ある研究会にて

先日、ある英語授業の研究会にはじめて参加しました。 中学高校の現場で、実際に英語を教えている教員が集まっていました。 自ら授業を公開し、問題点を掘り下げたいと希望した教師が、通常の自分の授業を録画して持参し、その研究会の場で見せるのです。 今回発表された教師は、中学校1年生を指導している方で、まだ経験が浅く2年目とのことでした。 「中学校の英語はオールイングリッシュで教える」ことが、学習指導要領で明記されていますが、まさにこの方も英語で授業を行っていました。 映像を用いると、授業の臨場感が伝わり、今学校教育の現場で何が起こっているのか、非常によくわかるため大変面白いと思い試みです。 この授業研究会での公開授業を見て、率直に大きなショックを受けました。 オールイングリッシュの授業は、確かに私が中学校で受けた英語授業とは、良い意味でも悪い意味でも様変わりしています。 多忙な中で授業を行っている教師の方には、その努力に敬意を評したいと思います。 しかしそこには、教員が必死になって授業を英語で行うことに固執しすぎて、それについていけず困惑する生徒が映し出されていました。 一方で、「これでは英語学習に希望をもって入学した生徒が、かわいそうだ」と率直に思いました。 授業の構成も、たくさんのアクティビティーが導入されていましたが、それぞれのつながりに明確な意図がないため、聴衆からの「なぜここでこの活動をいれたのですか」という問いに、教師も明確な説明ができません。生徒のどの英語力を高めようとしているのか、はっきりと見えませんでした。 また英語教授法もさることながら、英語教員のスピーキング力も、改善の余地を感じました。 自分なりに、どうしたらいいのだろうかと考えました。 突き詰めてみると、こんな考えが頭をよぎります。 当たり前のことだが、結局、英語教員が備えている英語力以上に、生徒の英語力を高めることは出来ないのではないのだろうか。 自分が英語を使うことを楽しんでいないのならば、どうして生徒に英語を使うことの楽しさを感化できるのだろうか。 英語力向上は、単に小中高校生だけでなく、英語教育のスペシャリストたる英語教員にも、例外無く必要なのだと、実感した研究会でした。

英検1級レベルの単語を覚える方法(2)

英検1級レベルの語彙を覚えるのは、非常に苦労するとお感じのかたも多いのではないでしょうか。 語彙レベルが高すぎるため、日常生活で出会う機会がなく覚えられない、という方もおられます。 ここでは、英検パス単とThe Economistの併用で、語彙を増強する方法をご紹介します。 The Economistなどの高級紙を読む為には、10000から15000語レベルの語彙が必要となります。 私は留学中に大量の文章を多読されられた経験から、多少語彙がわからなくとも内容を推測するクセがつきました。 そのため、現状の語彙でもThe Economistは読めるのですが、語彙が増えればもっとすっきり読めるのに、という思いはつねに持っていました。 試しに英検1級の単語集を手に取ると、The Economistによく出てくる単語ばかりでしたので、集中的にボキャビルをすることとしました。 英検パス単1級は2400語を収録しています。 ただし、書籍で覚えるのはかなり単調でつらい作業。 おすすめは、専用アプリを使い、ゲーム感覚で単語を覚える方法です。 https://itunes.apple.com/jp/app/deru-shunpasu-dan-ying-jian1ji/id704234887?mt=8 このアプリは大変良く出来ていて、クイズ感覚で、難易度の高い単語の、音声と意味とスペルを一致させることが出来ます。 学習手順としては、次のようになります。 1)このアプリを使い、まず未知の単語をマークする。 2)マークした未知の単語だけを、クイズ機能をつかって集中的に覚えていく。短期記憶に保持される。 3)The economist(オーディオブック版がおすすめです)を1日5、6記事読む。このとき、パス単で覚えた単語との出会いを待ち望むように、ひたすら読んでいく。 4)覚えた単語とThe economistで出会うことで、単語に「文脈」がうまれ、記憶が定着しやすくなる。長期記憶へ移行。 つらい作業ですが、まずアプリをつかい、自分がしらない単語をマーキングして、繰り返し覚えることが必要です。 あとは、The Economistの多読を通じ、単語との出会いを楽しみに読書を続けるのみ。 この方法を続けると、英検1級の語彙がいかにThe economistに使われているか、ご理解いただけると思います。

通訳と英語学習

先日ドイツ系トルコ人の友人から、「秋葉原でノートPCを購入したいから、一緒についてきてほしい」とお願いされました。 家電ショップを数件まわって、新品と中古の価格を検討し、結局3万円台の新品ノートを買いました。 彼女は日本語が出来ないため、店員との会話は私のほうで通訳したのですが、これがなかなか難しいのです。 日本語⇒英語、英語⇒日本語を、適切な言葉で素早く通訳していく。負荷がかかる作業で疲れ果てました。 ただ、通訳を通じて、普段自分が使わないような英単語や文章を瞬時に英語に訳出する必要があります。自分の発信語彙が強制的に広がるような感覚もあって、英語学習にも有効かなと感じます。 私が通っていたイギリスの大学院には、通訳翻訳コースも設置されていましたが、そこで学ぶ人は、「すでに十分な英語力がみについており、通訳という特殊技能を学びに来ている人」という感じでした。 英語を学習するには、もちろん母国語を介さずに学ぶのが一番良いと思うのですが、もし通訳技法を使うのならば、その通訳技法をどのレベルの学習者に、どのように使うと、何に効果的なのかなど、通訳技法と英語力向上について、もう少し勉強してみたいとおもいます。

