外資系企業に転職する際の、本当のTOEICの位置づけ

最近、外資系企業への転職で、英語力の足切り基準としてTOEICが使われている例を聞きました。これは私の経験です。 ある大手化粧品の外資系企業の中途採用では、TOEIC900点以上が書類選考パスの条件でした。 私がこの企業の面接に伺った際、面白かったのは、1000人を超える社員の中で、外人は社長ただ一人ということでした。つまり、日常は英語は使わないのです。海外本社へのレポーティング時に英語ライティングが必要になる程度で、実際は会話力などはまったく求められない仕事でした。勿論面接も日本語です。 これで私は気づいたのですが、日常的に英語を使用しない外資系企業ほど、TOEICといった非実践的な英語試験を基準につかっているのです。 一方で、私が先日面接を受けた別の外資系企業は、英語力基準にTOEICは不問でした。完全にインターナショナルな環境であり、面接時には外人と話すため、そこでまずスピーキング力がチェックされます。TOEICスコアを見る必要性がないのです。社内の大半は外人で、直属上長もインド人。面接は当然英語でしたし、矢継ぎ早な質問に頭がつかれたのですが、英語力が一瞬一瞬、高まっていく充実感も感じられました。 つまり、本当に英語で勝負する環境では、TOEICは必要ないのです。しかし、いまだにTOEICを書類選考の足切り基準としている企業も多いため、パスポート感覚でTOEICのスコアを900点以上取っておくことは、自分の身を守るためには有効でもあります。

英語でのインタビューについて、この2か月間で15回ぐらい経験しました。すこしずつコツがわかってきましたので、まとめてみたいとおもいます。 今日はMBA後の転職活動で、あるイギリスの会社の面接をうけてきました。面接官はインド人マネージャーです。時間にして1時間強、矢継ぎ早に高速で質問されるので、終わった後はへとへとでした。 さて、英語での面接を受ける中で、非常に大切だと感じるのが、事前準備です。とくに、「なにか質問は?」と聞いてくる場面で、いかに良い問いを投げかけられるかが、面接の成否を左右します。 良い問いの条件は、相手に自分のやる気や前向きさを感じさせつつ、相手に考えさせる内容であることです。 たとえば、今日私が発した問いで、相手がしばし考えつつ、その後かなり饒舌に話し始めたものがありました。 “What kind of skills are required to be successful in this position?” この問いは、非常に有効でした。相手に真剣に考えさせ、かつこちらの前向きな姿勢も伝えられます。 英語のインタビューで成功するためには、こういった効果的な問いを、できるだけ多く準備しておくことが大切です。

Financial Timesでビジネス英語力を鍛える方法

イギリスでかったiPad sim lock free を、日本で使いはじめました。B-mobile (日本電通)のsim カード 30日分を購入、3000円。ドコモネットワークを使うので、文字通りどこでもつながる。速度がおそいのが難点で、financial times や日経新聞をダウンロードに時間がかかりますが、満足しています Financial times のweb購読は、経済に興味があり、readingを鍛えたい方にはオススメです。月4000-5000円程度で、一旦購読すると読まないともったいないので、英文に触れ続けるモチベーションが得られます。 英語に触れ続け、長期的スパンで英語力をもっと高めたい。それには、英語を情報収集の手段にしたほうが、継続しやすい。今後はEconomistも定期購読するよていです。