TIMEを1週間で読み切る会

昨日、市民団体の英語講座に顔を出しました。 会の目的は、TIMEを1週間で読み切る力を身につけること。今回は体験参加でした。次回から入会する予定です。 主催者のこんな言葉から会は始まりました。「TIMEを1週間で読み切ることは、最終ゴールではなく、入り口です。」 TIMEの読み方で、参考になった点をまとめます。 1、1回目は黙読で、目的をもって読む What is the story about?What is the most important massage?この問いに英語で答えられるよう、キーワードを探しながら読む 英語で問いに答える、つまりサマリーを書く。はじめは1行でもよし。 2、1記事を黙読5回、音読5回読む 理解した構文を体にしみこませるため、黙読と音読を行う。 3、読了にかかった時間を毎回記録する。 たとえば1記事の黙読に6分かかったら、「1回目6分」とメモする。TIMEをスラスラ読めるようになることは、リスニング力向上につながる。読むことにかかる時間を記録していくことで、自分の変化に気づける。 4、わからない単語を調べる場合は、1ページ5個までとする 5、ノートを用意し、記事を貼る一冊いっきに読み切ろうとしない。まずは1週間に記事1つか2つだけでよい。 今回の会では3名の体験者、1名の継続者が参加しました。 継続されているかたは、ノートを作り、単語を調べ、こつこつと黙読音読の回数を守って、TIMEをすこしずつ読み進めているとのことでした。 英語の勉強はお金がかかりますが、TIMEを読むことを中心に据え、学習者が定期的に集まって続けるスタイルであれば、低コストで済みます。今年はリーディングはTIMEを読むこと、スピーキングは850語のベーシックイングリッシュを実践することを軸に、英語学習を続けていきます。

Men of the Year reunite after 50 years to reflect on a historic moon voyage【TIME DEC.24/31,2018】

あらすじ 1968年は世界にとって悲惨な1年であった。ベトコン、キング牧師暗殺、ソビエトのチェコ侵攻・・・そんな1年の終わり、唯一の明るいニュースが、アポロ8号の有人飛行成功。当時の宇宙飛行士3人が50年後に再開したという話。当時のThe luner programは4つの大統領任期で行われたが、そこには超党派の合意があった。それに比べると、最近の4つの大統領任期ではアメリカは共通のゴールを共有していないようだ。 感想 地元の広報誌を眺めていた時、「一週間でTIMEを読めるようになりましょう」といううたい文句を掲げる、時事英語クラスを見つけました。月2回、3000円。近所で英語学習のモチベーションを得られる場所を探していたので、まずは2019年1月から参加させてもらうことにしました。初回は見学です。 主催の方が、「TIMEはお持ちですか?」とおっしゃるので、慌てて書店で買いました。TIMEは、The Economistよりも読みやすく易しいです。しかし内容はアメリカの話題が多く、わからない記事もあります。これは背景知識の問題です。 イギリスが好きな私には、TIMEは取っつきづらい。それに比べ、The Economistのほうが硬派で、ヨーロッパを中心とした記事が多く、私にとっては興味をそそられます。なのでThe Economistを読みたいのですが、今の私の英語力、そして自由にできる時間を考えると、The Economistはちょっと消化しきれない。また一緒に読んでくれる仲間も教室もいない。そこで、2019年は時事英語サークルを利用しながら、TIMEを読む習慣をつけようかなと思います。