2月と3月の予定

本日に概略を書き直し、ドラフト完成予定。2月中に身近な人に読んでもらう。 3月の予定 入試研究用のノート作成-高校入試用-大学入試用 高校入試問題の研究-過去問5年間を解く-学習指導要領の読み込み-中学校教科書の読み込み-論文の論点設定 大学入試問題の研究-共通テスト-GMARCH問題 入試問題の研究論文-100本探す

ファーストドラフトが完成

昨日から学習室にこもって論文執筆を加速している。2日間かけて、ようやくドラフトが書きあがった。27000字にもなってしまった。図や表を挿入し、体裁を整える作業も時間がかかった。とりあえず人に読んでもらえるような状態にはなった。 イギリスの大学院で論文を書いた時のほうが苦しかったかもしれない。英語だったからか、それとも初めて論文を書いたからか。 明日は論文をプリントアウトし、無駄な箇所を削除したり、文章を手直しする。また第三者に読んでもらい、論理のつながりを見てもらう。2月中の完成にしたい。 昨年8月から執筆しはじめ、かれこれ7か月もかかってしまった。あと1週間、頑張りたい。

2月中に論文のドラフトを書き終えたい

論文の執筆を続けている。4月からまとまった時間を取れなくなるため、3月中は英語力増強や過去問を解く時間に充てたい。そのため論文のドラフトはどうしても2月中に仕上げたい。提出可能な最低限の水準でいったん執筆し、その後他人に読んでもらうなどの時間を取る。 現在、23000語程度を書いた。提出の際は20000字程度に収める必要があるので、まずは量を気にせず書き、その後一文ずつ音読しながら修正する。 改めて思うのは、フルタイムの仕事を持ちながら、それとは別に論文を執筆することの大変さだ。構成を練ることも苦しい。統計処理のデザインも苦手であった。今の仕事をしながら論文の核など、もう二度としたくない、と、自分の見込みの甘さを憂う。 だが、目の前の生徒が喜んで取り組んでくれたので、気持ちを切らせずにここまで書くことが出来たのも事実。新しい価値提案は、つねに苦しいものだ。 この連休中に最後のまとめと今後の課題について書く。来週は全体を整える時間とする。とにかく、提出できる水準のものを今月中に仕上げる。