Cambridge exam ケンブリッジ英検対策

2024年から英語の大学入試は民間試験に移行されます。 「どの試験が点数をとりやすいか」という視点で試験を選択するなど、受験者や教育関係者は対策に乗り出すことが予想されます。 しかし私は「子供にどんな英語力をつけてほしいか」という視点から、取り組む試験を決めてほしいと思います。 もし自分の子どもに英語の試験を受けさせるとしたら、ケンブリッジ英検を推します。 まず、検定に取り組むことで、いづれにも偏らない、バランスのよい4技能スキルが、段階的に向上できる。 つぎに、英語素材が実際の英語圏での生活とつながっていて、試験対策=留学や海外勤務時にそのまま役立つ。 最後に、試験形式に工夫があり、「試験のための試験」でなく、「英語運用能力を高める試験」である。 とくにスピーキング試験はインフォメーションギャップを利用した、話す必然性ある試験です。KETレベルでも、大人が受けても面白い。 こういった点から、ケンブリッジ英検は小学生~大学生まで、対策すること自体に大きなメリットがあります。 ケンブリッジ英検対策として有効な活動を考えると、 1、多読と多聴、多シャドーイング 2、スピーチ練習(トーストマスターズなど) 3、エッセーライティング 単に「点が取りやすい」という近視眼的な視点でなく、「子供にどんな英語力をみにつけてほしいのか」という大きな視点から、英語検定試験を選んでほしいと思います。

CAE初受験の結果

2012-06-12 20:37:01 CAEの初受験結果をOnlineで確認しました。 残念ながらパスできませんでした。ちなみにパスは60点以上です。 点数は55点。自分の英語力を思い知らされました。 Reading: Below border  (B2 level) ▽ Writing : Exceptional (C1 Grade A) ○○○ Use of English: Weak  (below B2) × Listening:  Weak  (below B2) × Speaking: Above border   (C1 Grade C) ○ Listening, Use of Englishが非常に弱く、Reading力もパスレベルに達していない、という厳しいフィードバックです。これはまずい。 Speaking はなんとかボーダーラインレベルなのはOK。 一つだけポジティブな点は、WritingはExceptionalと、最高レベルをマークしたことでしょうか。ライティングはCPEレベルのようです。これは少しうれしい。MBAの大量のエッセーのおかげではあります。 ネイティブ会話レベルの高速なリスニングに慣れ、そしてCAE独特な語彙や構文力などを問われるUse of Englishの対策をしないと、パスはできないとわかりました。 TOEIC900点以上のスコアをもっていても、CAEでは惨憺たる結果でした。 英語学習プランをもう一度計画し、まずはCAE Grade Aを目標にして地道に英語力向上を目指します。

CAE準備クラスが終わりました

2012-05-04 07:26:26 2月に始まったCambridge exam CAE コースが今日で終わりました。 週2回の勉強が本当に楽しかったです。MBAでグループワークやエッセーに追立らててきたので、純粋に英語だけを学ぶ時間が新鮮に感じられたからだと思います。非常に良い先生に担当して頂き、「今後も質問があれば連絡して」と言ってもらえました。 昔からなぜか「先生運」が良く、よく多くの教師の方に可愛がって頂きましたが、ここUKでも多くの素晴らしい先生に出会え、自分の運の強さを確信した次第です。 さて、先月受験したCAEのプレテストのライティングの結果が届きました。5点満点で、少なくとも平均3点は取る必要があったのですが、ご覧のとおりLanguageは1と、厳しい評価でした。内容が良い、というのは救いでしたが、英語力辞退をコツコツ高めないといけないと感じました。 Content Communicative Achievement Organisation Language 4 2 2 1 COMMENTS: You have made a clear attempt to focus on the topic. Do check your work for the appropriate use of articles, as well as plurals of words. You have shown a reasonable range of lexis, but …

Continue reading ‘CAE準備クラスが終わりました’ »