Be original.

大切にしたいことと問われれば・・・ Be original. original=”not the same as anything or anyone else and therefore special and interesting” Cambridge Dictionaryにはこう定義されている。ほかの何物でもなく、それゆえに特別で興味深い、ということ。 目の前の子供たちを見ていると感じる。彼らは興味を抱いた対象に、全力でぶつかっていく。他者の目から自由であるとき、素の彼らは個性を爆発させる。好きなことに身をゆだね、自分自身でありたいと願っている。 originalであるときは、人との違いなど気にしない。自分の興味の赴くまま。そのとき人はいい表情をする。必ずしも笑顔ではない。引き締まった真剣なまなざし。ひょっとしたら無表情、でも頭はフル回転。こんなときは集中するので、疲れる。でもなんだか心地よい。 私は子供たちに”Be original”であってほしいと思う。他者と違うことは、異なる価値を社会に提供できる可能性をもつということ。個性を爆発させながら、社会をポジティブにできるとしたら、これほど素敵なことはない。 Be original. であるためには、努力も必要である。そうでなければ単なるわがままな奴と烙印をおされておしまいだ。 まず与えられた責任を果たし、社会に貢献する社会性をもつこと。自分勝手ではなく、社会の一員としてふるまう。孤立せず自分自身であるために、あえて他者と「交わる」のである。人と交流したとき、人は一番学ぶ。責任を引き受け、社会に貢献しようという人は、家の外でも居場所を作れる。ひきこもっていてはならない。 次に自分の想いを論理的に、かつ情熱をもって伝えるコミュニケーション力である。originalであることは、人と違うということ。時に周囲の誤解も生む。だからこそ、「相手は自分のことなどわかっていない」という前提に立ち、自分の想いを伝え続けるのだ。 三つ目は、価値創造の意志と行動だ。riginalであることは、それだけで特別であり興味深いことだ。それだけに終わらず、あなたにしかない視点や発想で、周囲をちょっと幸せにするような価値を創造する。自分の個性を活かせれば、あなたもちょっと幸せになる。 Be original.であることは、幸せに至る道だ。だが安易な道ではない。努力が必要だ。周囲と交わりながら、常に学び、行動し続けることが求められる。私は子供たちをBe original.であるよう励まし、そのための手立てを伝えていきたいと思う。

全国通訳案内士試験

昨日全国通訳案内士試験の合格発表があった。 全語学の合格率は8.5%。英語は9%であった。昨年よりも低下し、この試験の難化傾向が示された。 この試験は「合格を目指す」よりも、日本文化を学び、英語力も向上させるための目標、モチベーションツールとして使った方がよい。合格が難しくなる一方で、この試験の教育的価値はますます高まるからだ。 試験範囲の筆記試験は、英語は英検1級程度。そして日本歴史や地理、一般常識は、中学から高校の教科書を学びなおすことで、合格水準に達する。また通訳案内の実務は、インバウント接客の基本知識を身につければOK. そう、どれも特別なことを求められているわけではない。日本の教育を受けた日本人なら、合格できる内容なのだ。 本試験に取り組むことは、日本文化を世界に発信できる日本人になる第一歩だ。楽しみながら挑戦してほしいと思う。

どんな環境でも、価値創造を目指す

昨年の今頃は、全国通訳案内士試験に合格し、官報を3部購入していた。生徒に見せると、大興奮。国家資格に合格すると、官報という法令通達の文書に名前が載るのだと、教えることができたのはよかった。 英語を学び続けていることを、生徒に見せることができたのはよかった。結果も出たので、彼らにも刺激になったようだ。 今年の全国通訳案内士試験は、合格発表が遅く、明日2/8である。 この試験に合格した後、地域の方へ社会貢献したいと、公開講座を立ち上げた。老若男女の方と楽しく英語で日本文化を話した。 授業実践、地域貢献などを文書にまとめたが、いま、新たな動きが起こり始めている。 どのような環境に身を置いても、要素をつなぎあわせ、新しい価値を創造することを、私は得意としている。一見意に沿わない仕事も、課題を見つけ、解消する過程を論文にまとめたり、新たなスキルを磨いたりと、転んでもただではおきない。 あと1ヵ月、情熱を伝え、人事尽くして天命を待つ心境で。