使わなければ、失われてしまう言語能力

先月末から、インターネットでのディスカッション授業を毎日続けています。 今日は23回目でした。 4パラグラフ程度の英文記事をもとに、ボキャビルやディスカッションする内容です。 価格は一回25分、200円程度ですが、多様なテーマについて英語を話す習慣が身につき、発信語彙が広がっていく感覚です。 たかが25分でも、馬鹿に出来ません。 事前に30分ほど使って、音声教材を聞きながらディクテーションし、負荷をかけた学習を心がけています。 英英辞書で語彙を調べてノートに筆写したり、ディスカッションで話すコロケーションを事前に調べたりと、出来るだけの準備をします。 記事は多岐に渡るため、自分の話し易いテーマばかりではありません。だから時折話せない苦痛も感じますが、こうした習慣の積み重ねが、どのようなテーマでもなんとか意見を発せる英語力につながっていくのでしょう。 ある程度の英語力がある人が、英語力の維持と強化を目的とする場合、このディスカッション授業は強力なツールです。 これまでは、格安のインターネット英会話なんて、効果なさそう・・・と思っていましたが、取り組み方次第で素晴らしい学習習慣作りのツールとなり得ることに気づきました。継続は力なり。 英語に関わらず、言語能力は、使用しなければ容易に失われてしまうものです。 私は大学時代、ウズベキスタン共和国に留学して、ロシア語で授業を受けたり、現地人にロシア語で交流し、実地調査していました。必死にロシア語辞書を引き、単語カードを作って、言葉を覚えたものです。 しかし、大学卒業後はロシア語から遠ざかってしまったため、いまはもう話せません。せっかく覚えた外国語能力も、使わなければ消え失せてしまうのです。なんと悲しいことでしょう。 それだけ一層、英語に関しては、そうはなるまいと心に決めています。 大学院留学したあと、なんとかして英語力を維持し、さらに向上させたいという、強い想いを抱いています。インターネット英会話は、そのための一つのツールとなり得ます。 インターネットのお陰で、格安で英語を話す習慣を確立できる。なんとすばらしいことでしょう。誰しもが、アウトプットの機会は十分作れます。 あとは、如何にして良質な英語のインプットを地道に続けるか、です。 英文暗唱、ディクテーション、コロケーション暗記などを試していますが、インプットについても良い習慣を確立したいと思います。

大切なものを、まず先に。

人生の優先順位についてのお話です。 http://academictips.org/blogs/moral-tale-the-important-things-in-life/ http://academictips.org/blogs/moral-tale-the-important-things-in-life/ 人生で本当に大切なものを決めておかねば、しらないうちに大切ではないもので、人生が埋められてしまう。 大切なものとは、その他がすべて無くなったあとでも、あなたの人生が満たされるもの。 家族、パートナー、子供、健康・・・。 これらが如何に大切か、当たり前すぎて、なかなか気づけないものです。失って初めて分かるものでしょう。 アイデンティティーや社会との接点として、仕事ももちろん大切ではありますが、最重要なものではない。仕事が無くなっても、家族との結びつきや、健康があれば、人生は満ち足りたものとなり得ます。 打ち込むことで、すぐ達成感を得られるのが仕事の怖さでもあります。 自分で優先順位を決めること。さもなくば、誰かに人生の優先順位を決められてしまう。 そんなお話でした。