教師の人生をデザインする

先日、あるお誘いがあった。

「うちの学校で近々英語科の採用枠が1つ空く。公募に応募しませんか?」

私のような教員経験の浅いものには、望外の有名校。お声がかかることは大変名誉であった。迷ったが、お断りした。

大学院で学びたい、というのが第一の理由。修士→PhDを目指したいので、物理的に応募できない。

また仕事と家庭のバランスを取りたい、いまは家庭に重きを置きたい、というのが第二の理由でもある。転職すれば、力を見せつけて自らの居場所を確保しなければならない。これにはかなりのパワーがいる。時間もかかる。育児で忙しい今、それにチャレンジする時ではないと判断した。

人生を自分でデザインする能力はこれまで以上に求められていくだろう。お声がかかるようなスキル、人脈、「広報宣伝活動」も必要だ。

教師という職業のキャリア開発では、組織内で働き続ける以外に、論文や授業研究、媒体への投稿や授業、学校間での転籍か、大学院で学ぶか、といった選択肢が一般的だ。

私はなにをしたいのだろう。どうなりたいのだろう。もともと民間からやってきたMBA崩れの英語教師である。エリートの方々とは違う、雑草である。雑草なりに、教師という専門性を深めつつ、それを越えて活動してみたい。

論文執筆、英語力増強、書籍のプロトタイプ作成、全国通訳案内士の活動、キャンプ生活、テニス、多読プログラムの開発と地域貢献、海外でのPhD取得、森林インストラクター、経営学の論文執筆、大学で教える、英語と経営と観光のを掛け合わせたコンテンツ・・・やってみたいことが山積みである。

お声がけいただける力を磨くべく、精進を重ねたい。

コメントを残す