英語教員になると決めたひとが、やるべきことリスト

英語教員に伺うと、教員は日々の業務に忙殺され、なかなか自分の英語レベルアップのために時間がとれないそうです。

そこで、教師になる前に、もし半年間の自由な時間があったら、どんなことをやりたかった?と聞いた所、「こんなことやっておけばよかった」と、次から次へとでてきました。

英語教員になりたいとお考えの方の参考になるとおもい、ここにまとめておこうと思います。

題して、英語教員になると決めたひとがやるべきことリストです。

1、英語力強化
当たり前ですが、英語を教える教師が十分な英語力を有していれば、授業することが楽になります。具体的には次の項目です。

発音ー自信をもって教科書を音読できる、発音力を鍛える
資格ー英検1級、ケンブリッジ英検など、英語総合力を高めるモチベーションとする
文法ー文法を基礎から学び直す。中学から高校まで検定教科書を通読し、文法事項などをつかむ。
Usage-どの場面でどの表現を使うべきかの知識。ケンブリッジ英検は◎。
英語運用能力 地道なパターンプラクティスで、文法的に正しく話せるー書ける英語表現を広げる。トーストマスターズに参加し、英語でのスピーチに慣れる
通訳ー 通訳コースに参加して通訳訓練法を学び、授業に応用する

2、教科指導の知識
教師にとって、授業の引き出しが多ければ多いほど、様々なレベルの生徒、クラスの状況に対応できます。その為には、
・本を読んで指導のネタを増やす
・セミナーに参加したり、人の授業を見る
などが役立ちます。

3、入試分析
日々の授業は、入試に対応できる学力を養成できるよう構成されなければなりません。その為に必要なこととして、
センターや有名校の入試問題を解き、問われるポイントをつかむこと。

4、教育関連書籍の読書
興味があれば、出来るだけ教育関連の本を読み、様々な場面で適切な対応がとれるよう知識を得ておきたい。
生徒指導や学級経営などのハウツーや、教育理論を読むことなど。

5、体力強化
教師は肉体労働ととらえ、体を鍛えておくこと。

6、特技
何か一芸をもっておくと、使える場面は多い

7、実際に教える機会をもつ
ボランティアや塾でオーケー。教えるというアウトプットの機会をもつと、インプットの質がかわる

Leave a Reply