校正作業の経過

論文の校正作業を進めている。友人3人に読んでもらい、コメントをもらう。専門的な表現、わかりずらい語彙が次々に指摘される。一気に校正作業が進む。このコメントを土台に、団体へ校正案を提出するのが、今週のタスクである。

彼らからコメントをもらい、「こんなものをかいてたのか」「びっくり」と感想を得る。確かに、フルタイムの激務をこなしながら、よくこんな24000語もの論文を書いたな、と我ながら思う。妻は呆れている。今書きなさい、と言われたら、即座に断るであろう。

そもそもこの論文は、たまたま研究計画案の募集があって、そこに応募したのが始まり。まさか選考を通過するとは思わず、忘れたころに受賞通知が来たときは、「そもそも何のテーマで送ったっけ?」と妻と大混乱したのを覚えている。

助成金をもらったので、後に引けずに研究活動を行い、論文執筆を終えたのが実情である。仕事は忙しく、朝は5;30に自宅を出て、 片道90分の通勤時間を使って論文を書き上げた。 綱渡りとはこのことだ。

あらためて思う。私は、人に指示されたことだけをやるのが嫌なのだ。自分の個性、情熱、想いを、なんらかの形にしたいと、常日頃から思っている。実践論文はその一形態である。

大学院で学びたい、という想いを新たにする。今年がだめなら、来年また挑むだけである。

先日、授業の空き時間で、生徒に多読を初めて体験してもらった時のこと。9割の生徒が真剣なまなざしで、易しい洋書を読む。よい雰囲気である。かつて指導した学校で目指した、ぴりっとした雰囲気。受験参考書ばかり解くと、英語が嫌になる生徒が増える。やはりauthenticな素材に触れなければならない。今後は、研究論文で作ったワークシートを使い、授業で多読を取り入れることを目指す。

Leave a Reply