今日のFTから 教育は割のいい投資?

An investment in knowledge always pays the best interest. -Benjamin Franklin 「知識へ投資すれば、常に最大の利子が得られる」 ベンジャミン・フランクリンの格言は、なんとも味わい深いといえませんでしょうか。 個人の視点からみれば、教育への投資、つまり大学院進学や資格取得などで身につけた知識やスキルは、その人の人的資本に投資する行為であり、それが労働市場での競争力の源泉となる。そして収入を得ることにつながる。 また社会の視点から考えると、学校教育の質を向上させたり、多様な奨学金制度で教育を受けることのできる対象を広げるような投資をすることも、教育への投資です。教育に投資することで、新たな産業を起こしたり、社会貢献できる人材を育成し、国家の競争力を高める。 長期的にみると、教育への投資ほど、割のいい投資はないのかもしれません。 しかし、FTでは教育への投資効果に疑問を呈する記事がのってました。 高学歴への投資が、つねにペイするとは限らないと。 http://www.ft.com/intl/cms/s/0/fbb5ece2-a841-11e3-a946-00144feab7de.html#axzz2xPePUbBO 英国では2012/2013年に大学進学率が1.9%減、大学院は4.2%減となったのです。 これまで英国人にとって格安だった授業料が、財政難を理由に大幅に値上げされた影響だとされています。 つまり、高い授業料を払ってまで大学や大学院に進もうとする若者が減っているのです。教育が適職を保証してくれない、と感じているのです。 スペインの若者の25%が失業中であることは良く知られていますが、世界的にみても若年層の失業率は高止まりしています。 こんな時代では、教育への投資を回収する見通しが立てづらくなっているのかもしれません。 たしかに闇雲に教育にお金をかけたり、高学歴を目指すのは、適職に巡り会う可能性を減らし、教育への投資を回収する見込みもさがってしまいます。 そうではなく、自分の興味の持てる分野を見つけ、スキルを磨くための教育に投資する。教育においても、これまでよりもより絞り込んだ投資の意思決定が求められています。 教育を受けるための資金拠出手も、多様化しています。 また、公的機関が担当したいた奨学金制度だけでは不十分ということで、 ロンドンビジネススクールなどのMBA生に授業料を40,000ポンドまで貸与し、数年で回収するようなProdigy capitalが登場しています。 クラウドファンディングで奨学金を集める個人も出てきました。キャリア開発のため、クラウドファンディングで5000ポンドを集め、3年間6%の利子を返済するGintiliさんの事例が紹介されています。 だれもが容易に高い教育を受けるための資金にアクセスできる時代がきています。それは同時に、教育の為に大きな借金を背負ったり、費用対効果の悪い投資となる可能性も増えることを意味します。 教育はもっとも割のいい投資。 それでも、投資先は慎重に行う必要があるようです。

世界が注目する日本経済 〜今日のFTから〜

私が初めてイギリスを訪れたのは、今から18年前です。 初めてブリティッシュの家にホームステイしました。 当時、BBCやFTを見ても、日本についての報道はほとんどされていなかったのを覚えています。 そんな状況が長く続いてきましたが、ここ1、2年で潮目がかわってきたように思います。Abenomicです。 今日のFTでは、はっきりとこう書かれていました。 “For many years, the only economic story that has really matters in Asia has been China. (abbreviation) For the first time in as long as almost anyone can remember, there is perhaps even more interest in how Japan’s economy will fare.” 「長い間、アジアにおける唯一重要は経済ストーリーは、中国であった。 (中略) 皆さんが記憶している限りにおいて、初めて、日本経済がうまくいくかどうかがより興味の対象となっている」 世界の大きな注目を浴びているということは、大きなリスクを取っている証です。 記事でも、輸入資源価格上昇や消費増税などのため「日本経済は今年が正念場」 This will be crunch …

Continue reading ‘世界が注目する日本経済 〜今日のFTから〜’ »

「ルーチンとは、野心の印」 〜今日のFTから〜

こんにちは。 寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 ビジネスに限らず、その道で何かを成し遂げる人には、特徴があるそうです。 いったいなんでしょうか? その共通点の一つは、その人なりの「ルーチン(繰り返し)」を持っていることだそうです。 http://www.ft.com/intl/cms/s/0/5b4d9c5e-7c55-11e3-b514-00144feabdc0.html?siteedition=intl#axzz2qTKdSmQc “Routine, in an intelligent man, is the sign of ambition” W H Auden 「ルーチンとは、知性ある人間に限って言えば、それは野心の印だ。」 代表例は、早起き。 アップルのステーブジョブズの後任Tim Cookは、4:30には部下にメールを送り始めるそうです。恐ろしい。 他にも例があります。 英国のカフェのどこにも置いてあるチップスで超有名な、Tyrrells Crisps。 https://www.tyrrellscrisps.co.uk そこの創業者で元農民だったChase Distilleyは次のように言っています。 “I used to worry a lot about money, and that got me up early in the morning. If it’s a business where you are producing and …

Continue reading ‘「ルーチンとは、野心の印」 〜今日のFTから〜’ »

男性より女性が強い理由 stop losing sleep your loss of face

一般に女性は男性より長生きと言われています。 さまざまな理由がありますが、「思い通りにいかない状況下にどう対応するか」の違いは、一つの根拠と言えるかもしれません。 今日のFinancial timesには、 ‘Men should stop losing sleep over their loss of face’ という記事がありました。 http://www.ft.com/intl/cms/s/0/7765a790-793c-11e3-91ac-00144feabdc0.html?siteedition=intl#axzz2qGp4u5Cg 「面目を失うことを気にして不眠になるのはやめるべき」 女性に比べ、男性は自己嫌悪に陥りやすい。 なぜなら面目を気にする(to save your face)から、という、女性記者の言葉です。 If I am right, this turns on its head that popular idea that women – who are meant to be thin skinned and take all criticism personally – have the rougher ride in …

Continue reading ‘男性より女性が強い理由 stop losing sleep your loss of face’ »

ナダル Rafa Nadal 勝ち続けるための秘訣 

テニスの世界ランク1位に返り咲いた、スーパースターのナダル(Rafa Nadal)。 彼へのインタビューが載っていました。 http://www.ft.com/intl/cms/s/2/28ff29b4-78c4-11e3-a148-00144feabdc0.html 「あなたは何を信じない?」と聞かれ、 かれはこうインタビューを切り出しています。 “The acclaim, the success”. ”私は世間の賞賛、それまでの成功は信じないようにしている”。 「勝利やランキングは、皆が思っているように「自分はよい選手だ」ということをしめしているが、それは過去のこと。」 賞賛、成功に浮かれないように意識している、ナダルの姿です。 こんな彼を、「戦略的」と言っています。 “Humility in Nadal is not an affection, it is a strategy. – Taller in person than he appears on TV, he has a large, lithe, feline presence and while you sense when you are among a group of rival tennis pros …

Continue reading ‘ナダル Rafa Nadal 勝ち続けるための秘訣 ’ »