『700選』と『英文解釈教室』は、どうリーディング力向上につながるか

英文を「文レベル」ですっきり捉える読解力をみにつけるために、『700選』と『英文解釈教室』はおすすめです。 先日『新・基本英文700選』を、日本語をみて瞬時に英語で音声化するトレーニングを続けて、全文の暗唱を終了しました。 方法は単純です。暇さえ有れば、CDを聴き、とにかく英文に慣れる。発音とイントネーション、音声変化を簡単に分析し、シャドーイングします。 筆写はせず、あくまでオーラルだけを使い、日本語を見て英語に変換します。 筆写すると、それで安心してしまうため、あえて記憶に負荷をかけるため、口頭で暗唱しています。 うまく変換出来ない場合、英文をみて口慣らしを行います。 ※効果 地味で辛い作業ですが、たしかに効果はあります。 たとえばスピーキング。海外でなんとなく話せるようになったが、ブロークンな英語が染み付いている場合も、こうした英語構文やコロケーションをトレーニングすることは、ブロークンの矯正につながります。 しかし、700選は、口語表現だけでなく、堅い書き言葉が多いため、暗唱する必要性に疑問をお感じのかたもいるかもしれません。 このあたりの「ごちゃまぜ感」がこの例文集の弱みでもあり、また文章表現を広げてくれる強みでもある気がします。 さて、700選を暗唱すると、リーディングが楽になります。 これには前提条件があって、先に『英文解釈教室』を読了しておくことがよいと思います。 文法や構文解釈の基礎力がないと、せっかく700選だけを暗唱しても、単なる文章の丸暗記になり、覚えた文章を活用する段には進みにくいのです。 最近はThe Economist espresso という、エコノミストのサマリー版を読んでいますが、これはエコノミストより短めで、単語レベルも文章も軽めです。驚く事に、700選で登場する文法やコロケーションと頻繁に出くわしますので、非常に楽によめます。 例えば倒置の文章を暗唱できるようになると、実際の英文に触れた時、素早く解釈ができます。 このあたりは、700選の暗唱だけでなく、『英文解釈教室』とセットで勉強することで、英文を文法的にすっきり捉えるリーディングの力がつくと思います。 一方で、文章の要旨を捉えるパラグラフリーディングなどのスキルは、当然ながら『700選』、『英文解釈教室』では学べません。 これらの本で英文構造をすっきり捉えられるようになったら、次は速読やパラグラフリーディングスキルを学ぶと良いと思います。大学院での勉強や、英文雑誌の読解にも役立ちます。 ※暗唱の課題 理解した英文を音読し、日本語を英文にすらすらと暗唱をすることは、input→intake→ outputのプロセスと言えるのでしょうか。この辺りは私にはまだよくわかっていないのですが、英語に触れる機会の少ない、EFL下の日本では、有効な学習法の一つかもしれません。 効果はある一方で、暗唱は辛い作業でもあります。もっと楽しく暗唱作業ができないだろうか・・・と課題も浮かんできます。 イギリスではノンネイティブが英語を学習する際、「コロケーションを覚えよ」とは言われますが、苦痛を伴う英文の暗唱などさせません。つまり700選の暗唱などは、世界的にみると極めて異様な学習法かもしれません。 ※苦痛の少ない暗唱方法 苦痛の少ない暗唱方法は、こんな感じでしょうか。 1)英文を文法・語法的に理解する。理解していない文章の暗唱は無意味。 2)音声分析する。発音・音声変化・イントネーションを意識し、正しい発音で英文を読めるようにする。音声を重視する。 3)理解し、音声分析が終わった文章を、繰り返しシャドーイングする。 4)時折、日本語→英語文章を口頭で生成できるか確認する。 英文を文レベルですっきり捉える力をみにつけるために、『700選』と『英文解釈教室』はおすすめです。 関連記事 「新・基本英文700選』 ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット 総論」 http://learningshelf.net/2015/03/18/『新・基本英文700選』を暗唱するベネフィッ/ ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット ライティングについて」 http://learningshelf.net/2015/06/24/『新・基本英文700選』のベネフィット〜ライ/ ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット スピーキングについて」 http://learningshelf.net/2015/03/06/新・基本英文700選などの構文暗唱でスピーキ/ ⇒「「英文読解教室」を読了して」 http://learningshelf.net/2014/12/28/英文読解教室を読了して/

翻訳体験

ある人から、英文記事の翻訳を依頼されました。 企業紹介記事です。 比較的短時間で翻訳したのですが、気づいたことがありました。 この4ヶ月間、英文法を基礎から学び直し、パターンプラクティスや口頭英作文を繰り返した結果、文章を確信を持って翻訳することが出来るのです。 これまではさっと読んで、なんとなく推測して終わり、でしたが、ごまかさずに翻訳出来ているな、と実感。 思った以上に、楽しい経験でした。 あらためて、文法基礎は重要であり、しっかりした基礎が築ければ、応用も可能となることを痛感しました。 どんな技能でも、大きく飛躍したいのなら、一旦一歩二歩下がって、地道に基礎を固めることは、有効かもしれません。 さて、基礎力強化に役立つパターンプラクティスや口頭英作文(日本語をみて、瞬時に英語に訳す)ですが、難点は単調なため飽き易い点です。 また、基礎力強化を、大学院レベルのディスカッションやライティングに繋げるには、別の活動も不可欠です。 それぞれのトレーニング手法をうまく繋げて、英語力強化の方法を確立したいなと考えています。

