中学英語の教科書を使って、使える英語力を身につける方法

TOEICの点数を伸ばしたい方には、私は逆説的ですが、「点数は狙わないでください」と申し上げています。 TOEICはコミュニケーション能力を測る試験なので、「どれだけ英語を使えるか」が試されるのです。そのためには、「どれだけ英語を使ったか」という、プロセスが重要なのです。 では、日本でどうやって英語を使ったらよいのでしょうか?ネイティブのいる英会話教室に通う必要があるのでしょうか。 いいえ、ありません。外人になれるため、という意味では効果はありますが、40~50分レッスンを週1回や2回とったところで、英語力は伸びません。 そこでおすすめしたいのが、3ステップの中学英語教科書を使った学習法です。基礎的な語彙・文法・発音を、中学教科書を使って徹底的に鍛え、発信力の土台を作るのです。 1、基礎的な発音教科書で、発音体系を学ぶ 2、中学英語教科書3年分を、できるだけ正しい発音で繰り返し繰り返し音読と筆写する (日本語訳は内容理解のためとしてだけ使う) 3、結果として、何も見ずに中学英語教科書を暗唱できるようになる これで、英語の土台は完成です。一生あなたを助けてくれる、後戻りしない真の英語力の基礎になるのです。 次に、この土台を使って、英語で考えるトレーニングをします。英国で発売されている、Q&Aがぎっしりとつまった教材を使用します。教師や友人に英語で質問してもらい、トップスピードで英語で答えるのです。これにより、タイムプレーシャーのなかで、英語で考えて話す癖を強制的に作り出します。リスニングとスピーキング力の実践力が鍛えられます。 そして、最後に自分がやりたい英語学習に取り組みます。留学したいのなら、TOEFLやIELTS。ビジネスならTOEIC S/W。一般英語ならCambridge英検やふつうの英検もいいでしょう。 つまり、この学習法の肝は、いきなり英語試験に取り組まないで、まず中学英語の暗唱という基礎工事をおこなうことなのです。そして、クイックQ&Aで、英語のままで考えて話す訓練を積みます。まず「発信」を基礎に、英語学習をすることで、スムーズに使える英語力が身に付くのです。

Financial Timesで使えるビジネス英語力を鍛えましょう No.1

Financial Timesで使えるビジネス英語力を鍛えましょう!No.1 こんにちは!Financial Timesは、私が通ったUKのMBAで、常日頃読むべき情報源としてあげられていました。世界のビジネスの現在を正しく読み、将来を予測するためには、非常に有効なツールです。 でも、Financial Timesを読んでみたいけど、ちょっと敷居が高いなあ・・・そんな方のために、Financial Timesの記事から使えるセンテンスやボキャブラリーを少しずつ紹介したいと思います。 今日は安倍総理の訪米記事です。 “Abe lays out vision of Japan power in Asia” Japan’s new prime minister on Friday offered the world a vision of his country as a reinvigorated Asian power, pledging to restore its influence in a region where it is increasingly eclipsed by China. ”安倍氏がアジアでの日本の大国としてのビジョンを展開” 安倍氏は世界に彼の国のビジョンを提示した。それは復活したアジアのパワーたること。そして次のようなことを誓っている、中国によって徐々に浸食されている地域での影響力を保持すると。 invigorate: to …

Continue reading ‘Financial Timesで使えるビジネス英語力を鍛えましょう No.1’ »

Harvard business reviewを読んで英語力を鍛えましょう

Harvard business reviewを読んで英語力を鍛えましょう!1私は通勤時にHarvard business reviewやThe economist を読んでいます。良質なコンテンツであり、ビジネスのヒントになるだけでなく、英語力もきたえられます。とは言っても、私にはちょっと敷居がたかいな、とお感じの方も多いのではとおもいます。そこで、私が記事の中で出会った、使えるセンテンスやボキャブラリーを、少しずつ紹介したいと思います。日本語訳はこなれたものでなく、大意をつかんでいただければ良いという思いから直訳としています。まずはこちらです。Busy families had less patience for personal solicitations. (HBR)「多忙な家族は個人的な勧誘に対して忍耐を失った。」Solicitation 勧誘Solicit – to ask someone for something such as money, information百科事典のブリタニカが、社会構造の激変でビジネスモデルをいかに変えて行ったかが分析されていた記事の一節です。ちなみにSolicitは、賄賂を要求する、という意味にもつかわれます。“It is illegal for public officials to solicit gifts or money in exchange for favours.” 実際に使える英語力を身につけ、同時にビジネス知識を深められる。 そんな情報を今後も発信したいとおもいます。