8 国家資格「全国通訳案内士試験」は、なぜ大学生が受験すべきなのか(3)

 第三の理由は、数多くの資格の中で、通訳案内士は、日本人である強みを最大限に生かすことのできる試験であるからだ。観光地で多く目にするのは、通訳案内士が語っている英語を、訪日外国人は身を乗り出して聞く場面だ。ここにヒントがある。例えば東京の浅草寺を想像してほしい。日本文化を英語で説明しているアメリカ人と、同じく日本文化を英語で説明している日本人がいる。外国人観光客にとって、どちらが信用できるか。当然後者であろう。しかも相手が国家資格を保有している日本人ガイドであれば、尚更話を聞きたくなるのは人情だ。

私が英国の大学院に留学した時、よく週末に妻と観光へ出かけた。その時によく利用したのは、現地の観光ガイド案内であった。英国人のガイドから観光地の説明を聞き、彼らの歴史への考え方や、大切にしているものを感じ取りたかったのだ。特にイングランド北部のヨークで受けた「古城観光ガイド」は、2000年の歴史を感じさせるガイドとして深く記憶に残っている。やはり、観光地で「現地人」の専門ガイドから説明を受ける、という行為自体が魅力があるのだ。

外国人にとり、その文化を体現した職業についている自国人は魅力的な存在である。2005年にタイのバンコクで軍事クーデターが起こった時、私はワットポーでタイマッサージ師の資格を取得するため研修を受けていた。そこで出会ったドイツ人の理学療法士が、私に勧めたのは、鍼灸やマッサージであった。「日本人なら、タイマッサージよりも鍼灸や按摩ではないか。外人であるドイツ人が鍼灸をするより、日本人が鍼灸をしたほうが、外国人には魅力的である。」彼の言葉は、日本人であれば、通訳案内士として日本文化を伝えることは、日本人にしかできない、日本文化を体現する仕事であることを裏付けている。

もちろん日本人の通訳案内士も、欧米人ネイティブのような完璧な英語をはなせるわけではない。それでも、日本人の通訳案内士から英語で説明を受けたいという需要が厳然として存在する。国内外を問わず、観光地を訪れた旅行客は、現地ガイドとコミュニケーションをとり、その国の文化を知りたいのだ。だからこそ、多くの資格の中で、通訳案内士は、日本人である強みを最大限に生かすことのできる試験である。

若い旅行客は、同世代のガイドと関わることを希望するものだ。若いフレッシュな視点で通訳ガイドが行われることは、日本の観光業を一層活性化させる。ぜひ高校生や大学生の方に全国通訳案内士試験へ挑戦してほしい。 c