自ら教材を執筆する力をもて

授業を進めることに追われ、疲弊していた数か月が過ぎた。ふと時間ができたので、以前勤務していた学校で磨いてきた「oral introduction」のモデルを見せることにした。

テーマはリスニング力を鍛えるための、nursery rhyme。パワポを作った。論文を読み、なぜ英語の童謡が英語学習に効果的なのかをまとめた。絵も作り、テンポよく提示する。生徒に聴かせ、言わせる。

2つのクラスで試したところ、普段反応のないクラスでも笑顔が生まれる。もう一つのクラスでは爆笑、集中して取り組んでいる。このコンテンツは、それ自体に力がある。うまくオーラルイントロダクションを行い、楽しく英語のリズムや発音を学べる。進学校でも進路多様校でも「動作保証」のある、鉄板コンテンツになりうると確信した。

教師になると、「模擬授業をしてくれ」「公開授業の担当をお願い」「動画で授業を配信するので録画させて」といった依頼が、突然舞い込んでくる。

そんなとき、自分オリジナルのコンテンツを持っておくと、大変便利である。自分のコンテンツなら、動画配信もOK。時間も6分から50分まで、変幻自在に対応できる。その素材で、英語教師や一般人に対して、3時間の講習を担当できるぐらいのパッケージにもできる。

このコンテンツを土台に、論文を書いたり、教育実践報告書を作ってもいい。一つの仕事から、何倍ものインパクトを与えるようなアプローチを目指すのは、教師の仕事をする上で極めて重要である。

英語教師を志す人、すでに英語を教えている人、いずれにしても、教科書を教えるだけではなく、「みずから教材を作って教える力を持て」という、森信三先生の教えは、今も輝きを失っていない。

大学院では研究力だけでなく、コンテンツ作りの力も磨きたいものである。

独自コンテンツを持てば、仕事の質が変わる。

Leave a Reply