2020年の目標(1)

先日、時間が出来たので御岳山へ行った。電車→バス→ケーブルカーを乗り継ぎ、せっかくならと武蔵御岳神社まで向かった。以外に勾配がきつい。20分ほど歩いて、神社に到着。お参りし、御朱印帖を購入した。 山頂からは関東一円が見渡せる。スカイツリーだけでなく、筑波山まで見えた。大迫力だ。この地理的な特徴が、地域信仰を集めた理由かもしれないと思った。 2019年も終わる。毎年恒例、来年の目標を設定しないと。 数値目標は、1)学術論文を1年に1本投稿2)懸賞論文に毎年3本投稿3)1200字の記事投稿を1週間に1本 1、論文の完成。2月中に論文を完成させる。 この半年間、一番時間をかけてきた。勤務校での実践を出版物にまとめることのできる機会だ。優先順位は1番。この3日間、出身大学の図書館に通い、1日5時間かけて文献を15冊ぐらい読んだであろうか。疲れ果てる。 使えそうな記載を京大カードに書き写し、並べ替える。筋が通るストーリーになったら、それをノートに書き出す。そしてようやくパソコンに打ち込む。先行研究の部分はほぼ完成した。 授業実践の部分は先月からコツコツ書いてきた。研究の方法は先週書いた。時間はかかるが、毎日続ければ前へ進む。論文は、文献を読み、こつこつ書くしかないのだろう。来年は、実験データの分析と議論部分だ。 2、家族旅行を計画し実行する。 家族の旅行を春に、退職祝いの旅行を夏に。今から準備する。 3、英文法の導入時、オーラルイントロダクションを事前にタイピングする 中学校の内容を指導するつもりで、文法指導を研究する。文法の導入は、題材を決め、オーラルイントロダクションの手法を用いる。事前に話す内容をパソコンにタイピングする。文法事項ごとに実践例を書き溜める。 知識を得るため、英文法はやさしいQ&Aや解説書など、20冊読破を目指す。 4、他の論文公募に応募する アウトプットすること自体が目的。論文にできるような実践に取り組む。A4で12ページ程度まで。通訳案内士の資格を活用した授業実践を、MBAの知識と掛け合わせられないか。 5、大学院進学の準備 国内進学がメイン。修士のあと、博士課程も考えた選択を検討。授業の実践をベースにした研究がしたいので、TESOLでCLIL研究がよいのだろうか。海外であれば、図書館学にも興味がある。8年後のプランを描きながら、まず3年間の予定を決めたい。

Odyssey Reading

多読学習の支援ツールを開発し、実践を続けている。 ワークシートのネーミングをどうするか。多読をするとき、イメージしてほしいことはなんだろうか。 MBAのナレッジマネジメントの教授が、”Learning is a risk taking activity.”といった。リスクを伴うチャレンジをしたとき、人は学ぶのだ。 読書とは、単に知識を得る活動だけではない。自分の人生を豊かにするための、知的な冒険だ。 本を読む前に、大胆な仮説や推論を立ててから読むとどうだろう。さまざまな可能性をいったん捨て、思い切って「こんな話だろう」「こんな単語が使われているかもしれない」と、自分の既存知識を活性化させる。 既存知識を活性化し、自分なりに話の筋を作ってみるからこそ、実際に読んだときに、本と対話ができる。自分の意見を持たない人は、相手と対話はできないはずだ。せいぜい「そうですね」と相槌をうって、意見に迎合するぐらいだ。 多読活動を、単なる楽しみを越える、「知的な冒険」と定義してみたい。読書前の活動は、いわば冒険の準備だ。丸腰で冒険するには、少々心もとない。思い切ってタイトルや表紙から内容を推測し、読書という冒険の地図を片手にぼ冒険を始める。 「地図」を基に、本の内容と対話しながら、話の筋を追っていく。読書中の活動だ。 読書を終えると、「冒険」を振り返る、読書後の活動が待っている。冒険の記録をしたためるのだ。この振り返りが、自分にとってこの「読書という冒険」がどのような意味があったのかを、はっきりと教えてくれる。 自分の人生を豊かにしてくれる本との関連性を見つけだす。スピーキングやライティング活動に生かせそうな表現を見つけ、「武器」を増やす。どんな話だったかを要約し、冒険を経験していない第三者へ伝える「冒険の記録」を作り、第三者に「冒険の語り部」として本を語る。 このプレリーディング活動→インリーディング→ポストリーディング活動の一連の流れで、私の生徒は1冊の本を深く味わうようなっていった。知的な冒険を楽しんでいた。 このワークシートを、Odyssey Reading と名付けたい。Odysseyとは、ホメロスの書いた、冒険の大叙事詩。「放浪冒険旅行」の意味だ。放浪には危険が伴う。多読という活動を、少しでも知的でエキサイティングなものにしてほしいという思いを込めた。 改良を引き続き加えていく。

授業に熱心に取り組む生徒に、進路を聞くと、ブライダル系だという。 何か将来のためになるような授業が出来ないかと思案していると、思い出した。結婚式を海外であげたことを。イギリス留学中、大学院の同期を招き、旧裁判所のホールを使った。 業者を通さず、妻と二人で現地人が使う式場を抑え、手配した。コーラスグループやカメラマンとの交渉も全て行った。 全て英語で式が進行するので、英語教材にもなる。イギリスの文化も学べ、海外志向も刺激できる。 年末でカリキュラム余裕があるので、「結婚式の様子をビデオで見てみたい?」と聞くと、関心を示していた。 個人としては恥ずかしいが、英語教師としては生きた教材提示、つまりauthentic materialsを持っていたことに気づく。 関連したパンフレット地域の記事を読ませてたり、結婚式の手配をシミュレーションさせる活動で、リーディングやスピーキングも養えるだろう。 あとは妻の許可が出れば、英語教材化して見たいものだ。http://learningshelf.net/en/2015/02/13/%e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%81%ae%e6%b5%b7%e5%a4%96%e6%8c%99%e5%bc%8f/