『英文解釈教室(改訂版)』を読了して

英語リーディングの時代の流れは、「比較的易しい大量の英文を、高速で処理し大意を把握する」、多読や速読の方向に進んでいます。中学英語教育でも、英語で全てを教える、「オールイングリッシュ」が導入されており、この流れはいっそう顕著です。 簡単な英文を読むのであれば、これはこれで良いのですが、しかし、ある程度のレベルの文章を実用レベルで読めるようになるには、どこかで地道な精読を繰り返しておかないと、多読や速読が単なる「誤読」の積み重ねになってしまい、英文を読み続けても、英語力の伸びがとまってしまいます。 やはり、英語の読解力を高めるためには、まずは精読比率を多くし、精読になれてきたら、徐々に多読比率を増やすほうが、結果として高度な英語読解力を養成できるのではと思います。 そんなこんなで、イギリスの大学院を卒業し、大量の文献、The EconomistやTimeを読んでいる(読んできた)ことで、英文の処理能力は高まった一方、英文を正確かつすっきり解釈する力を身につけられないだろうか・・・という課題も抱いていました。 そこで、もう一度「精読スキル」を鍛え直したいと、年末の時間を利用して、3週間かけて伊藤和夫著『英文解釈教室(改訂版)』に取組み、ようやく読了しました。結論から言うと、英語を文単位で文法的に正確に捉えられる力、まさに英文の解釈力が鍛えられる感覚です。 314ページと分厚く、また、どの文章も文脈と切り離されており、読み切るのに非常に骨が折れましたが、英文をどのように直読直解するのか、それを他者にどう説明するのかが、よく理解できました。「文レベル」で正確に英文を理解するために、非常に優れた本だと思います。 もしあなたが高校生なら・・・ 難関大学以外を志望するかたでこの参考書に取り組むことは、正直言っておすすめしません。この本の問題は、挫折しやすいところです。大学入試で求められる英文レベルを越えており、オーバースペックと言えます。しかし、基礎力に自信がある。将来英語を使ってThe economistレベルの雑誌などを読みたいと思っているのであれば、有効だと思います。 独学で『英文読解教室(改訂版)』に取り組もうとすると、10中8、9は挫折します。本の分厚さと、その難解さが原因です。英文も解説もかなり難解なので、基礎力がないと途中で挫折してしまいます。 これは仮定ですが、英語レベルがCEFRのB2からC1レベルであれば、更なる高度な読解力を鍛えるために有用ではないかと思います。英文の処理能力は高まっているが、今ひとつ正確の捉えられない、という課題を持った方には有用といえます。十分な英語運用能力が無いのに本書に取り組むのは、挫折を招きますし、また実用的な英語力増強にはあまり効果的ではないと思います。 もしあなたが英語読解力を鍛えたいと願う、大学生や社会人なら・・・ この参考書にチャレンジすることをおすすめします。英文の解釈力が、飛躍的に高まるからです。The economist, Timeなどの雑誌も、単語力があれば楽しく読めるようになります。 この本は、あくまで「英文読解」の参考書です。英文一文一文を文法構文的に正確に捉える力を養うことを意図して書かれています。つまり、海外の語学学校のリーディング授業で学ぶような、トピックセンテンスの探しかた、論理展開の見破り方、情報のスキャニング、スキミングなどで文章の本旨を捉える力を鍛える「リーディング」の本ではありません。このあたりを意識されて、今の自分にこの本が必要か考えてみるのも大切かもしれません。   読了するためには、読み方にコツがあります。 まずは自分の英語力に、できるだけ謙虚になり、中学と高校の英文法項目から復習しなおすこと。地道に、知識の抜け漏れをつぶすことです。中学、高校の英文法書を通読するなどが ◎。 この文法の基礎がためが出来ていれば、『英文解釈教室(改訂版)』が、わりかし楽しく読めると思います。 『英文解釈教室』を読了したら、次は『英文700選』を暗唱するのがおすすめです。 理由の一つは、『英文700選』は解説がすくなく、これだけで暗唱しようとしても、構文や文法事項の理解が浅くなり、挫折は必至です。その点、『英文700選』と『英文解釈教室』は内容がかなり重複していますので、解釈教室を読了したあとであれば、スムーズに暗唱が行なえます。 もう一つの理由は、『英文解釈教室』の内容を含む『英文700選』を暗唱することで、英文解釈教室の知識を、実際に使える技能に血肉化できるからです。 問題点もあります。『英文700選』は、あまりナチュラルな英文とは言えない、口語と文語がぐちゃぐちゃに混ざっていて、非常に硬質で古い文章も含まれています。つまり、覚えた表現を使う際、usageの観点で、ふさわしくない表現もある、ということです。 700選は自然な表現集でないため、あくまで文法理解、読解力強化、そして使用語彙の増強を目的として、暗唱に取り組むと良いと思います。 『700選』と『英文解釈教室』で英文単位をすっきり捉えられるようになったら、次はパラグラフリーディングや、要点をすくいとる「スキャニング」、情報を探しだす「スキミング」のスキルを磨いて行きます。 関連記事 「新・基本英文700選』 ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット 総論」 http://learningshelf.net/2015/03/18/『新・基本英文700選』を暗唱するベネフィッ/ ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット ライティングについて」 http://learningshelf.net/2015/06/24/『新・基本英文700選』のベネフィット〜ライ/ ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット リーディングについて」 http://learningshelf.net/2015/02/26/英文700選の暗唱(地味)と、リーディング力/ ⇒「新・基本英文700選』を暗唱するベネフィット スピーキングについて」 http://learningshelf.net/2015/03/06/新・基本英文700選などの構文暗唱でスピーキ/ ⇒「「英文読解教室」を読了して」 http://learningshelf.net/2014/12/28/英文読解教室を読了して/

