日本にいながらにして、英語「で」学ぶ環境に身を置く方法

英語「を」まなぶのか、英語「で」まなぶのか、この二つには大きな違いがあります。 ビジネスや留学で使える英語力をみにつけたいのならば、出来るだけ早く英語「で」学ぶ世界に身をおくことが大切です。 これは私のMBA進学の経験からかんじたことです。 留学前、こまかい文法事項や、単語力の量など、とにかく重箱の隅をつつくように英語「を」勉強してきたのですが、いざmbaに身を置いた途端、厳しいタイムラインで大量の課題が与えられるため、英語「を」勉強することを諦めざるを得ませんでした。 つまり、生き残るために、英語をつかったのです。 すると、英語「を」勉強しているつもりはなかったにもかかわらず、自分の英語力はのびたのです。いいかえれば、実践力が付いたのです。 ですから、日本人が英語を伸ばそうとする時は、出来るだけ早く「英語で」学ぶ場に自分をおくことが大切ですし、そちらのほうが実際のビジネスや留学などて使える英語力がみにつくのです。 では、どうしたらそういった英語「で」学ぶ場がえられるのでしょうか。 いくつかオプションがあります。 そのなかでもオススメなのが、海外大学院のdistance learingn programmを受講することです。 体系的なカリキュラムで、英語で読んだり書いたりする経験を大量につむことができます。文字通り、英語でもがき続ける環境を、日本にいながらにしててにいれることができるのです。 留学することは、リスクもコストもかかります。こういったリスクとコストを抑え、実用英語力を身につけつつ世界に認められる学位も取得する。非常に理に叶った選択肢だとはおもいませんか? 私の英語塾では、海外大学院のdistance learning programm受講をサポートするサービスをおこなっております。もしご自身で挑戦することが難しいとお感じの方は、ご連絡いただければと思います。