大学入試対策に思う

大学受験に取り組むことのメリットは、知識を体系的に学べることである。例えば日本の大学に入りたければ、入試を突破する必要がある。AOや推薦でなく一般受験を目指す場合、受験対策参考書や問題集を解く。これが一般的である。

たしかに知識はつく。ある程度、入試問題も解けるようになる。

しかし、英語の運用力がついているか、という点は別の話。ただ入試問題を解いているだけの学習の限界がある。

まず、英語の伸びしろがない。英語の大量のインプットとアウトプットなしに、英語は伸びない。目の前の生徒を見ていて、改めてそう思う。ただ〇XTAGEを回転させても、いったいどれほど英語の運用力がのびるのであろうか。どうせ参考書を学ぶなら、徹底的に、アウトプットできるまで暗記する覚悟が必要だろう。例文を瞬時に諳んじられるとか。でも、そこまで取り組むには、知識の整理を目的とした参考書では荷が重すぎる。なによりつまらない。

次に、学習者に英文を書かせた場合、力のなさが一気に噴き出る。英語圏では「そうは言わない」という表現で英文を書く。受験勉強の限界である。大量の英文に触れていれば、そうは言わない、というのがわかるはずなのに。

文法的にもおかしく、書いたり話したりするのもしっくりこない英語である。生きた英語に触れない弊害だ。これだと、学習者にとって英語は生きた言語ではなく、単に大学受験の科目であり、突破すべき敵ですらある。英語を好きになることなどあるのだろうか。このままでは学習者があまりにも不憫である。

大学受験対策でまなぶ明示的な知識は、それはそれで貴重である。英文を理解し、正しい語順で書くためには不可欠である。だが、それをもっと活かすため、大量の英語のインプットが欲しい。生きた英語に触れ、異文化の考えを学ぶ。翻って日本の文化を知る。

受験指導を垣間見て、最近は受験参考書の学習と英語多読のハイブリッドに、可能性があるような気がしている。多読だけでも、受験参考書だけでも、伸びは止まる。掛け合わせ、両方をいいとこどりで取り入れたい。

授業で多読を取り入れられるよう、簡易的なプログラムの開発を考えていこうと思う。

Leave a Reply