研究計画書

大学院の研究計画書を作成している。現場での課題を計画に落とし込むのであるが、仕事と子育てで時間がない。先行研究を読み込むことができない。時間との闘いである。

ゼミの先輩に計画書の第一稿を送ると、びっしりと赤字でコメントをもらえた。自分のレベルの低さをさらけ出したようで恥ずかしい。だが昨年度は実践研究の論文執筆で、たった一人で論文を書いたので、適宜アドバイスをもらえるのはありがたい。大学院で学ぶことのメリットを感じた。

大学院受験の成否はわからない。だめであれば、論文を読み、自分で研究を継続するしかない。まずはいまできることに注力したい。

目の前の生徒の課題を、理論に基づき分析し、検証して解決する。実践と理論の両輪を大切にしたいと思う。

コメントを残す