英検1級2次試験の結果

本日英検1級2次試験の結果を確認し、合格していました。 とりあえず一安心です。 日本で英語を教える英語教員として、(少なくとも日本人向けには)最低限の英語力証明は出来たかなと思います。 これまでは仕事上で、自分の英語力証明に必要なため英検1級に取り組んできましたが、世界を見渡せば、英検1級は認知されていない英語試験であるのは、残念ながら事実です。 受験すればするほど、より実践的で世界的に認知されているIELTSやケンブリッジ英検との違和感を感じてもいました。 そこで今後は、さらに英語力を磨き続けるため、ケンブリッジ英検FCE,CAEや、通訳案内士に長期的な視点で取り組んでいこうと思います。 ケンブリッジ英検は、CEFRにそって構成されている、優れた英語力証明試験です。大学院留学中、ケンブリッジ英検を受験したことがあり、非常に面白い試験だなとおもったので、今後はこの試験に取り組みたいです。 今後は、ケンブリッジ英検の勉強を通じ、CEFRの枠組みに沿って英語を学習することを検討しています。 あえてFCEという低いレベルから勉強を始める事で、今後生徒に英語を指導するためのヒントを得る事も狙っています。 通訳案内士試験は、外国人に日本を伝える、発信するための力を磨くためのツールであり、のんびりと取り組む課題という位置づけです。 日本事象を英語で説明する力をさらに高めるべく、楽しみながらやっていこうと思います。

英検1級 1次の結果

先日英検1級1次試験の結果が出て、合格していました。 ほっと一息です。 次は2次試験の面接です。政治経済、環境、家族、文化、ITなどについて2分スピーチし、応答が求めれます。 時間にして10分程度です。 しかし1度で合格を決めたいのですが、準備が間に合っていません。 とはいっても英検1級の2次面接に落ちた場合、一次試験が免除され、2次試験を3回受け直すことが出来るそうです。すこし安心です。 まずは次の2次試験までに、過去トピックで2分スピーチをできるだけ練習してみようと思います。 今日はTOEFL-ITP試験を受験します。 今後TESOL(英語教授法)の大学院で科目履修生として学ぶことを考えており、その入学準備をするためです。 仕事がありフルタイムで学ぶことは難しいので、働きながら1科目ずつ単位を積み重ねていく、ということを想定しています。 イギリスに留学していたときに出会った英語教師がモデルです。 現場で英語を教えながら大学院で研究を続けている姿を見て、自分もこう有りたいとおもったものでした。 その為には、英語教師として、英語力を磨きつづける覚悟です。 長期的な視点をもって、たのしみながら英語に触れ続けようと思います。

ベースを駆け抜けるときは、その数歩先を目指して走る

先日の英検1級試験について。 今回は対策する時間が無かったため気楽に受験しましたが、答え合わせをすると、次の点数でした。         取得点/配点 ボキャブラリー 21点/25点 リーディング 22点/26点 リスニング  24点/34点 =計 67点/86点 これにライティングを加えます。これまで20点以下は取った事が無いため、今回も20点程度と仮定します。 ライティング 20点(仮)/28点 =合計 87点/113点 これまでの英検1級合格点は、だいたい80点前後で、過去最高点は、前回の83点でした。 保守的に見積もり、今回の試験合格点を83点と仮定すると、87点は合格と判断出来そうです。 次は2次試験です。受けたことがないため、どのような試験か分かりませんが、2分間スピーチなどがあるので、IELTSのスピーキングテストと似ているようです。 今後の仕事や進学で、英検1級の合格記録が求められる状況が予想されるので、確実に合格しておきたいと思います。 1次試験の合格証が届いてから2次を準備するという手もありますが、今回は結果の出ていない状態の今から準備したいと思います。 こんな話があります。 野球の走塁の際、ボールを打った打者は、1塁ベースを駆け抜けます。 この時、良い走塁とは、1塁ベースめがけて走るのではなく、その少し先を目標に全力で走ることだと、聞いたことがあります。 1塁ベース自体を目標に走ると、ベースを踏むときに気が抜けて、スピードが落ちてしまう。 だからその先の目標を設定し、そこにめがけて全速力で走ると、最高のスピードで1塁を駆け抜けることが出来る。 英語の学習でも、1次の合否がでてから2次の準備をする、のではなく、1次に受かっているとして2次めがけて走っていくことが必要だと思います。 だから、今回は結果が出ていようが出ていまいが、2次試験準備をやってみます。 もっと言えば、2次試験合格が目標なのではなく、その先の、より難易度の高い目標を設定し、そこにめがけて走っていく。 そんなことも大切かもしれません。 次はケンブリッジ英検や通訳案内士などを検討しています。