資格試験で英語学習のモチベーションを得ることと、英語教授法をさらに学ぶ事について

私がTOEICを初めて受験したのは、大学1年生の時です。 その時の点数は今も忘れません。何と240点。悔しさのあまり、いまだにスコアレポートをとってあります。 おもえば、ここから私の自己英語学習はスタートしました。 英語力を高めるために、何をどれくらい勉強すればいいのか、まったくわからない中、独自で試行錯誤を繰り返しました。そして社会人として外資勤務やMBA留学も経験し、英語力にも自信がついてきたので、先月久しぶりにTOEICを受験してみました。特にTOEIC対策はしていません。 昨日、結果が届きました。 Listening 495 Reading 435 =Total 930 リスニングは満点、リーディングは満点まで60点足りませんでした。 受験後の感想ですが、リスニングに関しては、普段からBBCだけでなく、NHKのビジネス英語やEnglish Journalでアメリカ英語を聞くようにしたことが、リスニング点数につながったのかもしれません。 リーディングは、残念な結果でした。満点を目指すには、文法の苦手項目を地道に潰していくなど、TOEIC用の特別な対策が必要かもしれません。 私は現在、日本の通信制大学で英文学や英語教授法を勉強しています。 最近は単位取得にようやくめどが立ちましたので、次なる目標を設定してみたいと思います。 1、英語力強化のためのモチベーションとしての資格試験を目指す 英語学習のモチベーションを得る、という目的のために、資格試験を活用してみたいとおもいます。 そこで、日本で受験できる英語試験は出来るだけ挑戦してみることにしました。 私が現在持っている英語試験は、IELTS7.0と、今回のTOEIC930点のみ。これにイギリスのMBA学位がありますが、これでは英語教師としてはちょっと力不足でしょう。 そこで、日本で取れる英語関連資格にいくつか挑戦してみようと思います。 ・英検1級 ・TOEFL iBT100 ・TOEIC 990 まず英検1級です。 英検は語彙問題で特別な対策が必要と言われていますので、研究をはじめてみたいとおもいます。 またTOEFL iBTは100点を想定して勉強をしたいと思います。 これまでIELTSばかり勉強してきたので、勝手がわかりません。 TOEICについては、特別な準備はせず、リーディング用に文法項目のおさらいと、英字新聞等の多読を継続したいと思います。 各種試験の対策や受験結果を記録し、これから勉強される方のお役に立てればと思います! 2、TESOLの大学院で、科目履修生として英語教授法の単位をこつこつ取得する 通信制大学で英語教授法に強い興味を持ち、さらに勉強を深めてみたいと思いました。 日本の大学院で勉強するのもいいのですが、イギリスの大学院を卒業したからでしょうか、やはり外国の大学院で勉強したいなと思っています。海外の大学院であれば、英語教授法学習を通じ、英語力もさらに強化できます。 とはいっても、資金的にも時間的にも、もう留学することはできないので、国内にある海外大学院での勉強を検討しています。 まずは科目履修生(Non-Matriculationといいます)として、英語教授法に関する授業をとり、コツコツと単位をとってみたいと思います。通信制大学でとった手法とおなじです。 1)英語資格試験を通じた、英語学習のモチベーション維持と、2)大学院での科目履修生としての、英語教授法の研究 の2つを、今後の目標としたいと思います。

英語力UPのための通訳訓練の使い方

漠然と「英語力を高めたい」と思っていても、ターゲットが漠然としていて、学習が思うように進まないことがあります。 まず、自分の英語力のなかで、何が足りないのか、という課題を理解すること、そして「何を強化したいのか」を明確にすることが必要です。 もし、「基礎的な英語力を鍛えるためのモチベーションが欲しい」 「自分の英語の正確性を高めたい」のなら、通訳訓練のメソッドを試してみるのが良いかもしれません。 先日、老舗の通訳訓練校で、通訳トレーニングの体験授業を受けたのですが、「コミュニケーションは取れるが、文法や表現の正確性を高めたい」という方には、通訳訓練法は役立ちます。 参加者はTOEIC900点以上で、当然実務上のコミュニケーションに問題ない英語力を持っていましたが、それでも通訳訓練の授業は負荷がかかり、四苦八苦していました。 通訳は、正確に聞く、正確に話す、時に簡潔に要約する、ということが求められますので、そのためには聞いた英語を記憶に保持するリテンション力、通じる発音、確固たる構文文法力など、基礎的なスキルがどうしても必要になってきます。 誰しもこういった基礎的な部分を軽く見て、トレーニングを疎かになりがちですのが、通訳訓練を行う事で自分の英語力に謙虚になれるので、基礎的なトレーニングを行うモチベーションが得られます。 また、これまでブロークンで英語を実践してきたと感じている方にとっても、通訳訓練法は英語力の足腰を鍛え直すのに非常に良い方法です。 必ずしも、通訳になろう、と考えていない方にも有効な英語学習法であり、単に英会話スクールに通学するよりも、自分の英語力の幹を鍛えられます。 面白い事に、イギリスの語学学校や大学院準備コースでは、よくディクテーションを行いますが、シャドーイングやリピーティングはまったくやりません。 近年は、学校英語教育の中でも、部分的に通訳訓練法を取り入れる教師が増えてきているようです。 日本での英語授業では、通訳訓練法のどの部分を使うのが効果的なのか、日本での実情に合わせてよく検討することがが必要かもしれません。