ドリル型学習より、多読を楽しむ学習を

小学3年生の姪が、「英検5級受かったよ、ありがとう」と連絡してくれた。

ちょうど1ヶ月前、「勉強の仕方がわからない」と、深刻そうに相談してきたので、一緒に対策を考えた。

通っている英会話教室では、小学1年から週二回、グループ会話と文法の授業を受けているという。文法は、単に穴埋めや並び替えのドリル教材ばかりやるそうだ。また幼稚園の時は公文式の英語も習っていた。

しかし、模試では合格点に届かず、4-5割の正答率だ。勉強の仕方を聞くと、驚いた。過去問を開き、自分で解かずに、答えを見て、正解の選択肢に丸をつけたり、答えの単語を書き込んでいるだけだった。

リスニングも全く解いていなかった。そこで、自宅で過去問cdをかけ流すようアドバイスした。とにかくリスニング問題を解いて、と。

それでようやく合格した。ホッと一安心。

「cdの掛け流しをつづけてる?」と聞くと、「試験で疲れちゃって、いま休憩中」という。

ドリル型学習の限界だ。意味重視の楽しいと思える音声に触れないと、英語嫌いになる。と思った。

Meaningful learningは、モチベーションを保つために重要だと。多読多聴学習の良さは、そこにある。

そこで、Oxford Reading Tree のstage1+(韓国のサウンドブックタイプ)を見せて、試しに触らせた。きれいな英語の音声が即座に出るペンがついていて、ORTが音から楽しめる。姪も楽しい、という。

親を説得し、私が韓国からサウンドブックセットを購入することになった。13,4万円程度するが、日本の代理店を経由すると20万は超えてしまう。日本のOxfordで購入すると、音声ペンの性能が落ちる。韓国からの購入が一番よい、ということで、人肌脱ぐことにした。

母親が、「この単語の意味はなに?と娘に聞かれたんだけど、私はわからなくて答えられなかった。日本語訳はないの」と不安そうに聞いてくる。私は、「日本語に訳さず、英語のままに楽しんでほしい。わからないことに対する耐性も、英語力をみにつけるのに必要だよ」と伝えた。

ただ、英語がまったくわからない親と子が、英語のみのORTのサウンドブックに取り組んでも、途中で挫折する可能性がある。英語力のある親が、導いてあげれば、壁も乗り越えられるが。。。。そこで、私の妻が「ORT全部の日本語訳を作ってあげるよ」と、援助を買って出た。安心したようで、「それなら取り組んでみる」と笑顔になった。

身近な子供に、どうしたら本当の英語力を身につけさせられるか。これを真剣に考えることは、将来の英語塾立ち上げにつながるのかもしれない。大手英語学校で行われている、ドリル教材ばかりやって、英語を嫌いになったら元もこもない。小学生のうちは、音声重視。面白い英語の本を、音声を聞きながら楽しむだけでよいのだ。内容に集中し、正確な理解は後回し。そうすれば、ドリル学習をやりすぎて疲弊することもない。楽しみのため、時折声にだしてもよい。

身近な子供に、どうしたら本当の英語力を身につけさせられるか。これを真剣に考えることは、将来の英語塾立ち上げにつながるのかもしれない。大手英語学校で行われている、ドリル教材ばかりやって、英語を嫌いになったら元もこもない。小学生のうちは、音声重視。面白い英語の本を、音声を聞きながら楽しむだけでよいのだ。内容に集中し、正確な理解は後回し。そうすれば、ドリル学習をやりすぎて疲弊することもない。楽しみのため、時折声にだしてもよい。