Downton Abbey ダウントン・アビーの字幕を見ながら、基本英文700選の凄さを噛み締める

Downton Abbey ダウントン・アビーが面白い、という話を聞き、DVDを購入しました。 日本語版はDVD1枚4000円と高いため、これは払えないなと思って輸入版を選びました。DVD15枚で4000円と格安です。 当然英語の字幕のみで、日本語の字幕は有りません。 ドラマの背景知識も無く、第一話を理解するのに骨が折れました。 しかし、英語版一本やりで楽しむメリットもまた、多いと気づきます。 ます、上流階級の世界を描いており、表現もスラングが少なく、堅い英語表現が多い。 英国人のネイティブに話すと、「古めかしい表現ばかりを覚えることになるよ」と笑っていましたが、 気の利いたイディオムやスラングを覚えるよりも、こうした堅い英語表現のほうが、ノンネイティブには場面を気にせず活用出来ます。ビジネスの場面で使って、馬鹿丁寧とは思われても、くだけすぎた印象は与えないため、失礼なやつだと思われるリスクが少ないとも言えます。 次に、ストーリが急展開で進むため、速く内容が知りたくなる。正確に捉えたくなる。 そのため出会った分からない表現を徹底的に調べるのも、苦痛ではなくなるのです。知らず知らずに英語を学んでいることに気づきます。楽しい作業です。 そして、ダウントン・アビーの字幕を見ながら、基本英文700選の凄さを噛み締めることができます。 私は『基本英文700選』を暗唱して、英文の型を体得できたかな、と感じていましたが、Downton Abbeyを輸入版で見れば見るほど、その思いは確信へと変わります。 Downton Abbeyで使われる表現は、硬質です。 堅すぎて現代で使われる英語ばかりではないのですが、それでも、700選を本気で暗唱したあと、このドラマを見ると、「あ、あの文法事項だ」「この表現も」と、英文をもれなく理解でき、嬉しくなります。 当然単語やイディオム知識は足りないため、理解に苦労はしますが、文法については不安が全く無くなります。 どなたかが言っていました。 700選や英文解釈教室を終えると、たいていの英文に出会っても、どういう文法や構文項目か理解や推測ができるようになると。確かにそうです。 ある程度英語は出来るが、実は基礎に自信が無い方。知識の抜け漏れを感じ、英語の生素材にあたると分からなくなる方は、いちど英語の型を体得するため基本英文700選や英文解釈教室に取り組むのも良いと思います。英語がすっきりと理解できるようになるはずです。

A Beautiful Mind

ミクロエコノミクスの先生が勧めていた、『A Beautiful Mind』を見ました。 精神を病むまでに経済学に没頭するJohn Nashが、ついにゲーム理論を打ち立ててノーベル賞を受賞するまでの47年間の苦闘を描いた作品です。 MBAの授業中、ゲーム理論を思いつく重要な場面を字幕なしで見せられたのですが、悔しいことにはっきり理解できず、リベンジのためHMVで8ポンド(1000円)でDVDが売っていたのを見つけて購入しました。 英語字幕であらためて見返すと夢中で見終えてました。こうした狂気の宿った実在の天才の人生から、純粋に真理を追究する人間の美しい精神を垣間見た気がします。もしご覧になっていないかたがいらっしゃったら、是非お勧めしたいと思います。 英語の上達度について気づきも記録しておきたいと思います。 以前に比べ、字幕を理解できる幅が確実に広がっていることに気づきます。たとえば、ちょうど1年前DVD版のシャーロックホームズを字幕で見ていた際は、途中で何度もストップボタンを押して一字一句字幕を読み直しましたが、今回はほとんど流れを止めずに見ることができました。多少わからない個所も、文脈で想像して理解した感覚ですが、十分内容を追えました。 MBAではビデオを字幕なしで流されるのがふつうだったので苦労してきましたが、それはそれで大意をさっとつかむ勘のようなものを鍛えてれたのかもしれません。 円高の影響もありますが、概して英国ではDVDが安いです。映画だけでなく、BBCの良質なドキュメンタリーも驚きの低価格で購入できます。大抵のDVDには英語のSubscription(字幕)がついていますので、英語学習にも有効です。 先日も大量にBBC Historyを注文したので、今後も視聴後の記録をつけておく予定です。

Dad Army

イギリスの中年以上で知らぬもののいない、名作コメディーが”Dad’s army”です。 1968年から1977年にBBCで放送され、9シーズンまで継続されました。いまだにTVで再放送されるそうです。 ケンブリッジ英検の最後の授業で、先生が「リスニング練習」といってそれとなく流し始めました。 このコメディーの背景は、第二次大戦中のドイツの猛攻に大苦戦するイギリスで兵士が足りなくなったため、予備役として急きょ本国の治安を守るために任命された老人たちが、兵隊になるために訓練を受ける過程を、面白おかしく描いています。 感じたのは、苦しい戦時中をコメディーでここまで笑い飛ばすという視点は、日本ではありえない点です。 味わいのあるキャラクター設定に一瞬にして虜になり、すぐにDVDを購入しました。完全版は23ポンド(2700円)でDVDが15枚です。質が高く、安い。 話される英語は、まさにイギリスの町人が使う訛りの強いものばかりで、たとえばロンドンの下町で使われるコックニーや、スコットランド訛り、その他とにかく聞き取りづらいです。 リスニング力を高めるための英語学習としてだけでなく、第二次大戦下のイギリスを知るうえでも貴重な教材だとおもいます。 オープニングhttp://www.youtube.com/watch?v=CEDWDAMRBeU&feature=relmfu http://www.amazon.co.uk/Dads-Army-The-Complete-Collection/dp/B000VA3J7K