多読本セットを買い足す

多読本のセットを買い足すことにした。約60冊で、音声も付いている。音声は英語に苦手意識を持つ人には欠かせないので、やさしい本はあえて音声付きのものに絞った。 これで本は600冊ほど確保できた計算になる。しかし多読クラス用の文庫量としてはまだまだ少ない。 英語が苦手な人向けに、必読書用のセットを揃えているので、収集に時間がかかる。必読書は量ではなく質にこだわり揃えた方が良いだろうという発想からだ。 多読クラス立ち上げには300万円ないと、十分な蔵書量を確保できないというか人もいる。まだそこまでの資金力はないので、細々と音声付きの洋書絵本を集めて行くつもりである。 ORT stage1~12 348 titles     輸入価格で160000円 輸入 ORT Explorer 54 titles     輸入価格で50000円 輸入 Oxford Reading Tree – Traditional Tales  20冊 Oxford Read and Discover Library Set 60 titles  86400円 購入 ※ World History Reader 1~6 60 titles ( not orderd yet )  69984円 english books →購入 Oxford Reading Tree Trunk Pack B (Stage 5, 6, 7, 8, 9 Stories Packs) 5 …

Continue reading ‘多読本セットを買い足す’ »

韓国からORT(Oxford Reading Tree)を個人輸入する

ORTのサウンドブックを購入することに決定した。日本のOxford出版では購入できないため、韓国製を使用予定。 ORTを授業で使用しているが、やはり音声があったほうが、生徒の興味は引き出せるし、意欲も続く。しかし音がないと、絵本を眺めているだけの生徒も出てきていたので、このままだと多読の効果に疑問が出ていた。 日本の代理店で購入すると、ORT348冊が23万円強である。自分で韓国の業者 inbooksに連絡して購入する場合、16万円強と6万円ほど安い。 またORT Explorerも、日本の代理店では6万円程度だが、韓国からの輸入の場合は3万3千円ぐらいと、こちらもやすい。 ORT二つのシリーズは400冊ぐらいのセットになる。結構な冊数だ。これを日本の代理店で購入すれば30万強だが、個人輸入では21万ちょっとで済む。1冊450円程度。これは安い。 英語でのメールのやり取りをして、請求書を発行してもらう。そしてウォンの確定送金をすれば、購入手続きは完了する。 身銭を切って教材を少しずつ買い足し、自分の多読蔵書を充実させていくことを考えている。まず500冊、1000冊と初学者用のやさしい洋書を買い集め、3000冊程度まで増やしてみたい。 https://www.aftership.com/ja/couriers/korea-post