コミュニケーションを取り続ける授業

ある特別授業で、普段教えていない生徒がこんなことを話していた。 「コミュニケーション英語って科目、全然コミュニケーションしてないよね。英文を日本語で一方的に解説されて、終わりだから。英語のやりとりなんてないし」 普段教えていないクラスなので、他の先生をフォローし、「いろんなレベルの人がいるから、英語で授業するとついてこれない人が出てくる。だからあえて日本語を使って教えてくれてるんだよ」と伝えた。納得していない様子ではあった。 私が教えているクラスの生徒に「私たちの英語授業はどうかな」と振ってみた。 「こっちの授業はずっとコミュニケーションばっかりだよ」「ずっと俺たち話してるよね」という。そういう風に捉えていたのかと驚く。 最近は師匠から「授業構成がダメ」と厳しく言われていたので、少しスタイルを変えているが、生徒が集中して楽しそうに取り組むので、骨格は変えずにいる。 授業の流れはこうだ。Picture describing, oral introduction, 英問英答、など。全て英語で授業を行う。その後、本文の説明を15ー20分かけて、生徒と応答しながら行う。本文が長い場合、2時間かけて行う。 最近は思考力を養うため、アナログ教材を使っている。オーラルイントロダクションのレベルを下げ、生徒が内容理解をしやすいように調整している。生徒との応答を増やし、考えさせる場面を増やしているので、「コミュニケーションを取り続ける授業」と生徒が感じるのもわかる。 今日の別の授業では、新しいレッスンを導入したが、授業終了時間になると「え、もう終わり?」「先生の授業、時間すぎるの早いよ」と言われる。楽しい時間はすぐすぎるのであれば、私の授業は楽しいのだろう。これは昔から生徒によく言われる。 これはやはり嬉しい。この点は私の授業の強みかもしれない。 これはこれで良いことだが、一方で思考力を高め、生徒のできることが増えるような授業展開には課題もある。英文の細かな説明になると、つまらなそうな顔が増えるのも、私の指導法の未熟さからだ。改善したい。 そこで目の前の生徒の反応だけに頼らず、指導の基礎基本は身についているかという視点で観ると、謙虚にならざるを得ない。だから今後も師匠について指導技術を磨き、もっとwいい授業ができるようになりたい。

多読授業の標準テンプレート案

イギリスの大学院に留学した時の修士論文テーマは、「サービスの標準化」だった。この時の発想を元に、英語学習の基本フォーマットを開発している。 今は多読学習に標準を絞ってワークシートを作った。英語多読はリーディング力向上や、学習の自律性が高まるなど効果が報告されているが、普通の中学校や高校での導入は容易ではない。多読学習を成功させるには、いくつかの条件があるからだ。 まず十分な蔵書という物理的な面だ。300-500冊の本を揃えないと、自ら好きな本を選んで読むという多読の良さを体験できない。 次に生徒のレベルにあった選書を提案する教師側の提案力も必要だ。スラスラとストレスなく読める本を、段階的に提示するのは、教師の経験とスキルがいるためだ。 次に多読へのマンネリに対する対処もいる。生徒は初めは多読に関心を示すが、その後の取り組みには個人差が出る。単に洋書絵本を読むという行為は、単調だ。一部の読書好きを除けば、読書習慣のない生徒にとって、読書は楽しみではなく、強制された活動でしかない。単に本を読む時間を確保しても、生徒がうわの空なら時間つぶしの域を出ない。 だから多読指導には工夫がいる。多読学習を可視化させ、五感を使った活動を取り入れると、モチベーションが維持できる。 そして多読授業の一回一回に、小さな喜び、もっと力を伸ばしたいと思えるフィードバックの機会を設けると、生徒は達成感を感じやすくなる。その結果、生徒は目の色を変えて読書に取り組む。英語のスコアも伸びる。 こんなことが可能なのか。今はそれを検証している。多読を取り入れたい人のためのワークシートを作り、実際の生徒の変容を追っている。 ワークシートの良さは、作業が標準化されているので、指導側の経験やスキルに左右されず、一定の水準で多読授業を行うことができる点だ。生徒に提供するサービスの質的バラツキを抑えられるので、安定した授業展開が期待できる。 こう言った発想は、多読教育にはみられなかった。多読指導は司書的な要素が求めれるので、どうしても経験豊富な読書好きの教師の得意分野となってきた。だから異端的なワークシートを用いた多読学習は、すでに多読を実践している方からは、理解を得られないかもしれない。 私の立ち位置は、多読へのマンネリ打破や達成感upのための「多読学習支援ツール」提案、である。教師にとって、あくまでTPOに合わせて必要な場面で使える武器の一つに過ぎない。 このワークシートを4ヶ月も使い続けると、生徒も少しずつかわっていくのを感じる。英語を読むだけでなく、書いたり話したりすることへの抵抗も無くなってきた。さらなる実践を続け、論文にまでまとめたい。

「あなたの授業に一番かけているものは、芝居っ気だよ」 私の授業をみた師匠はいう。ではなぜ演じなくてはならないのか。淡々と冷静になって授業してはダメなのか。 「こんなこと誰も言わないからいうけどね、ほんとは、生徒は優しく騙されたいの。つまらない勉強も、先生にうまく導いてほしいと思ってる。彼らは心のどこかで、やる気にさせてほしいの。」 そんなものですか、と答える。こんなこと、聞いたことない。 「人を騙せなければ、いい教師にはなれないよ。」 ハッとさせられた。 教師はものを教えるのが仕事だ。でもそもそもやる気のない人には、教えることはできない。まず学ぼうというレディネスを高めるのが必要なのだ。 そのためには、あらゆるリソースを使って生徒をやる気にさせなければならない。「優しく騙されたい」という心理があるなら、教師は芝居っ気を出し、学びたいという意欲を刺激した方が良いのだ。 これを意識して、生徒の表情が重いなと感じると、授業開始時に一芝居を打つようになった。 世界が我々の英語教育に注目している!と、この学校の先取的な英語学習の素晴らしさを、問いかけながら熱く語りかける。 生徒は「またかよ」と失笑しながらも、聞いている。 しばらく経つと、周囲の同僚から「先生、モチベーションない生徒の前で、今日も授業頑張ろうって、熱く語ってるらしいですね」と言われる。 生徒は教師をよくみているものだ。芝居がかっているのも理解する。それで目の前の人がちょっとでもやる気になってくれればいいのだと思う。