無職になったときに自分を支えてくれるもの

会社を辞めて英国の大学院に留学し、MBAを取得したあと、あるベンチャー企業の経営企画職に就いた。会社の財務全般を管理する重要な仕事であった。

給料もよく、経理の経験を積めるとおもい、100人程度の企業で、社長の右腕として仕事を始めた。

仕事は刺激的で、学びも多かったが、英語教師になりたいという思いは募るばかり。通信制大学に入り、働きながら教員免許を取ることを目指した。

教育実習で3週間会社を休まなければならない。これは会社に認められるはずもないので、教員免許取得前に会社を退職した。つまり、ある期間、妻も子供もいるのにもかかわらず、無職の時期を過ごしたのである。

退職すると、自分は社会的には何物でもないことを嫌でも気づかされる。肩書もなく、収入もない。無力な存在である。自尊心もずたずたになる。この時の経験は忘れなれない。自分を語る肩書、資格を持たなければならないと思った。

教員になったあとも、仕事を辞めた後のことを常に考えていた。私は○○です、といえる何かを得たい。その一つが、全国通訳案内士であった。

国家資格であり、名刺にも記載できる。マイナー資格とはいえ、実力と経験があれば、少なくともお金は稼げる。役に立つかはわからないが、少なくとも自分の専門である英語力の証明にはなる。自分の精神定のためにも、取得したいと思って取ったのである。

仕事をやめて無職になったとき、自分を支えてくれるものは、「私は○○です」と胸を張って言える肩書である。無職を経験したことのある私は、これをもっているかいないかが、大変重要だと痛感している。

なんでもいい、自分を語ってくれる資格を取ることが、精神的に自分を支えてくれる。