国内旅行取扱管理者 申し込み

国内旅行取扱管理者試験を申し込みました。 通訳案内士試験の準備が手薄になる恐れもありますが、地理試験範囲の対策で相乗効果が見込めることもあり、挑戦します。 Esdic のメール講座を解くと、地理旅行検定の対策をしたことで、苦手だった地理がすんなり理解も深まりました。この検定は地理の基礎知識を広げるのに有効だと感じます。 国内旅行取扱管理者試験は、あわよくば合格を目指したい。特に国内実務の範囲である日本地理の部分は、通訳案内士試験の基礎固めとしてコツコツ問題を解くつもりです。

地理旅行検定 3級受験

地理旅行検定3級を受験しました。自宅でのインターネット受験で、会場受験より合格基準点が5点ほど高く設定されている。75点以上で合格。 私は地理が苦手で、藁をもすがる思いで通信教育を始めた。3回のレポート提出で、ざっくり地理感を得られた。 3級は、通訳案内士の地理科目の一部だけでなく、国内旅行取扱管理者の試験範囲と重複している。 地理旅行検定3級→ 国内旅行取扱管理者→通訳案内士 地理合格 または免除 と目指すことは、資格合格の可能性を高めるはずです。

全国通訳案内士 日本地理の勉強法

私は日本地理が苦手です。昨年度の試験は、44点程度で不合格でした。 そこで学習法を変えました。 今取り組んでいる、通訳案内士の日本地理の勉強法は以下の通りです。 1、JTBの地理旅行検定 受験対策用の通信講座テキストに取り組む 2、地理旅行検定(3級)を受験する 3、ESDICのメール講座(5000円)を受講する 4、同時並行で、国内旅行取扱管理者試験を準備し、受験する(日本地理の免除が目的)。 地理旅行検定を勉強すると、日本地図が頭の中にイメージしやすくなると思います。 また、この検定は全国通訳案内士試験の地理と、傾向が似ているところも若干あります。 なによりも、知識が増えていくので、知的に楽しいです。 明日は地理旅行検定の受験です。頑張ります。