自分でできる、発音トレーニング

発音を向上させるためには、次のステップが有効です。 1、発音記号を学び直す 基礎的なテキストを1冊購入し、1ヶ月ぐらいで全体を把握します。 2、NHK語学テキスト 基礎3のダイアログに発音記号を記入する。 毎日のレッスン前に、ダイアログ上の単語の発音記号を調べ、記入します。 基礎的な単語を曖昧に発音していると、ネイティブにとって非常に聞き取りづらいためです。 基礎3は基礎単語や文法事項がバランスよく配置され、発音やイントネーションをトレーニングするのに、絶好の教材です。 このレベルでアウトプットできるようになれば、英語に自信がもてます。 3、2のテキストで毎日リスニングや音読を繰り返す。 リスニング時に発音記号の違いを意識し、実際に自分でも音読します。 ロンドンで通った発音教室は、15万円しました。 ここまで払わなくとも、ラジオ基礎英語をペースメーカーにして、発音やイントネーションを鍛えることは十分可能です。

英語学習を継続させるために

日本にいて英語学習を継続するのは至難の技です。 必要性を感じなければ、人は易きに流れるのは世の常。 だらけてしまい自己嫌悪、という方も多いのではないでしょうか。 学習継続には、戦略が必要です。具体的には 長期目標を立てること 必要性を意図的に作り出すことと、 習慣化のしくみを利用することです。 1,長期目標の設定 人は誰しも、身近な緊急性のある物事を優先してしまう習性があるそうです。 つまり日々の忙しさに流され、気がついたら自分にとって重要なことは何も成し遂げらないことが、よく起こる。 それを回避するために、目標設定が必要です。志と言ってもいい。 それによって自分の持つ時間やお金を投じる対象に対し、優先順位をつけることができます。 私は仕事に忙殺されながらも、いつかMBA留学して自分の英語塾を設立し、英語に苦しむ日本人の力になりたいと、常日頃思っていました。 こういうぼやっとした想いですら、自分の長期目標となり、自分の行動指針のための航海図の役割を果たします。 2, 必要性をつくりだす 必要は成功の母。 必要性を作りだすというのは、つまり自分を追い込むことです。 何かをなすため、周囲に宣言したり、そのスキルが必要な環境に思い切って身を投じるのも、いい方法です。 3 習慣化の仕組みを作る 意志力は、習慣にはかなわない。 毎回発奮して何かに取り組むには気力体力が必要で、挫折のリスクが高まります。 そうではなく、歯磨きや風呂に入るようなしゅうかんを、英語学習にも作ってしまう。 ラジオ英語番組を継続して聞くことや、通勤通学時に英字新聞を必ずてに取るのでもいいでしょう 大切なのは、メンタルの浮き沈みに影響されず継続すること。 仕事で失敗したとき、落ち込むことはあっても、それはそれとして、学習習慣は影響を受けないようにまで習慣化させたいところです。

NHK基礎英語3で発音とスピーキング力を鍛える方法

英語レベルはある程度で、コミュニケーションにもさほど困らないが、発音に自信がない。そんな方はおおいのではないでしょうか。 私もその一人で、英国でMBA留学中、英語力UPのために取ったCambridge exam のCAEコースでは、担当の教師に「お前はスピーキングを鍛えた方がいい、特に発音だ」と繰り返しいわれたものでした。 その後、ロンドンで発音の個人授業を取って、発音記号を正しく発音する方法を徹底的に練習しました。どうやって発音をトレーニングするかを学び、日本でも発音練習を継続しています。 一番いい方法は、自分の英語力よりも2段階ぐらい易しい教材を使い、単語の発音記号を一つ一つ確認しながら、音読やシャドーイング練習を繰り返すことです。あまり欲を出して難しめの教材に取り組むのではなく、たとえば電車内でテキストを開くと、ちょっと恥ずかしいと感じるぐらいのレベルに戻って、教材選択することぐらいがいいのです。自分の実力に謙虚になることは、基礎力習熟のための第一歩。 おすすめしたいのは、基礎英語3です。 1分弱の短いダイアログには、日常会話に使われる単語が繰り返し使われています。 その単語のなかで、「発音記号がわからない単語」を調べ、テキストに書き込みます。 そして音声を繰り返し聞き、音読を繰り返します。 発音練習が最大の目的ですので、できるだけはっきりと、そしてゆっくり音読することをこころがけます。 進捗管理がしやすいのも、NHKテキストのベネフィット。 1日1レッスン、発音記号を調べるのに5分、レッスンを聞くのに15分程度と、時間にして20分で発音練習、スピーキング練習、文法再確認ができます。 基礎英語3は、低価格にも関わらず、発音と基本文法、基礎表現の習熟に使うと高い効果が見込めるお得な教材です。