これを機会に「書く力」を磨きたい

新型コロナ感染症が世界を席巻している。パリ、ニューヨーク、ロンドンの都市封鎖の様子を見ると、日本の都市ロックダウンも時間の問題と考えるほうがフェアだ。

学校は再開しても、休校したり時差登校になったりと、正常化するのは数か月先だろう。ノーベル賞受賞者の山中教授は、「この状況は1年はかかる長期戦となる」と、ご自身のwebサイトで発信している。

こんな時だからこそ、個人は自分の時間を大切にし、学びつづけたい。一つの提案。「こんな時だからこそ、ライティング力を高めよう」

内側にこもって悶々としがちな今、書くという行為で創造性を発揮する。本を読み、学んで、それを文字化する。これだけでも、少しは気持ちがすっきりするのではないだろうか。

どうせなら、語学力を高めよう。例えば英語。ライティング力の伸びは、多技能にくらべてゆっくりである。ならば今、書く力を鍛えよう。来るべき時のために。

ライティング力向上のための鉄則を下記に挙げる。

1、自分で文章を創造しないこと
正しい英文を借りてつかう、英借文を心掛けると、読み手にとって負担の少ない英文が書ける。減点も避けられる。

2、リーディングやリスニングで大量のインプットを得ること
英借文には、参考にするためのお手本が必要。それを精読、多読のインプットから得る。

3、口頭ですらすらと言える英文の表現集をつくること
大量のインプットを確保しながら、「こういう表現を言いたい」と思える英文を収集し、自分なりの表現集を作る。そしてその表現集を覚える。日本語→英文がスラスラと言えるように。言える英語は、書ける。

4、何かを学び、それを文字化することを癖にする
大量のインプットで、新たな学びに出会うはず。それを文字化する。頭の中にある音声を文字化する。これを続けることで、必ず成長できる。頭の音声を文字化することは、新たな価値を創造することでもあり、自分の頭の整理にもなる。フィードバックを得られば改良のチャンス。

頭の中にある音声を文字化せよ。これは私の師匠の教えである。文字化するなら、価値あるものを。

Leave a Reply