続きも読みたいな

ある同僚から「進路活動で行き詰まっている子がいる。面接が近いが、考えがまとまっていないようだ。面倒見てやって欲しい。」

聞けば、面接試験まで数日しかない。とりあえず承諾したが、私にできることなどたかが知れている。

これまで担当した生徒をなんとかして合格させたいのは、教員の親心だ。いっぽうで、どこかにエゴや保身はないか。周囲の目を意識したら、難関大学に「押し込む」ことのできる教員の方が評価されるだろう。

紆余曲折して教師になった私は、結果よりもプロセスが大事だと思っている。合格は結果に過ぎず、それは相手が決めることだ。それよりも自分で管理できること、つまり日々の積み重ねに注力すべきと考える。

一瞬一瞬、自分のベストを尽くす。この積み重ねがあれば、苦しい場面でも自分を信じらるだろう。失敗しても、不合格でも構わない、自分はプロセスに誠実に取り組んだんだから、と納得できる。

目先の合格不合格にとらわれず、挑戦を楽しんで欲しい。目先に損得勘定でなく、20年30年先を見据えたチャレンジのできる、志や気力を持って欲しい。ダメならまた挑戦すればいいだけだ。

目先の試験で右往左往している彼に、気づいてもらうにはどうしたら良いか。

私の留学体験をさっと文章にまとめ、クラスの空き時間で読み上げることにした。彼に伝える意図を持ちつつ、全体に対し決断する大切さ、損得勘定を超えて挑戦する意味を込めた文章だ。要は私の挑戦、失敗談みたいなものだ。

小説仕立てにして読み上げる。歓声や笑い声がでる。読み終えた後、別の生徒からこんな反応が出た。この人もまだ進路決まっておらず悩んでいると言う。

「続き読みたいな」

夏目漱石は言った。「自分の弱点をさらけださずして、人に利益を与えることはできない。」

この言葉の意味を噛み締めた。