせているか自信が無かったので、基礎からやり直すよいきっかけと思い、中1レベルから文法を学び直すことにしました。 トレーニングは、いわゆるパターンプラクティスです。 英文法知識を、分かっているだけでなく、アウトプットできるスキルとするのが目的で、日本語を見て瞬時に英語を発話する練習を行いました。 この口頭英作文は、結構労力がかかり疲れるので、敬遠されるかたも多いと思います。私も今まで避けて来たのですが、ある方の英語発話力に感化され、自分もおっくうがらず、辛くとも取り組もうというモチベーションを得られたと思います。 手順は、英語上達完全マップの瞬間英作文の項目を参考にさせて頂きました。 Stage1 『中学英語で言いたいことが24時間話せる パート1、パート2』 合計1600文程度 『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』計790文 <手順> 文法項目別に日本文が並んでいて、それを瞬時に英文で発話するトレーニングです。 『中学英語で言いたいことが24時間話せる パート1、パート2』は、タイトルこそ怪しげですが、非常に実践的な表現が多いなという印象でした。1冊ずつを1、2週間かけて取組み、現在はそれぞれ1時間で日本語文を英文で口頭訳出できる状態まで仕上げました。 『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』は、現在取り組み中です。こちらは、日本の学校文法的な表現が多く、面白みは有りません。『24時間話せる』でカバーされていない中学英文法を拾う意味で使っています。 <効果> 口頭での英文作成、つまり英文を統語する瞬発力が高まった感覚です。 私のような、CEFR-C1レベルの学習者にとっても、気づきや学びの多いトレーニングでした。 ここで体得した英文の作り方を、オンラインレッスンの場面でさっと試してみると、うまく話せたりと、英文法の習熟を実感できました。 <今後> 今後は、高校入試用長文問題の日本語訳を見て、英語に口頭訳出するトレーンングを行いたいと思います。 文法項目がシャッフルされていても、立て板に水のように、どのような中学文法項目さらさらと英語で発話できることが目標です。 ※参考 先日、英語上達マップや、瞬間英作文の著者の方のセミナーに行ってきました。 「音読パッケージ」のやり方についてです。 音声を漠然と聞くのではなく、音を聞いたあとに、文字情報と照らし合わせて、どれだけ正しく英文を捉えていたかを確認する、オーラル・ディクテーションが有効だと感じました。

レアジョブ100回

今日でレアジョブ100回。 こつこつとDaily news articleを取ってきました。 内容は、ニュース記事の音読、サマライズ、ディスカッションなどです。 興味ないテーマでは、うまく意見をまとめることができないことも多いです。 科学のテーマなどは、日本語でも意見を言えないのではないか、とすら感じる始末です。 つい忙しさに流されることもありますが、継続することを第一に取り組んでいます。 継続は力なり。 時間がある時は、予習に時間をかけます。 発音記号と単語の意味のチェックはMustです。 レアジョブのDaily news articleは、毎回5個の語彙を学びます。 語義と例文を確認するのですが、取り上げられる語彙のレベルが高くないためほぼ知っており、単語力増強にはあまり役立ちません。 そこで、毎回取り上げられる単語5個を使い、表現力を高めるため、下記を試しています。 1、まず、5単語の英語語義を自分で言ってみる。その後、語義を確認する。 2、同義語、反意語を調べ、ノートに書き写す。 3、Longman Contemporary dictionaryから、発話に使えそうな例文を書き出す。 4、単語を使い、自分でセンテンスを作る。口頭でつぶやいた後、ノートに書く。

レアジョブ50回

本日でレアジョブが50回目でした。 毎日、Daily news articleでディスカッションしています。 講師に何かを教えてもらおう、という発想はほとんどなく、シンプルに「毎日様々なテーマで、英語を話す機会をつくる」目的で会話しています。うまく話すことを目指しつつも、うまく話せないことにも着目し、改善するために必要な学習は何かを、確認することも目的としています。「今の能力ではこれが話せない」、というフィードバックをレッスンで得られるので、英語を学習するモチベーション維持としても、利用出来ます。 Daily news articleは面白い教材です。 毎日異なる記事を使って、自分の言葉でサマリーしたり、議論しますので、なじみのないテーマでも、四苦八苦しながら英語を話さないといけません。発信語彙を増やす、負荷の高い学習が可能です。 現時点では、予習は次のように行っています。 1、授業の記事をプリントアウトし、A4ノートの左側に貼付けます。 2、単語の発音記号を調べ、単語の上に記します。 3、音声データを聞いて、内容を理解します。 4、時間があれば、英文のサマリーや、議論用の問いに対する自分の意見を、さっと英語で発話してみます。 毎日英文記事をサマリーしたり議論して気づくのは、英語スピーキング力の表現力や流暢性を高める為には、 まず、自分の言いたい事を的確に言い表すための、文法知識と、自在に操れ得る運用が必要ということです。 また、コロケーションや定型表現等、つまり英語的な表現を出来るだけ覚え、さっと口をついて発話出来るレベルまで習熟することも、流暢に議論したりサマリーするために、大切だと気づきます。 安いオンライン英会話から効果を最大限に得るためには、 レッスンにあまり期待しすぎず、発話機会の場として、単純に継続することを重視すると、英語学習の貴重なペースメーカーになってくれるかもしれません。

