Paraphrasing パラフレージングは、アカデミックライティングの基本

イギリスの大学院準備コース、つまりAcademic Englishコースの授業で叩き込まれるのが、Paraphrasingです。 大学院は学問をするところであり、学問をするにはルールを守らねばならない。第一が、Plagiarism(窃ぴょう)を絶対にしないことです。 つまり、出典を明示せず「コピペ」することは、他人の業績を盗むことであり、やってはなりませぬと、大学院準備コースで、繰り返し繰り返し刷り込まれます。 2014年にSTAP細胞を発見したと話題になった研究者の一件は、日本に衝撃をあたえました。 とくに彼女の早稲田大学での博士論文の一部が、20ページにわたってあるサイトのコピペであったことが大きく報道されましたが、これはイギリスの大学院では、完全にアウトです。アカデミックなルールを破ったとして、退学処分となります。 つまり、今回の一件を欧米の人が聞いたら、「それはアカデミックのルール違反。学部生レベルでもありえない」という反応なのです。 日本を含むアジアの大学は、一般的にこういったPlagiarismの意識が低いといわれていますが、今回それを補完する事実が出てしまったといえます。 さて、Plagiarismを避けるためにはどうしたらよいか。その方法が、Paraphrasingです。 目的は、エッセーなどの文章を引用する際、Plagiarism(窃ぴょう)を避けるために文章の構成を変える手法です。 方法としては、主に3つあります。 1、synonimous 同意語を入れ替える 2、word classes 単語の格変化を利用する anxiety を anxious 3、word order 語順を変化させる 語彙が足りないノンネイティブには、Paraphrasingは難しいライティングスキルです。 出来るだけ自分の語彙を増やし、文法知識も鍛える事で、パラフレージングがうまく出来るようになります。

量が質に転嫁する -大量の英文を書くことで、英語ライティング力を鍛える方法

どうやってライティング力を強化したらいいか、私も大学院進学前に多いに悩みました。 MBAに限らず、英国の大学院では大量のアサインメント(レポート)が英語で課されます。とにかくライティング力が問われるため、書く力を高めなければならなかったためです。 私の取ったアプローチは、「大量に書くことで、英語ライティング力を高める方法」でした。 きっかけは、University of BathのMBAに進学前、私はSheffieldにある民間の大学院準備コースに通ったときのことです。 そこではアカデミックライティングの基本を徹底的に叩き込まれました。正確に、そして論理的に英語を書く方法をトレーニングしました。 一方で、そこの教師は、次のようなことを推奨していました。 「正確に書くことも大切だが、まずは間違っていてもOKなので、大量に書くことを習慣化しなさい」 たとえば、あるライティング課題が出され、その場で書きなさい、と指示されたとき、まずは自分の考えを表現できることを優先しろというのです。 多少文法的まちがいや、使用語彙がすくなくことには目をつぶり、とにかく大量に英語を書ける状態を目指しなさいということです。 これはあながち見当違いなアドバイスではない、と留学中に気づきました。 不完全でも、自分の考えをその場で表現するという、ある種の英語の瞬発力の必要性は、英語圏に生活するとひしひしと感じます。 ましてや大学院進学となると、完璧な英語を話したり書いたりすることよりも、不完全でもコミュニケーションに十分な量の英語を、スピード感をもってアウトプットする必要がどうしてもあるのです。 そこで、私はWritingの自己学習では、一定時間である程度の量を書けるように訓練することに注力してきました。 もちろん文法的に誤りが多かったり、同じ語彙を繰り返しつかってしまったりと、稚拙な文章ではあります。 しかし、たとえば英語資格試験が求める英語ライティング力、たとえばIELTSが要求する250wordsぐらいを、日記という形式で毎日さっと書く習慣をつけました。まいかい、自分の中にある単語や文法をひねり出し、とにかく言いたいことを素早く書き出します。 日々新聞を読んだりしてボキャブラリーを増やし、また文法問題を解いたりして、語彙と文法力を高めるインプットの仕組みを築いておけば、やがてその知識が自分のWriting内容に反映し、昔自分が書いた文章の間違いに気づけるようになるはずです。 へたくそな文章ではあっても、継続して書き続けること。 そして文法と語彙をすこしずつでも磨き続けること。 すぐに上達しよう、高いスコアを得ようとあまり欲張らず、長期的視点でwritingと向き合うこと。 こんな心がけで、留学中ライティング学習をつづけていました。 大量の英文を書き続け、インプットも継続すれば、やがて稚拙だった英文の質は上がっていきます。質は量に転嫁すると信じられるかたは、ぜひお試しになってはいかがでしょうか。

トルコ系ドイツ人のハングリーさ

Sheffieldで出会ったトルコ系ドイツ人の友人が、今月から香川大学に交換留学していて、「ぜひ会おう」という話になり、今日は妻と3人で会いました。 トルコ語とドイツ語のネイティブ、英語はビジネスレベルの彼女は、まだ日本語が十分でないため、我々の中での今回の公用語は英語となりました。 東京が初めてという彼女に、都庁の展望台や日本最大のモスクジャミーを案内し、久しぶりに英語で説明する1日です。 思えば、Sheffieldで彼女と最後に会ってから、もう3年が経過していました。 3年という月日は人間を変えます。 私はその間大学院に留学し、日本に帰国後転職してキャリアチェンジしました。 合わせて妻も転職し、以前とは比べ物もないくらい楽しそうに働いています。 ドイツ人の彼女もキャリアを変えました。 仕事をやめてイギリスに留学して英語を鍛えた跡、社会人枠でドイツの大学に進学。現在はビジネスと日本語を専攻しています。そして以前から持っていた、「日本に留学したい」という夢をかなえ、こうして日本で会うことができました。 ドイツでは学費は極めて安いそうですが、生活費や日本への留学費用は奨学金や学生ローンで工面したそうです。 トルコ語、ドイツ語、英語を自在に操る彼女が、身銭を切って単身異国の地に留学し、日本語までも習得しようとしている。 彼女の勉強熱心さは、そのハングリーさにあると、改めて気づかされました。 祖国トルコを離れ、ドイツで生活していても、イスラム文化を大切にしている彼らトルコ系移民は、ドイツで自分たちの居場所を築くために、ドイツ人以上に必死に勉強して生きようとしています。 漫然と過ごす3年と、志を立てて過ごす3年。 時間は同じですが、密度は異なります。 彼女に多いに刺激を受けつつ、今の私は、これからの3年間高い志をたてているだろうかと、自問自答させられた1日でした。