“The Hound of the Baskervilles” Oxford Bookworms Stage 4 48冊目

“The Hound of the Baskervilles” Oxford Bookworms Stage 4を音声付きで多読した。

辞書を使わずに読む多読は、自分の英語力の数段下のレベルを選択する必要がある。これであれば、ストレスなく読書を楽しめる。

内容は面白い。推理ものと多読は親和性が高い。飽きずに一気に読める。Sherlockのドラマにも使われている有名な話で、この原作を知っていればドラマももっと楽しめた。

音声を聞きながら多読したが、正直いってスピードについていけない場面があり、何度か聞き返した。Stage3であればすこし遅く感じ、stage4になるとちょっと難易度が高いと感じる。英文の意味をさっと理解できないだめだ。表現レベルもあるし、文法事項も複雑になっている。

Oxford bookworms Stage4レベルを、音声とともに多読することを続けるのが、今の私にはあっているようである。

音声付きの本で多読すると、自分の弱点が見えてくる。一定スピードで読書が進むので、モチベーションも維持できる。

Leave a Reply