使わなければ、失われてしまう言語能力

先月末から、インターネットでのディスカッション授業を毎日続けています。 今日は23回目でした。 4パラグラフ程度の英文記事をもとに、ボキャビルやディスカッションする内容です。 価格は一回25分、200円程度ですが、多様なテーマについて英語を話す習慣が身につき、発信語彙が広がっていく感覚です。 たかが25分でも、馬鹿に出来ません。 事前に30分ほど使って、音声教材を聞きながらディクテーションし、負荷をかけた学習を心がけています。 英英辞書で語彙を調べてノートに筆写したり、ディスカッションで話すコロケーションを事前に調べたりと、出来るだけの準備をします。 記事は多岐に渡るため、自分の話し易いテーマばかりではありません。だから時折話せない苦痛も感じますが、こうした習慣の積み重ねが、どのようなテーマでもなんとか意見を発せる英語力につながっていくのでしょう。 ある程度の英語力がある人が、英語力の維持と強化を目的とする場合、このディスカッション授業は強力なツールです。 これまでは、格安のインターネット英会話なんて、効果なさそう・・・と思っていましたが、取り組み方次第で素晴らしい学習習慣作りのツールとなり得ることに気づきました。継続は力なり。 英語に関わらず、言語能力は、使用しなければ容易に失われてしまうものです。 私は大学時代、ウズベキスタン共和国に留学して、ロシア語で授業を受けたり、現地人にロシア語で交流し、実地調査していました。必死にロシア語辞書を引き、単語カードを作って、言葉を覚えたものです。 しかし、大学卒業後はロシア語から遠ざかってしまったため、いまはもう話せません。せっかく覚えた外国語能力も、使わなければ消え失せてしまうのです。なんと悲しいことでしょう。 それだけ一層、英語に関しては、そうはなるまいと心に決めています。 大学院留学したあと、なんとかして英語力を維持し、さらに向上させたいという、強い想いを抱いています。インターネット英会話は、そのための一つのツールとなり得ます。 インターネットのお陰で、格安で英語を話す習慣を確立できる。なんとすばらしいことでしょう。誰しもが、アウトプットの機会は十分作れます。 あとは、如何にして良質な英語のインプットを地道に続けるか、です。 英文暗唱、ディクテーション、コロケーション暗記などを試していますが、インプットについても良い習慣を確立したいと思います。

オンライン英会話 ディスカッション授業の効果的な使い方について

インターネット英会話、とくに英字新聞を使ったディスカッション授業の効果的な使い方について考えます。 ここではレアジョブのDaily Articleを使用した学習法を紹介します。 http://rarejobdailynewsarticle.blogspot.jp 1回の授業は僅か25分ですが、うまく習慣化できれば、スピーキング力を継続的に鍛えられます。 格安オンライン英会話の講師はフィリピン人です。 もちろんすばらしいフィリピン人講師も多いのですが、実際の講師の質は当たり外れが激しいため、授業自体に過度な期待をしない事が、継続のために肝要です。 どのような講師でも、アウトプットの効果が出るように、十分な事前準備を行います。事前準備自体が、発信語彙やアウトプット力を高める重要な機会と捉えます。授業は、あくまで事前準備した内容を使ってみる場です。 また、準備していない予想外の問いに対応し、うまくできない場合は「もっとがんばろう」とモチベーションを得る機会でもあります。 学習ステップ (1)準備 1、記事のディクテーションを行う (所用時間15分ー30分程度) 毎回の記事に音声素材が提供されていますので、ディクテーションに使用します。 音声を一文聞いたあと、一旦止めて、頭に保持された記憶を頼りにディクテーションします。 *英語のイントネーションに慣れることができる、発信語彙が増える、スペルが覚えられるためライティング力が向上する、等が期待できます。 2、記事内容を口頭でサマリーする (所用時間15分程度) 記事を理解したあと、自分の言葉でサマリーします。制限時間30秒、タイマーを図って練習します。この時、紙に書く前に、いきなり口頭でサマリーを行います。 読んだ記事の語彙を、自分が運用出来る発信語彙に変える訓練です。 初めはうまくサマリーできませんが、とにかくスピードを重視して話そうとします。 10回ほど繰り返し、30秒内に出来るだけ情報を盛り込むよう、練習します。 3、ディスカッション用の問い(4つ)に対する回答を、口頭で作ってみる (15分程度) サマリーと同じように、まず口頭で言ってみます。1問30秒で回答します。 これも1問につき10回ほど練習し、30秒内で流暢かつ内容の濃い主張が出来るよう、口頭で文章を作ります。 必要に応じ、語彙やコロケーションを調べ、サマリーやディスカッションの会話に盛り込みます。 (2)実際の授業 ディスカッション授業では、練習したディクテーションや口頭サマリー、口頭ディスカッション回答を、実際に使うことを心がけます。準備をしたお陰で、たった25分の授業でも、濃密なやり取りが可能です。 準備していない質問をふられた時、うまくしゃべれないかもしれません。これは逆にチャンスです。次回はスラスラと話せるようにと、さらなる学習のモチベーションにします。 発信のために、読む。発信のためにディクテーションする。発信のために、単語やコロケーションを覚える。 毎日25分のディスカッションを習慣づけることで、英語の運用能力、発信語彙がすこしずつ拡大していきます。