今年の振り返り パーソナルファイナンス

パーソナルファイナンスについても、今年の振り返りをしたいとおもいます。 2014年は円安や株高の影響で、総資産が拡大した1年でした。 アベノミクス前に、資産の大半をドル建て外国株にシフトしたことが功を奏し、ドル建て配当金も増えた計算です。 2015年も、ドル配当を貯めつづけ、一定額に達したら、NISA口座を通じて米国株を買い増す、という戦略を継続する予定です。 日本株の上昇に沸き立つ株式市場ですが、外国株もまた投資妙味があります。 とくに円安傾向が続き、円だけをもっていると対ドルでの購買力が弱まっていくことが見込まれます。 ドル建て配当を安定的に得られる企業の株は、海外でドルを稼いで、家に送ってくれる孝行息子のような存在とも言えます。 財務が安定し、配当が継続的に上昇しているブルーチップ企業を数社選び、コツコツと買いまして配当を積みあげていくという草食的な投資は面白みは薄いです。しかし、時間をかければ結構うまくいくのではないでしょうか。

今年を振り返って 通信制大学について

2014年もあと1週間となりました。 通信制大学の進捗について振り返ってみたいと思います。 昨年10月に入学し、手当たり次第授業を取りました。 理想の英語塾設立のため、英語教授法を研究する目的で入学しましたが、思った以上の楽しく、参考となりました。 英文法や音声学を勉強するなかで、あらためて、英語って面白いんだなと気づきます。 今月12月に科目履修試験があり、必要単位としては一応これが最後の科目となる予定です。 目標となる資格取得のため、一応の目標は達成し、次なる目標に向けて、スタートします。 今後は英語授業の研究会や、指導法講習の出席、さらには言語学やTESOL系の大学院で更に勉強することで、自身のレベルを高めていきたいと思います。 2025年ぐらいには(随分先の話ですが)、留学を目指す方向けの英語トレーニングの場、また日本国内でも十分英語力を鍛えられる英語塾を作りたいと思っています。 その為には、まず自分が英語教授法のプロにならなければいけません。

