苦難の末、IELTS 7.0を取る

TOEIC240点からスタートした私の英語学習ですが、英国での試行錯誤の末、ようやくIELTS7.0を取る事ができました。

IELTS7.0の結果が届いた後、今日早速お世話になった学校の先生にお礼しに行きました。

ELTCのマイク先生は、

「これでイギリス中の好きな大学院にすすめるね。おめでとう。」

といって祝福してくれました。

Management EnglishからAEPCクラスに移動したとき、あまりのレベルの高さについていけずナーバスになっていた私を心配してくれていただけに、7.0を報告できてよかった。彼は控えめで温厚な、英国人らしい教師でした。

このELTCのAEPCのクラスメイトに、中国の大学で英語を教えている教師や教授が3人いるのですが、彼女らも

「まさか7とったの~?」 と驚いていました。

一緒に英語を勉強した喜んでくれていたようでうれしい。

最後にお世話になったA+Englishという語学学校に行きました。大学院準備コースのある学校と平行して、あまりにも低かった私の英語力を鍛えるために平行して通っていた学校です。昨年はIELTSのクラスも取って勉強した、昨年秋からのお付き合いです。

今月からも水曜と金曜に2時間ずつ1 to 1 lessonも継続しています。

You deserve the result!

というアントニー先生の言葉がうれしく、これまで親身に英語学習の相談に乗ってくれたことを感謝です。

IELTSの戦いは、ここSheffieldで幕を閉じました。
英語に苦しんでいる人のために、私の経験を体系化したい。
同じような遠回りをしてほしくない。
そんな思いを強くしました。

今後は新たな目標を設定し、さらに英語力を磨きたいと思います。

・IELTSを離れ、よりリアルな英語に触れる

・これまで重点を置いていたスピーキングから、比重をライティングにうつし、文法と表現力を磨く

・The EconomistやFinancial Times最上級レベルの本を多読し、使える表現を増やす

などです。

今のELTCのクラスメイトは、中国の大学の英語教員やリビアの歯科医、中国のアナウンサー、フィリピンの理学療法士など、多様なバックグラウンドと高い英語力を持っていて、刺激的な環境です。

彼らにおいて行かれないよう、日々キャッチアップしたいと思います。

Leave a Reply