コミュニケーションを取り続ける授業

ある特別授業で、普段教えていない生徒がこんなことを話していた。

「コミュニケーション英語って科目、全然コミュニケーションしてないよね。英文を日本語で一方的に解説されて、終わりだから。英語のやりとりなんてないし」

普段教えていないクラスなので、他の先生をフォローし、「いろんなレベルの人がいるから、英語で授業するとついてこれない人が出てくる。だからあえて日本語を使って教えてくれてるんだよ」と伝えた。納得していない様子ではあった。

私が教えているクラスの生徒に「私たちの英語授業はどうかな」と振ってみた。

「こっちの授業はずっとコミュニケーションばっかりだよ」「ずっと俺たち話してるよね」という。そういう風に捉えていたのかと驚く。

最近は師匠から「授業構成がダメ」と厳しく言われていたので、少しスタイルを変えているが、生徒が集中して楽しそうに取り組むので、骨格は変えずにいる。

授業の流れはこうだ。Picture describing, oral introduction, 英問英答、など。全て英語で授業を行う。その後、本文の説明を15ー20分かけて、生徒と応答しながら行う。本文が長い場合、2時間かけて行う。

最近は思考力を養うため、アナログ教材を使っている。オーラルイントロダクションのレベルを下げ、生徒が内容理解をしやすいように調整している。生徒との応答を増やし、考えさせる場面を増やしているので、「コミュニケーションを取り続ける授業」と生徒が感じるのもわかる。

今日の別の授業では、新しいレッスンを導入したが、授業終了時間になると「え、もう終わり?」「先生の授業、時間すぎるの早いよ」と言われる。楽しい時間はすぐすぎるのであれば、私の授業は楽しいのだろう。これは昔から生徒によく言われる。

これはやはり嬉しい。この点は私の授業の強みかもしれない。

これはこれで良いことだが、一方で思考力を高め、生徒のできることが増えるような授業展開には課題もある。英文の細かな説明になると、つまらなそうな顔が増えるのも、私の指導法の未熟さからだ。改善したい。

そこで目の前の生徒の反応だけに頼らず、指導の基礎基本は身についているかという視点で観ると、謙虚にならざるを得ない。だから今後も師匠について指導技術を磨き、もっとwいい授業ができるようになりたい。