Rarejob 講師からのフィードバック

講師とのディスカッション中、即興で話すと、多くの文法ミスがあった。講師が私の言いたかったことをタイプして送ってくれたので、備忘録として残す。 Why do you have to value your students? ・The role of teachers is not only to give knowledge but also to be a role model to their students in doing good things. ・Teachers should be trustworthy so that student will feel comfortable for them. ・I think teachers should always reach out to their students …

Continue reading ‘Rarejob 講師からのフィードバック’ »

Rarejob Daily news article再開して1ヵ月

以前レアジョブを2年ほど実践していたが、仕事が忙しくて休会した。3年以上前である。 今回在宅勤務などで時間が出来たので、レアジョブを再開。毎日25分であるが、毎日続けることは結構むずかしい。1週間で2回~3回程度である。 現在345回。 Daily news articleはディスカッションのため、学習不可が高いことが理由である。気分の乗らないときは避けがちだ。 そこで最近は、事前の予習なしのぶっつけ本番で、ディスカッションしている。これはこれで結構きつい。25分中、「思いをうまく英語にできない」「そもそも日本語でも考えたことのないテーマを、論理的に説明するのに四苦八苦」など、苦しんでいる。 考え方を変えれば、レアジョブのdaily news articleは、自分のアウトプット能力の限界を体感する場である。うまく話せないとフラストレーションを感じるための場である。こんな場は、日本国内にいてなかなか作りだせない。間違いOK,失敗OK,質問OK.安全な場で、英語を使うことを試せる。仕事では間違いはできないので、これは貴重である。 アウトプットで恥をかくというのは、成長に不可欠。comfortable zone 快適な環境を飛び出し、自分をあえて居心地の悪い場に置く行為。そこから学びや気づきが生まれるのであろう。 レアジョブのdaily newsarticleで英語が上達するのではなく、これを続けることで、自分のアウトプット力を実感でき、フィードバックを得られ、適切な英語学習が自分で継続できるようになる。 インプットばかりせず、おもいきって、負荷の高めのアウトプットの場を確保すると、視界が開けてくる。 ディスカッションでは、自分の意見をPREP法で答えるようにしている。Point, Reason, Example そしてもう一度point。だから3~4文を生成するようにしている。このフレームワークは、英語のコミュニケーションを行う上で有用である。 1ヵ月6380円。自分のコンフォートゾーンを飛び出すための投資である。おすすめである。