2月と3月の予定

本日に概略を書き直し、ドラフト完成予定。2月中に身近な人に読んでもらう。 3月の予定 入試研究用のノート作成-高校入試用-大学入試用 高校入試問題の研究-過去問5年間を解く-学習指導要領の読み込み-中学校教科書の読み込み-論文の論点設定 大学入試問題の研究-共通テスト-GMARCH問題 入試問題の研究論文-100本探す

ファーストドラフトが完成

昨日から学習室にこもって論文執筆を加速している。2日間かけて、ようやくドラフトが書きあがった。27000字にもなってしまった。図や表を挿入し、体裁を整える作業も時間がかかった。とりあえず人に読んでもらえるような状態にはなった。 イギリスの大学院で論文を書いた時のほうが苦しかったかもしれない。英語だったからか、それとも初めて論文を書いたからか。 明日は論文をプリントアウトし、無駄な箇所を削除したり、文章を手直しする。また第三者に読んでもらい、論理のつながりを見てもらう。2月中の完成にしたい。 昨年8月から執筆しはじめ、かれこれ7か月もかかってしまった。あと1週間、頑張りたい。

2月中に論文のドラフトを書き終えたい

論文の執筆を続けている。4月からまとまった時間を取れなくなるため、3月中は英語力増強や過去問を解く時間に充てたい。そのため論文のドラフトはどうしても2月中に仕上げたい。提出可能な最低限の水準でいったん執筆し、その後他人に読んでもらうなどの時間を取る。 現在、23000語程度を書いた。提出の際は20000字程度に収める必要があるので、まずは量を気にせず書き、その後一文ずつ音読しながら修正する。 改めて思うのは、フルタイムの仕事を持ちながら、それとは別に論文を執筆することの大変さだ。構成を練ることも苦しい。統計処理のデザインも苦手であった。今の仕事をしながら論文の核など、もう二度としたくない、と、自分の見込みの甘さを憂う。 だが、目の前の生徒が喜んで取り組んでくれたので、気持ちを切らせずにここまで書くことが出来たのも事実。新しい価値提案は、つねに苦しいものだ。 この連休中に最後のまとめと今後の課題について書く。来週は全体を整える時間とする。とにかく、提出できる水準のものを今月中に仕上げる。

Be original.

大切にしたいことと問われれば・・・ Be original. original=”not the same as anything or anyone else and therefore special and interesting” Cambridge Dictionaryにはこう定義されている。ほかの何物でもなく、それゆえに特別で興味深い、ということ。 目の前の子供たちを見ていると感じる。彼らは興味を抱いた対象に、全力でぶつかっていく。他者の目から自由であるとき、素の彼らは個性を爆発させる。好きなことに身をゆだね、自分自身でありたいと願っている。 originalであるときは、人との違いなど気にしない。自分の興味の赴くまま。そのとき人はいい表情をする。必ずしも笑顔ではない。引き締まった真剣なまなざし。ひょっとしたら無表情、でも頭はフル回転。こんなときは集中するので、疲れる。でもなんだか心地よい。 私は子供たちに”Be original”であってほしいと思う。他者と違うことは、異なる価値を社会に提供できる可能性をもつということ。個性を爆発させながら、社会をポジティブにできるとしたら、これほど素敵なことはない。 Be original. であるためには、努力も必要である。そうでなければ単なるわがままな奴と烙印をおされておしまいだ。 まず与えられた責任を果たし、社会に貢献する社会性をもつこと。自分勝手ではなく、社会の一員としてふるまう。孤立せず自分自身であるために、あえて他者と「交わる」のである。人と交流したとき、人は一番学ぶ。責任を引き受け、社会に貢献しようという人は、家の外でも居場所を作れる。ひきこもっていてはならない。 次に自分の想いを論理的に、かつ情熱をもって伝えるコミュニケーション力である。originalであることは、人と違うということ。時に周囲の誤解も生む。だからこそ、「相手は自分のことなどわかっていない」という前提に立ち、自分の想いを伝え続けるのだ。 三つ目は、価値創造の意志と行動だ。riginalであることは、それだけで特別であり興味深いことだ。それだけに終わらず、あなたにしかない視点や発想で、周囲をちょっと幸せにするような価値を創造する。自分の個性を活かせれば、あなたもちょっと幸せになる。 Be original.であることは、幸せに至る道だ。だが安易な道ではない。努力が必要だ。周囲と交わりながら、常に学び、行動し続けることが求められる。私は子供たちをBe original.であるよう励まし、そのための手立てを伝えていきたいと思う。

全国通訳案内士試験

昨日全国通訳案内士試験の合格発表があった。 全語学の合格率は8.5%。英語は9%であった。昨年よりも低下し、この試験の難化傾向が示された。 この試験は「合格を目指す」よりも、日本文化を学び、英語力も向上させるための目標、モチベーションツールとして使った方がよい。合格が難しくなる一方で、この試験の教育的価値はますます高まるからだ。 試験範囲の筆記試験は、英語は英検1級程度。そして日本歴史や地理、一般常識は、中学から高校の教科書を学びなおすことで、合格水準に達する。また通訳案内の実務は、インバウント接客の基本知識を身につければOK. そう、どれも特別なことを求められているわけではない。日本の教育を受けた日本人なら、合格できる内容なのだ。 本試験に取り組むことは、日本文化を世界に発信できる日本人になる第一歩だ。楽しみながら挑戦してほしいと思う。