2020年の目標(1)

先日、時間が出来たので御岳山へ行った。電車→バス→ケーブルカーを乗り継ぎ、せっかくならと武蔵御岳神社まで向かった。以外に勾配がきつい。20分ほど歩いて、神社に到着。お参りし、御朱印帖を購入した。

山頂からは関東一円が見渡せる。スカイツリーだけでなく、筑波山まで見えた。大迫力だ。この地理的な特徴が、地域信仰を集めた理由かもしれないと思った。

2019年も終わる。毎年恒例、来年の目標を設定しないと。

数値目標は、
1)学術論文を1年に1本投稿
2)懸賞論文に毎年3本投稿
3)1200字の記事投稿を1週間に1本

1、論文の完成。2月中に論文を完成させる。

この半年間、一番時間をかけてきた。勤務校での実践を出版物にまとめることのできる機会だ。優先順位は1番。この3日間、出身大学の図書館に通い、1日5時間かけて文献を15冊ぐらい読んだであろうか。疲れ果てる。

使えそうな記載を京大カードに書き写し、並べ替える。筋が通るストーリーになったら、それをノートに書き出す。そしてようやくパソコンに打ち込む。先行研究の部分はほぼ完成した。

授業実践の部分は先月からコツコツ書いてきた。研究の方法は先週書いた。時間はかかるが、毎日続ければ前へ進む。論文は、文献を読み、こつこつ書くしかないのだろう。来年は、実験データの分析と議論部分だ。

2、家族旅行を計画し実行する。

家族の旅行を春に、退職祝いの旅行を夏に。今から準備する。

3、英文法の導入時、オーラルイントロダクションを事前にタイピングする

中学校の内容を指導するつもりで、文法指導を研究する。文法の導入は、題材を決め、オーラルイントロダクションの手法を用いる。事前に話す内容をパソコンにタイピングする。文法事項ごとに実践例を書き溜める。

知識を得るため、英文法はやさしいQ&Aや解説書など、20冊読破を目指す。

4、他の論文公募に応募する

アウトプットすること自体が目的。論文にできるような実践に取り組む。A4で12ページ程度まで。通訳案内士の資格を活用した授業実践を、MBAの知識と掛け合わせられないか。

5、大学院進学の準備

国内進学がメイン。修士のあと、博士課程も考えた選択を検討。授業の実践をベースにした研究がしたいので、TESOLでCLIL研究がよいのだろうか。海外であれば、図書館学にも興味がある。8年後のプランを描きながら、まず3年間の予定を決めたい。

Leave a Reply