Cambridge exam ケンブリッジ英検対策

2024年から英語の大学入試は民間試験に移行されます。 「どの試験が点数をとりやすいか」という視点で試験を選択するなど、受験者や教育関係者は対策に乗り出すことが予想されます。 しかし私は「子供にどんな英語力をつけてほしいか」という視点から、取り組む試験を決めてほしいと思います。 もし自分の子どもに英語の試験を受けさせるとしたら、ケンブリッジ英検を推します。 まず、検定に取り組むことで、いづれにも偏らない、バランスのよい4技能スキルが、段階的に向上できる。 つぎに、英語素材が実際の英語圏での生活とつながっていて、試験対策=留学や海外勤務時にそのまま役立つ。 最後に、試験形式に工夫があり、「試験のための試験」でなく、「英語運用能力を高める試験」である。 とくにスピーキング試験はインフォメーションギャップを利用した、話す必然性ある試験です。KETレベルでも、大人が受けても面白い。 こういった点から、ケンブリッジ英検は小学生~大学生まで、対策すること自体に大きなメリットがあります。 ケンブリッジ英検対策として有効な活動を考えると、 1、多読と多聴、多シャドーイング 2、スピーチ練習(トーストマスターズなど) 3、エッセーライティング 単に「点が取りやすい」という近視眼的な視点でなく、「子供にどんな英語力をみにつけてほしいのか」という大きな視点から、英語検定試験を選んでほしいと思います。

Cambridge exam CAE 受験後の課題

CAEを受験した感想です。前回からなんら対策できず、インプットの量をふやすため日々の生活に英語使用を組み込む必要を感じています。 1、use of english 対策で、正確な語法を自動化してアウトプットできる語彙を、少しずつ増やす。辞書の例文写しや、例文集のQuick translation 2、音声つき英文記事。リスニング、リピーティング、シャドーイング、暗唱し、音声からのインプットを増やす。 3、毎日職場のネイティブに話しかける。1日1表現、新たな表現を試して、発信語彙を積み上げる ケンブリッジ英検の受験料は現在のレートで27000円と、決して安くはありません。TOEIC受験料の5倍です。 しかし、これだけ高くても世界で受験者が絶えないのは、価値が認められているからです。私の経験では、英国に留学時、現地にいて英語を上達させたい意志のあるノンネイティブは、数万円から十数万円を払って語学学校に通いつづけ、こぞってケンブリッジ英検を受けていました。。 これはケンブリッジ英検のフレームワークに沿って学習すれば、実用に絶えうる英語力が身につくことを学生が知っており、また英語圏の大学入学や、企業の就職時にも英語力証明として使えることも理由の一つです。大学院であれば、Cambridge exam CAEのGrade C以上で英語力ありと認めてもらえる学校が増えています。 日本で開発された英語試験が増えてきましたが、留学や高度な英語力を体系的に伸ばすツールとして、英語検定試験の本丸であるケンブリッジ英検にチャレンジされることを、日本の学生や社会人の方におすすめしたいと思います。

Cambridge exam CPE試験を受けました。

Cambridge exam CPE試験を受けました。 以下、感想です。 Use of English 難しい。語彙力、文法力を高め、同じ表現を言い換えるパラフレーズの力が必要。 Reading 英検1級以上の難易度。語彙も難しい。 Writing まず書く文字数が多い。 また、形式が独特であり、戸惑った。 1,2つのエッセーを読んで、summarizing, evaluatingする。Discursive essayといわれる形式で書く必要がある。バランスの取れた視点を示すため、自分が同意できない主張もカバーする。これを短時間で書くには、日頃からこうした構成で文章を書く訓練が必要。260-300words 2,5つのテーマから1つ選び、エッセーを書く。レポート、記事、レビューなど。220-240words Listening スピードは早い。またマルチタスクで回答する問題がパート4にあり、難易度の高い英語を日々聞く必要性を感じた。