論文執筆も佳境に

多読実践の実践研究論文を執筆している。進捗率70%まできた。

実践研究に協力してくれた生徒への感謝を込め、授業の最後に、研究の途中経過を説明した。

ある生徒が、「なんでこの活動やるのか、意味わかんない」とアンケートに書いていた。そこで、ワークシート開発の理論的背景を説明する。論文の「先行研究」部分を読み上げることにした。

次に、収集したデータの分析結果を説明する。リサーチクエスチョン5個中、4つの執筆が終わっていたので、その論文部分を読み上げる。

生徒の内面に起こった変化が、統計的に有意と出たことを説明する。生徒は、へーと反応する。

伝わりづらい箇所は、書き直しが必要なところ。生徒の反応を見ながら、論文に磨きをかけていく。

生徒は、私がどんな研究をやっていたのか、ここでようやく理解できたようだった。

あとは、1項目の分析を行う。そして考察部分を執筆する。なんとかゴールが見えてきた。

この研究で開発したリーディング用教材を、勤務校の外国人が「来年度使わせてくれ、スピーキング活動に使える」と頼んできた。もちろんいいよと快諾する。ネイティブ教師も「使える!」と判断してくれたのは、大変うれしい。

ある生徒は、「先生、今日の多読授業で、例のワークシートやらないんですか」と聞いてくる。今日は用意していない、と応えると、「あたしあれ好きなんで、やりたいです」という。慌ててワークシートを取りに帰り、みんなで取り組んだ。

先日、生徒の活動もビデオに撮ったので、第三者に説明しやすくなった。まずは論文提出を目標に、執筆を継続する。今後、所属団体での発表も試みたい。

コメントを残す