MBAでの学びが英語教師の仕事につながった瞬間

昨年末に作り始め、最近まで改良を続けていたワークシートがある。

様々な研修や文献を読んで、生徒の読書に「深い読み」を与え、併せてライティング力やスピーキング力を高められるように作ったものだ。生徒の反応を見ながら調整し、半年かけて作ったといえる。

このワークシートを授業で使うと、生徒の目の色が変わる。どのレベルの生徒でも、読む活動が深まり、ライティング力や話す力を高められる。15分から20分ほどの活動であるが、使うたびに手ごたえを感じている。生徒の内発的な意欲を引き出す仕組みを取り入れているから、生徒も負荷を感じながらも楽しそうである。

自分で教授法を開発し、それを目の前の生徒に提示することは、結構しんどい作業だと、最近感じる。それは、自分の好きなものを相手にさらけ出し、「私がいいと思うものだから、気に入るよ。あなたたちもやってみて!」とお願いしていることと同じだ。

とくに実践例のない活動であれば、なおさら生徒の反応が怖い。だからこそ、そんな不安に負けないために、教師の信念と情熱が必要である。

生徒からの感想を毎回求めている。改善に役立てるためであるが、生徒のコメントはおおむね好意的であり、安心する。

自分で仮説を立て、プロダクトを作り、それを実践する。結果を集め、検証し、改善につなげる。この作業が、本当にエキサイティングである。日々の仕事が、やらされる業務から、研究に代わるのだ。

このワークシートについて同僚から「みせてほしい」と言われたので、二つ返事で説明した。

驚くほど激賞された。「お世辞抜きに、大学院の研究レベルの教材ですよね、これ。使わせてください」とまで言ってくれた。

実はこれ、ある団体の教育研究企画に投稿し、評価されたアイディアである。斬新な内容であるようだが、現場の教員が見てもかなり「使える」と思える内容に仕上がっているようだ。

ワークシートとは、標準化の形態である。授業の質を均質化し、再現性を高める。だからこそ同僚も使いたいと思ったのだろう。そもその私は英国のMBAで「サービスの標準化」について研究していた。この時の経験が、英語教師になって活きるとは思わなかった。MBAでの学びが、無関係であるはずの英語教師の仕事とつながった瞬間である。

あるベテラン英語教員は、「英語教師は教授法実践と研究テーマの2つを持つべきだ」と語っていた。同感である。英語教師はセミナーに行って教授法のネタを仕入れるだけでなく、みずから研究者として問いを立てて論文を書くべきだ。それが結果として、目の前の生徒の利益になる。