プライマリーリサーチ

2012-07-07 13:03:42 往復4時間掛けて英語学校を訪問し、べったり張り付いて、生徒にお願いし毎日アンケートを集めています。 自分なりに問題点の仮説をたて、データを集めてそれを定量的に分析し検証する。 回答に15分ぐらいかかるので、文字通り頭を下げてお願いする。これほどデータ集めが大変とは思いませんでした。 この英語学校の理念に共感しているので、経営学の知識を利用してもっと普及させたい。その一念でとりくんでいます。

MBA semester2の総括

2012-07-11 08:55:44 日本への一次帰国中、MBAのSemester2 成績が届きました。 今回もすべてパスし、満足できる成績だったので、素直に喜びたいと思います。 TOEIC240点からスタートし、ようやくここまでたどりつきました。 無我夢中で吐きそうになるほど勉強したSemester1に比べ,MBAの勝手が分かったSemester2は比較的楽でした。適度にブレーキとアクセルを踏み分けることができたためです。 これであとは25000ワードの卒業論文を残すのみ。 先週は日本にある英語学校にお邪魔し、1週間かけて60人ほどにアンケートとインタビューを行いました。現在はデータの集計と分析を行っています。膨大な量なので、集計もひと苦労です。 アンケートにご協力いただいた生徒から何度も同じような質問を受けました。 英語に関してというよりは、留学の決断についてです。 「なぜ大企業をやめ、すべてを捨て去ってイギリスの大学院に留学したんですか?」 「資金はどうしたんですか」 「いったいこれからどうするんですか?大丈夫ですか?」 あまりにも似たような質問を受けるので若干閉口しました(笑)が、話せる範囲で丁寧に回答させていただきました。 感じたのは「状況が許せば、きっと皆さん留学したいんだろうな」ということです。 MBAが終わろうとしている現在は、自分でリスクを取っているという感覚は全くないのですが、確かに会社をやめて留学する決断に揺れていた時は、随分と怖かったですし、悩んだのを思い出しました。 でも不思議なことに、今は「何をしてでも生きていける」、と楽観的です。 もう大企業で働くつもりはなく、留学中に感じた自分の問題意識、志を実現するために働きたい。 留学でありとあらゆる国・階層の人と出会った経験が、私の視野を大きく広げてくれたのだと思います。 やりたいことがあっても、多くの人はリスクが怖くて踏み出せない。転職も留学も起業も、おそらく同じでしょう。 リスクテイク出来るひととできない人の違いは、どうしても実現したい志や、後悔したくないという思いがあるかどうかではないでしょうか。 その道を選べば不利益、困難が想定される。安定を失う。怖い。 それでも挑戦したいのか。その意思が問われている。 MBAの最終プロジェクトは、そんな私の志を形にする第一歩です。

日本で英語を学び続ける難しさ

2012-07-17 17:10:43 日本に一時帰国して2週間、ほとんど英語を使用しませんでした。 Financial timesは毎日チェックし、Economistも主要記事は読んでいましたが、それでも英語の使用頻度はイギリスにいたころと比べて圧倒的に少なくなりました。 リサーチやら何やらで目が回るほど忙しかったことも理由の一つですが、日本に本帰国したらどのように英語学習を継続するかが目下の課題となりました。 考えられる選択肢を挙げてみます。 ・英語の日常的に使用する職種に就く ・英語学校に通う ・プライベートレッスンを取る ・英語カフェに顔をだす ・英語学習サークルを立ち上げて仲間を募り、学習を習慣化する ・英語の資格を勉強する ・Harvard business reviewなど有料雑誌を購読し、英文を読むモチベーションを作る ・BBC Worldを契約し、常時英語のニュースで情報を取る ・海外の通信制大学院などに入学し、英文の読み書きの必要性を作る ・英語ブログを毎日書く、留学1年目と同じように ・洋書の書評ブログを始める ・・・ いろいろと方法はありますが、問題は日本で英語を学習し続けることのむずかしさ。 英語を使わずとも、生きていける。英語ができない情けなさをあえて味わう必要もない。 極東の島国で激しく英語を学び続けるには、必要性に身を置く、せざるを得ない状況を作り出すことが、何より大切なのかもしれません。 日本に帰国したMBAの先輩に話を聞くと、業務で全く英語を使わないため、留学したことがまるで活きないし、留学したことすら忘れ始めている、と話す人もいました。 MBAを取って、それをどう使うのか。この決断が非常に重要と感じます。