褒めも叱りもしない アイアンガーヨガ

今日は久々にアイアンガーヨガ教室に行ってきました。

仕事や勉強が忙しく、毎週参加できないため、毎回ドロップインとしてレッスン料4000円を払います。

もともと私の仕事がファイナンスなので、お金の投資効果、ROIにはうるさいのですが、このヨガに関して言えば、4000円は安いものです。

ちまたに溢れるヨガの99%は、怪しいものだと疑っても、決して損はないと私は思います。

これまでいろいろなヨガ教室をはしごしましたが、その中で感じたのは、
「好立地な場所でヨガ教室を運営しようとすれば、当然投資回収が必要となる。そうなると、ヨガにビジネス要素が持ち込まれる。
結局お客をつかむ為に、甘言を弄し、怪しげなヨガとなっていく」
というものです。

生徒の事はそっちのけ、とりあえず「ほめる」「楽しませる」「気持ちよくする」。そんなことに躍起になっているヨガ教室が、残念ではありますが世間の大半なのです。

一方で、そんな商業主義と一線を画しているのが、アイアンガーヨガです。
駅前でビラ配りするようなヨガではなく、あえて宣伝すらしません。
初心者でも怪我することなく体を強く柔軟にさせるための、確立された指導体系が世界中で評価されている、サイエンスに基づくヨガです。

私はこのヨガにイギリスで出会ってから、心を奪われています。
Bathの教室では、甘言を弄する先生はおらず、厳格な夫婦二人が、極めて誠実に体系的なヨガの指導をおこなっていました。
他の教室にいっても、同様の水準で指導が受けられます。
つまり、指導体系が確立されており、だれが指導してもクラスの品質がばらつかないのです。これはサービスとしては、驚くべきことでした。

現座私が日本で通っているアイアンガーヨガ教室の先生はこう言い放ちます。

「ここでは皆さんをほめません。アサナ(ポーズ)が正しければ正しい、まちがっていれば間違っている、と言うのみです。
先生がどう思うのかということに、皆さんがとらわれてほしくないからです。
自分の体と向き合ってほしい。正しいアサナであれば、呼吸がらくになり、体が変わることが感じられます」

わたしには、誠実な指導法とはこういうものだと感じます。
指導の体系が確立しているからこそ、安易に生徒をほめたりおだてたりする必要もないのです。

アイアンガーヨガは、日本ではまだまだマイナーな存在ですが、欧米では確固たる地位と尊敬を勝ち得ているヨガです。日本どこでも体験できるようになったら、どんなにすばらしいことでしょうか。

私も忙しいながら、地道に練習をつづけようと思います。

Leave a Reply