今年を振り返って 英語学習

英語学習について、2014年を振り返りたいと思います。 ★英検1級 今年受けた英検1級はボキャブラリーの点数が足りず、残念ながら落ちてしまいました。 取得点は77点、合格点は80点でした。 そのうち語彙問題は、25点満点中、15点。あらためて、語彙力不足を痛感しました。 留学中に殆ど出会わなかった単語が、ビシバシと出題されるので、非常に面食らいましたが、 これは語彙力を高めるためのよい機会と捉え、来年は真剣にボキャビルしようと思っています。 ★通訳学校 英語力を伸ばすには、やはり強固な基礎力が重要です。 ということで、英語を基礎文法から鍛え直そうと、基礎に強い通訳学校に通い始めました。 中学と高校レベルの文法書から学び直したのですが、自分の知識の抜け漏れに気づき、大変驚きです。 ネイティブのクラスもあるので、英語学習を習慣化させる意味で効果的ですので、お金を払っています。 来年も継続予定。 ★英語読解力 The economistを読んでいて、「これって文法的にどう説明したらいいのだろう」と、迷うことが結構ありました。 分子構文や倒置、否定や比較など、曖昧な知識も多かったため、精読を通じて基礎から英文解釈をやり直したいとおもい、精読を進めています。 現在は伊藤和夫著『英文解釈教室(改訂版)』を精読しています。 難解なうえに310ページと大著なため、読み進めるのに骨がおれますが、ようやく半分読了。 これは通信制大学の英語学の授業で、先生が勧めていた一冊でした。 初版は1977年。最近改訂されたとはいえ、古さと難解さは否めません。 最近の学生さんは、この本をよんでいるのでしょうか。 もっと口当たりのよい、わかり易そうな本が出版されているので、敬遠されているかもしれません。 しかし、私には、読めばよむほど、学校英文法と、The economistや洋書などをつなぐ、「原書を読むための読解文法」を教えてくれる非常に良心的な本だな、と感じます。 なんとか年内に読了したいのですが、難しそうです。 まずは英語の文法読解、構文、発音などの基礎力を鍛えて、次に繋げていきたいです。

日本で英語発信力を鍛えるために、身につけるべき毎日の習慣について

ある程度英語力に自身があり、英語のスピーキング力を高めたいと思っている方は多いと思いますが、英語を日常的に使用しない日本語の環境下では、残念なことに放っておいてはなかなかスピーキング力は高まりません。必要なことは、とにかく英語を発信する機会を作り、そのための良質なインプットを入れ続け、インプットとアウトプットを毎日の習慣とすることです。ここでは、英語発信力を鍛えるための、毎日の習慣について考えてみます。 まず、インプットとアウトプット活動の前に、前提として、文法事項の基礎を抑えておくことはどうしても必要です。文法を無視した英語は、結局ブロークンの域を出ませんので、学習を継続していても伸び悩んでしまいます。文法基礎を固めるためには、中学と高校文法書を1冊ずつ通読し、文法事項の漏れをなくします。中学と高校文法の基礎が固まれば、スピーキングやライティングなどの発信活動を、自分で評価したり修正する力が身に付きます。 文法事項の基礎が固まったら、次の3つを歯磨きのように毎日の習慣としていきます。 1、英文の反射的暗唱・・・正確な英語構文力と、発信語彙を増やすため、継続的に英文をインプット。 市販のCD付き英文集を使用します。文法・意味を理解した後、ネイティブの音声CDに合わせて音読し、日本語の意味を見て、反射的に暗唱できることが最終目標です。英語の型である「構文」を血肉化し、長い英文を話し手も、文型が崩れず、伝わりやすい英語を話すための土台となります。 2、一人で英語スピーチ・・・英語を話す抵抗感を無くし、話す事を習慣化する練習。特定のテーマで、独りでぶつぶつと英語をつぶやく。 英文の反射的暗唱で覚えた表現を使って、その日の出来事や、英字新聞記事のサマリーを英語でつぶやきます。下手でも、とにかく英文を言い切る、つっかえずスムーズに話そうと心がけます。慣れてくれば、そのスピーチを録音し、自分の音声をディクテーションしてみます。自分の英語スピーチを聞くことは非常に抵抗感があるかもしれませんが、ディクテーションを通じ、強制的にフィードバックを得られますし、もっと良い表現を使わねばと改善の必要を感じることができます。 3、NHKニュースの副音声や、BBCラジオのリスニング・・・「こんなふうに英語を話したい」という憧れの醸成。とくにNHKニュースの副音声は、日本の事柄をどのように英語で話したら良いのか、大きなヒントが得られます。 なんら意志力を発揮しなくても、気づいたら行っているように、この3つを毎日の習慣とします。 これらに加え、週1、2回加えると望ましいものは、やはり英語を実際に使う機会です。 1、外人とのオンラインレッスン・・・「これが言いたいのに話せない」というフラストレーションや問題意識を感じて、英文暗唱や一人スピーチを継続するモチベーションを得る。 2、英語上級者用の英語ディベートクラスなどに参加する・・・上級レベルの英語学習者と英語で議論することで、もっと英語のインプットとアウトプットを磨かねば、とやる気が出てきます。 今後英語発信力の重要性はますます高まっていきますので、発信力強化のために、こういった英語のインプットとアウトプットを習慣としてみてはいかがでしょうか。